OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!

OpenSea_GAS代_節約方法

世界最大級のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)。

日本からNFTを販売する人が多く利用するサービスですが、

「OpenSeaのガス(GAS)代が高すぎる!」といった声がよく聞こえます。

結論から言えば、実はOpenSeaのガス(GAS)代を節約する方法があります!

本記事では、

  • 「そもそもガス(GAS)代って?」
  • 「OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?いつが安いの?」
  • 「OpenSeaでガス(GAS)代を安くする方法ってあるの?」

といった疑問をお持ちの方向けに書きました。

これからOpenSeaでNFTを出品する人は、ぜひご覧ください!

Openseaとは

OpenSea_gas fee

OpenSeaは、海外NFTマーケットプレイスの1つです。日本語での読み方は「オープンシー」となっています。

OpenSeaは、2019年後半から注目されたNFTを売買できるNFTマーケットプレイスの1つとして、日本から注目を集めています。

2021年7月時点で、

  • MAU(月間アクティブユーザー数)は約5万人を突破
  • 月間取引数は2億4,900万ドル(約250億円)
  • 月間取引回数は約620,000回
  • 取引量ベースでのNFTマーケットランキングは1位

といった、驚異的な数字を叩き出しています。

数字で見るOpenSea
サービス開始時期2017年~
MAU(月間アクティブユーザー数)約50,000人
月間取引額2億4,900万ドル(約250億円)
月間取引回数約620,000回
NFTマーケットランキング(取引量ベース)1位

NFTのマーケットランキングでも1位を獲得しており、海外でNFT販売をする日本にいるユーザーの多くがOpenSeaを利用しているとされています。

※表の数値は全て2021年7月時点

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!
OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
GMOのNFT「Adam(アダム) byGMO」がサービス開始!メリット・デメリット、登録方法を解説!
2021年8月31日に、GMOのNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO(β版)」がリリースされました。「Adam byGMO」では、ETHだけでなく、法定通貨の日本円でNFTが購入できる日本初のNFTマーケットプレイスです。本記事では、「Adam byGMO」のメリット・デメリットと登録方法を解説しています。

ガス(GAS)代とは

イーサリアム_NFT関連銘柄

ガス(GAS)代とは、イーサリアムのネットワークである、イーサリアムチェーン利用時に発生する手数料です。

ガス(GAS)代はイーサリアムチェーンに元々組み込まれている機能で、全世界で運営されているイーサリアムチェーンを利用するための手数料的な位置づけになっています。

OpenSeaは、基本的にイーサリアムチェーンを利用しているため、OpenSea利用時にGAS代が発生します。

ガス(GAS)代は、イーサリアムチェーンの需要によって価格が変動し、Gweiと呼ばれるGAS代の単位で管理されています。

ガス(GAS)代の価格の仕組み

OpenSea_ガス(GAS)代_いくら4

ガス(GAS)代の価格は、取引量によって変動します。

ガス(GAS)代は、「Gwei(GASの単位)×ガスリミット(GASの上限)」で算出されます。

つまり、イーサリアムのネットワーク上の取引量が増えれば増えるほど、Gweiが大きくなり、GAS代が上昇します。

一方、取引量が減ると、Gweiが小さくなり、ガス(GAS)代は下がります。

つまり、ガス(GAS)代はイーサリアムチェーンの利用料によって変動するわけですが、NFTブームによる急激な取引量の増加によって、ガス(GAS)代の高騰という問題が発生しました。

Gweiとは

OpenSea_ガス(GAS)代_いくら3

Gweiとは、GAS代の単位であり、GAS代(GAS Price)の単位ごとに払うイーサリアムの額を指します。

イーサリアム財団によると、「Gweiはガス代の単位であり、1Gwei=0.000000001イーサリアム」とあります。

実はGAS代は、要求する処理スピードによって、Gweiが変化します。

GAS代の処理スピードと、それに連動するGweiと取引完了までの時間は、以下の通りです。

Gwei(GAS代の単位)ドル換算取引完了時間
Slow(遅め)191.00ドル~10分
Standard(普通)201.13ドル~3分
Fast(早め)221.38ドル~1分
Rapid(高速)261.64ドル~15秒

※2021年7月時点のデータを参照

表のとおり、「Rapid(高速)」の取引が、優先的に処理されます。

Slow(遅め)はGweiが抑えられる代わりに、取引完了時間が長くなります。

一方、最も早いRapid(高速)は、Gweiが高い一方、15秒以内で取引が完了します。

イーサリアムチェーン上に取引(トランザクション)がどんどんたまっていきますが、Rapid(高速)→Fast(早め)→Standard(標準)→Slow(遅め)の順番で、順番に処理されていきます。

ガス(GAS)代の相場・チャート

OpenSea_ガス(GAS)代_相場

リアルタイムに変化するガス(GAS)代は、GAS NOW」で確認可能です。

GAS NOWのチャートを見ると、NFTが注目を集めた2021年1月頃から、GAS代が高騰するようになり、3月と5月にもGAS代が高騰しています。

7月頃にはいったん下火になりますが、9月頃からまた上昇の兆しを見せています。

GAS代の適正な価格は、ETHのネットワークの利用や、NFTへの注目度によって変化する可能性が高いです。そのため、平均的な相場価格を決めることは難しいため、出品時の相場価格を確認するとよいでしょう。

ガス(GAS)代の高騰問題とは

OpenSea_gas fee_graph

出典:Ethereum Gas Price Chart

ここまでGAS代の仕組みついて説明してきました。

では、なぜGAS代は高騰する(している)のでしょうか?

特にGAS代が高騰したケースは、これまでに2回存在します。

  1. DeFi市場の拡大(2020年9月頃)
  2. NFTのブームの到来(2021年2月)

DeFi市場の拡大(’20年9月)

1回目は、DeFi(ディーファイ)市場の拡大です。

DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeを略した言葉で、分散型金融と訳されています。

簡単に言えば、銀行や証券会社といった中央集権的な企業ではなく、ネット上の個人からなる非中央集権的なネットワークを利用した金融サービス、と考えられています。

このDeFi(ディーファイ)の多くに、イーサリアムのスマートコントラクト機能などが採用されたました。

その結果、DeFi(ディーファイ)市場が拡大し始めた2020年9月頃から、ガス(GAS)代が上昇し始め、最終的に550Gweiまで跳ね上がりました。

NFTのブーム到来(’21年2月)

DeFi(ディーファイ)が落ち着きを見せた後、2021年1月頃からNFTに注目が集まりました。

この頃から、様々なNFTマーケットプレイスが誕生し始め、NFTの取引が活発となりました。

その結果、2021年2月にGAS代が400Gweiとなり、ここからNFT取引におけるガス(GAS)代高騰問題が始まりました。

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

OpenSeaのガス(GAS)代

opensea_nft_marketplace

ここからは、OpenSeaのGAS代に絞って解説していきます。

OpenSeaを利用する時は、GAS代について把握していないと、高額な手数料が発生する可能性があります。

一方、工夫すれば、GAS代を節約することも可能ですので、ぜひ試してみてください。

ガス(GAS)代問題はOpenSeaが悪いわけではない

OpenSeaでのガス(GAS)代について説明する前に、覚えておくべきことがあります。

OpenSeaについて調べると、よく「OpenSeaのGAS代は高い」といった文章を見かけます。

ここまでお読みの方もお気づきの通り、OpenSeaがガス(GAS)代を決めているのではありません。

ガス(GAS)代は、OpenSeaが利用するイーサリアムチェーンの需要量によって変化しています。

そのため、「OpenSeaのせいでGAS代が高い」といったわけではないので、注意してください。

※OpenSeaのユーザー数が増える→その結果イーサリアムチェーンの取引量が増える→ガス(GAS)代が高騰する、ということは言えますが、あくまでOpenSeaはGAS代高騰の間接的な要因です。

OpenSeaでガス(GAS)代が発生するタイミング

NFT_OpenSea_販売方法

OpenSeaでは、以下のタイミングでガス(GAS)代が発生します。

  • NFTを出品する
  • NFTを購入する
  • OpenSeaで購入したNFTを、外部のデジタルウォレットなどに移動(出庫)させる

ちなみに、OpenSeaではガス(GAS)代とは別に、取引手数料として、取引量の2.5%が発生します。

出品手数料は無料なので、NFTを出品する時に発生する手数料は、ガス(GAS)代のみです。

ガス(GAS)代は初回の出品時に発生

OpenSea_GAS代

GAS代は、初回の出品時にのみ発生します。

2回目以降の出品時には、GAS代は発生しないので安心してください。

筆者もOpenSeaでNFTを発行しましたが、GAS代が発生したのは、初回のみでした。

それ以降の出品時には、Metamask上で出品を確認する署名ボタンを押すだけです。

OpenSeaでのガス(GAS)代はいくら

では、実際にOpenSeaでは、ガス(GAS)代はいくらなのでしょうか?

結論から言えば、ケースバイケースですが、日本円で約5,000円~1万5,000円ほどです。

筆者が実際にOpenSeaで出品した時は、当時のレート換算で、約1万5,000円ほどかかりました。

今回は、実際にNFTを出品する時に発生するガス(GAS)代を調べてみました。

加えて、販売価格や販売方式によって、ガス(GAS)代が変化するのかも試してみました。

OpenSeaで初めてNFTを出品する時

NFT_opensea_how-to-sell

まずはOpenSeaで出品する時に発生するガス(GAS)代を見てみます。

今回出品してみるのは、当サイトのロゴです。

OpenSeaでの詳しい出品方法は、こちらの関連記事をご覧ください。

【OpenSeaでの出品方法はこちら⇩】

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。
  • 定額出品を選択
  • 販売価格を1ETHに設定
  • 「Post your listing」をタップ
  • MetaMaskが別タブで自動的に起動

OpenSea_gasfee

MetaMaskの画面を見ると、「GAS FEE」と書かれた部分があり、ETHの数量と日本円が表示されています。

この場合、「1ETH(=当時のレートで約24万円)の出品で、2,491円のガス(GAS)代が発生」するということです。

GAS代は高いといわれていますが、初回の出品時にのみ発生し、それ以降は発生することはありません。

NFTの販売価格を変えてみた

ガス(GAS)代は、イーサリアムチェーンの需要量によって変化すると説明しました。

ちなみに、販売価格を変えてみると、ガス(GAS)代は変わるのでしょうか?

試してみたところ、1ETHの時と変わりませんでした。

NFTの販売形式をオークションに変えてみた

また、販売形式を価格を固定する販売方式から、オークション形式に変更してみました。

オークション形式の場合、始値とは別に、予約価格(reserve price)を設定する必要がありますが、両方ともいじってみても、ガス(GAS)代に大きな変化は見られませんでした。

価格設定の通貨を換えてみた

実はOpenSeaは、イーサリアム以外の以下の通貨で、価格設定することができます。

  • DAI
  • RARE
  • USDC

イーサリアム以外の通貨で価格設定をしてみましたが、ガス(GAS)代は変わりませんでした。

つまり、販売形式や販売価格、価格設定の通貨によって、ガス(GAS)代が大きく変化することはない、ということがわかりました。

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!
OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。

OpenSeaでガス(GAS)代を節約する方法

OpenSea_ガス(GAS)代_いくら2

高いといわれているGAS代ですが、実はOpenSeaではGAS代を節約できる方法があります。

OpenSeaでGAS代を節約する方法は、非常に簡単です。

ただし、過度な節約を求めると、逆に取引がうまくいかなくなるなどリスクが生じるので、注意が必要です。

ここでは、実際にOpenSeaのGAS代を節約手法を2つご紹介します。

  1. 【節約❶】GAS代の処理速度を「低速」にする
  2. 【節約❷】Gweiとガスリミットを調整する
  3. 【節約❸】手数料が安い取引所を利用する

【節約❶】GAS代の処理速度を「低速」にする

OpenSeaでGAS代を節約する方法は、GAS代の処理速度を「低速」に設定することです。

以下で、OpenSeaで、イーサリアムの処理速度を「低速」にカスタマイズする手順を解説します。

MetaMuskを起動

NFT出品時に価格入力し、青いボタン「Post your listing」をタップします。

すると、別ブラウザでMetaMuskが起動し、GAS代が表示されます。

この時、GAS FEEの右側に表示された「EDIT」をタップします。

取引スピードを「低速」に設定

OpenSea_gas fee4

すると「ガス代のカスタマイズ」が表示されます。

ここで、イーサリアムチェーンの取引スピードを変更できます。

OpenSeaでは、以下の3つが選択できます。

  1. 低速
  2. 平均
  3. 高速

GAS NOWとは少し表記が違いますが、「低速」が最もGAS代が安いです。

そのため、取引スピードは「低速」に設定しましょう。

「低速」にすれば、GAS代の算出式「Gwei×ガスリミット」のGweiが小さくなります。

「低速」では、基本的に10分以内には処理が承認されるスピードなので、よほどの急ぎでない限りは、この設定を利用することをおススメします。

【節約❷】Gweiとガスリミットを調整する

 

「でもやっぱり、GAS代って高いし、ぼったくられてるんじゃ…」とGAS代をもっと節約したい方もいるかと思います。

実は取引スピードの設定変更とは別に、もう1つ、GAS代を節約する方法があります。

それは、Gweiとガスリミットの両方を調整する方法です。

Gweiの調整において、抑えておくと便利な手法があります。

それは、時間帯ごとのGAS代の平均をベースに、Gweiを変更する方法です。

MetaMuskでガス代のカスタマイズを表示

1つ目の手法を同様に、NFTの販売価格を決め、「Post your listing」をタップし、MetaMuskを別ブラウザで起動します。

その後、GAS FEEの「EDIT」をタップし、詳細タブをタップします。

Gweiとガスリミットの両方を調整

OpenSea_gas fee5

設定した処理スピードのGweiとガスリミットが表示されるので、Gweiとガスリミットを変更します。

Gwei

OpenSea_ガス(GAS)代_いくら3

Gweiは、時間帯によって平均数値が算出されています。

「GAS NOW」を参考に、1時間前など、直近のGweiの平均値を入力するのがおススメです。

※後述しますが、節約を意識しすぎて、過度に低い数値を入力することは避けましょう。

例えば、2021年7月28日のGweiを見てみましょう。

OpenSea_average gas fee

出典:GAS NOW

【2021年7月25日(水)のGwei(6時間ごと)】

時間Gwei
0:0017
06:00312
12:0015
18:0013
23:0018

時系列で上から並び替えてみると、AM6時にその日の最高値に達してから、夜にかけて段々とGweiが下がっています。

※確認する日によってばらつきがありますが、午前中よりも午後の方が、Gweiの値段が下がる傾向があるかもしれません。

ガスリミット

ガスリミットは、最低21000以上必要です。

21000以上の数値を入力すれば大丈夫ですが、Gweiのみ変更し、ガスリミットはそのままにしておいた方が良いでしょう。

過度なGweiとガスリミットの変更はおススメしない

ただし、過度なGweiとガスリミットの変更はおススメしません。

例えば、

  • Gwei:10
  • GAS リミット:21000(21000~)

に設定すると、GAS代はなんと54円まで下がります。

一見、手数料が大幅に下がり、GAS代をかなり節約できると思うでしょう。

ところが、思い出してほしいことは、「イーサリアムチェーンの取引は、スピードが速い方(Gweiの数値が大きい方法)から優先的に処理される」という仕組みです。

つまり、Gweiの数値が小さすぎると、自分の取引が後回しにされ、取引承認が非常に遅くなる可能性があります。

そのため、Gweiとガスリミットを過度に小さくすることは、おススメしないので、注意してください。

【節約❸】手数料が安い取引所を利用する

最後のGAS代の節約法は、直接GAS代を節約するのではなく、間接的に費用を抑える方法です。

OpenSeaで取引する際には、仮想通貨(暗号資産)取引所から、MetaMaskにETHなどを送金する必要があります。

この際、

  • ETHの購入手数料
  • ETHの送金手数料

といった、仮想通貨に絡む手数料が発生します。

そのため、できるだけETHに絡む手数料を減らすことで、GAS代を含めた全体的なコストを抑えることができます。

そこでおススメしたい取引所は、以下の2つです。

  1. Coincheck(コインチェック)
  2. DMM Bitcoin

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

【Coincheck(コインチェック)のメリット】

  • 仮想通貨取引所ランキングで1位を獲得
  • ETHの送金手数料が安い
  • 入金手数料が無料(0.005ETH)

2021年6月に発表された最新版の仮想通貨取引所まずおススメする仮想通貨取引所は、Coincheck(コインチェック)です。

【Coincheck(コインチェック)のメリット】の人気ランキングで、Coincheckは2位のbitFlyerに約2倍のポイント差をつけて、堂々の1位を獲得しています。Coincheckは2017年のNEM流出事件で、一気に知名度を上げましたが、その後マネックスグループに買収されています。

Coincheck(コインチェック)は、ETHの送金手手数料が比較的安いです。

また、ETH購入のために必要な入金手数料が無料な点も大きなメリットです。

Coincheckの登録はこちら

【初心者】Coincheck(コインチェック)の登録方法を解説!初心者に人気な理由も紹介!
たしかに、仮想通貨の取引所は数が多く、どこが一番いいのかわかりにくいです。そこで、いきなり結論から申し上げますと、初心者が最初に開設すべきは、「Coincheck(コインチェック)」です。Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なCoincheck(コインチェック)の登録方法を解説します。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

【DMM Bitcoinのメリット】

  • ETHの送金手数料は無料
  • 入金だけでなく出金手数料も無料

DMM Bitcoinは、なんとETHの送金手数料が無料です。

さらに、入出金の手数料も無料です。

そのため、手数料を抑えるなら、DMM Bitcoinがかなりおススメです。

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判&口コミ&メリットデメリットまとめ




OpenSeaがGAS代を排除する方向へ

OpenSea_company

実はOpenSeaも、GAS代の高騰を以前から問題視しています。

そのため、運営会社のOpenSea社は、OpenSeaからGAS代を排除する動きを始めています。

最後に、OpenSeaでのGAS代排除の動きについて解説します。

OpenSeaがGAS代を排除する具体的な方法

イーサリアム_NFT関連銘柄

OpenSeaでGAS代が問題になる理由は、NFTの取引プロトコルとして、イーサリアムを利用しているからです。

つまり、イーサリアムとは別のプロトコルを導入すれば、GAS代の問題は解決します。

そもそも、イーサリアム以外のプロトコル上でNFTは取引可能です。実際に、イーサリアム以外のプロトコルを利用した「NFT SHOWROOM」のような、NFTマーケットプレイスは存在します。

そのため、OpenSeaも、イーサリアムとは別のプロトコル導入を始め、すでに以下の2つを導入しています。

  • Polygon(ポリゴン)
  • Klaytn(クレイトン)

ちなみに、上記の2つ以外にも、Tezos(テゾス)といった他のブロックチェーンプロトコルの導入も発表しています。

Polygon(ポリゴン)

Opensea_polygon

例えば「Polygon」は、GAS代の高騰問題を解消するために開発された、イーサリアムチェーンのレイヤー2ソリューションの開発フレームワークです。

言い換えると、イーサリアムのGAS代問題を解決するための、イーサリアムのサブネットワークです。

そのため、支払いはイーサリアムのままで、GAS代を払うことがなく、取引が実行されます。

このPolygonは2021年7月に、OpenSeaが正式に導入を発表し、すでにPolygonネットワークを利用したNFT取引が開始されています。]

出典:OpenSea公式ブログ

Klaythn(クレイトン)

Opensea_Klaytn

Klaytn(クレイトン)は、韓国のチャットアプリであるKakao(カカオ)トークの子会社であるGroundXによって開発されたグローバルなブロックチェーンプロトコルです。

KlaytnもPolygon同様に、Ethereum開発者を対象とした、グローバルなブロックチェーンのプラットフォームを実現するために開発されました。

例えば、Kakaoトークアプリ経由で、OpenSeaにログインできるようになるようです(日本版で考えると、LINEでOpenSeaにログインできるといった感じです)。

Polygon同様に、GAS代が発生しないブロックチェーンプロトコルとして導入され、すでにNFTもKlaytn(クレイトン)チェーン上で、NFTが出品されています。

出典:OpenSea公式ブログ

OpenSeaのGAS代問題は沈静化するか

OpenSea_protocols

OpenSeaのGAS代問題は、OpenSeaの取り組みで解消へと向かっています。

ただし、OpenSeaで取引されるNFTのほとんどが、実はイーサリアムチェーンを利用しています。

確認したところ、OpenSeaのNFTをブロックチェーンプロトコルで分類してみると、以下のようになりました。

ブロックチェーンプロトコル出品数比率
ETH(イーサリアム)15,963,817個91.5%
Polygon(ポリゴン)1,442,863個8.3%
Klaytn(クレイトン)38,914個0.2%

※2021年7月時点

出典:OpenSea

表のとおり、OpenSeaでは、まだイーサリアムによる取引が圧倒的です。

そのため、今後はイーサリアム以外のプロトコル上での取引が増えるように、GAS代が無料となることを周知し、他のプロトコルの利用を増やす必要があるでしょう。

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に
OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に




コメント

タイトルとURLをコピーしました