仮想通貨をタダでもらう

ビットポイント(BITPOINT)の評判は?手数料やスプレッド、メリットを紹介!

ビットポイント(BITPOINT)は、ADAが取引可能な取引所です。手数料は無料ですが、スプレッドがかなり大きいです。ビットポイント(BITPOINT)のメリットは、ADAが取引可能、取引手数料が無料、貸して増やすサービス、デメリットはスプレッドが大きく、板取引ができないことです。
NFTを販売する

OpenSeaの8月アップデートまとめ、近日中にアプリをリリース予定

仮想通貨をタダでもらう

ADA(エイダコイン)とは?ADAが買える取引所と将来性、予想価格を解説!

ADA(エイダコイン)は、プルーフオブステークを利用した仮想通貨(暗号資産)です。ADA(エイダコイン)が購入できるのは、BITPOINT(ビットポイント)のみです。本記事では、ADA(エイダコイン)の仕組みや将来性、取引所について解説します。
NFTを販売する

GMOのNFT「Adam(アダム) byGMO」がサービス開始!メリット・デメリット、登録方法を解説!

2021年8月31日に、GMOのNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO(β版)」がリリースされました。「Adam byGMO」では、ETHだけでなく、法定通貨の日本円でNFTが購入できる日本初のNFTマーケットプレイスです。本記事では、「Adam byGMO」のメリット・デメリットと登録方法を解説しています。
NFTを販売する

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
仮想通貨をタダでもらう

Coinbase(コインベース)の評判は?コインベースの取引手数料や取り扱い通貨、新規口座開設方法を解説!

Coinbase(コインベース)の取引手数料は1.99%です。Coinbase(コインベース)では、BTC、ETH、BCH、LTC、XLMの5銘柄です。Coinbase株式会社は、世界最大級の暗号資産取引所「Coinbase」を運営するCoinbase Globalの日本法人です。本記事では、Coinbase(コインベース)の評判、取引手数料、取り扱い通貨、新規口座開設方法を開設しています。
NFTを販売する

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!

OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。
NFTを販売する

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時のガス代の確認と安くする方法

2022年7月時点で、OpenSeaのガス(GAS)代は、500~1,500円です。OpenSeaでは、NFT出品時にガス(GAS)代が発生します。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代の価格と、リアルタイムの確認方法、ガス(GAS)代を安くする裏技を紹介します。
NFTを販売する

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
仮想通貨をタダでもらう

【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設・入金方法を解説!

初心者が最初に開設すべきは、「コインチェック(Coincheck)」です。コインチェック(Coincheck)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なCoincheck(コインチェック)の口座開設・入金方法を解説します。
NFTを販売する

OpenSeaでのNFTの購入方法を解説!GAS(ガス)代や手数料はいくらかかる?

NFTを購入するなら、OpenSeaがおススメです。NFTの購入には、MetaMaskと、コインチェック(Coincheck)などの取引所の口座と、イーサリアム等の仮想通貨が必要です。本記事ではOpenSeaでのNFTの購入方法を徹底解説します。
仮想通貨をタダでもらう

Coinbase Card(コインベースカード)とは?決済額の4%を仮想通貨で還元、ApplePay/GooglePayに対応開始

CoinbaseCard(以下、コインベースカード)は、アメリカの大手仮想通貨取引所を運営するCoinbase社が発行するカードです。2019年よりサービスがリリースされ、すでにアメリカやヨーロッパでも利用が開始されています。コインベースカードで決済をすると、口座内の仮想通貨が自動的にアメリカドルに交換されるため、仮想通貨のまま、ApplePayやGooglePayを使うことが可能です。コインベースカードの特徴は、仮想通貨のまま決済ができる点と、カード利用で最大4%還元される点です。
NFTを販売する

BINANCE(バイナンス)のNFTマーケット、BINANCE NFTとは?6月から稼働開始予定

中国の大手仮想通貨取引所のBINANCE(以下、バイナンス)は、2021年6月にNFTマーケットプレイスである「BINANCE NFT」をリリースすることを発表しました。BINANCE NFTのメリットは、①大手仮想通貨取引所BINANCEによる集客力②「Premium Event」という著名クリエイター専用マーケット③1~10%という販売手数料の低さです。
NFTを販売する

書道家武田双雲氏が「Crypto早雲」で初のNFT販売、購入方法とオークション期間は?

日本の書道家として有名な武田早雲氏が、自身初のNFTを販売することが発表されました。最先端デジタル技術と、武田氏とのコラボレーションで、「書」の表現・可能性を既成概念にとらわれずに切り開いていく試みである「Crypto早雲」プロジェクトの第1弾として、世界に1つしかない武田氏の作品を2種類、NFT化し、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売するようです。
NFTを販売する

シンワワイズがNFT事業に参入、シンワアートNFTの特徴と仕組みとは

「Shinwa Wise Holdingsグループで販売するアート作品をNFT(代替不可能トークン)化する」ことをキーフレーズに、30年近くアート作品の取引事業を運営してきたシンワワイズが、NFTアート市場に参入することとなりました。今回はNFT市場への参入を発表したシンワワイズの参入背景と、シンワワイズのNFTアートサービスの仕組みについて、現時点で公表されている情報をまとめてみました。
仮想通貨をタダでもらう

BINANCE(バイナンス)でおススメのNFT銘柄はどれ?NFT銘柄4選をご紹介!

BINANCEでおススメのNFT関連銘柄は、以下の4つの仮想通貨です。 ・ETH(イーサリアム/ETH) ・Binance Coin(バイナンスコイン/BNB) ・Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ) ・Chiliz(チリーズ/CHZ)
NFTを販売する

NFTとは?NFTの特徴から市場規模、マーケットプレイス、NFT関連の仮想通貨まで一挙解説!

NFTの正式名称は、非代替性(Non-Fungible Token)トークンです。NFTの特徴は、非代替性、誰でも作成可能、販売・取引可能の3点です。NFTの市場規模は330億円で、年35%ずつ成長しています。本記事では、NFTの特徴と市場規模、NFTで注目すべき関連銘柄などを解説していきます。
仮想通貨をタダでもらう

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は?買い方や取扱い取引所を解説!

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高いです。仮想通貨ICPはWeb3.0銘柄として注目されています。本記事では、仮想通貨ICPP(インターネットコンピューター)の将来性や将来価格、取扱い取引所、買い方を解説します。仮想通貨ICPを買うするならBinance(バイナンス)がおススメです。
NFTを販売する

【最新】NFTアートの落札ランキング、最高額は驚愕の75億円

2022年1月現在、NFTアートの最高落札額は、Beeple氏のEverydays—The First 5000 Daysの75億円です。本記事では、2021年で最も高額に落札されたNFTアートのランキングをまとめました。
NFTを販売する

OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでの出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。OpenSeaの登録方法と売れるものも解説します。
タイトルとURLをコピーしました