NFTを販売する

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?

NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。
NFT銘柄を買う

CHZ(チリーズ)はなぜ高騰してるのか?取り扱い取引所と今後の展望は?

暗号通貨CHZ(チリーズ)が高騰した理由は、①3つの暗号資産取引所に参入、②米市場の参入に向けた5,000万ドルの投資を発表、③直近の暗号通貨市場の過熱だと考えられます。CHZ(チリーズ)は、海外の大手スポーツクラブやエンターテインメント団体に対し、ファンコミュニティの運営を実施するプラットフォーム上で使用される暗号通貨(トークン)です。
NFT銘柄を買う

おススメの暗号通貨のNFT銘柄はどれ?注目すべきNFTの関連銘柄を紹介

暗号通貨の中で、NFT関連銘柄としておススメなのは、ETH(イーサリアム/ETH)、Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)、Rarible(ラリブル/RARI)、Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)、Chiliz(チリーズ/CHZ)です。NFTマーケットプレイスで利用されている暗号通貨が、NFT関連銘柄の暗号通貨としておススメです。
NFTについて学ぶ

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
NFTについて学ぶ

日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。
NFTについて学ぶ

NFTの購入方法は?NFTの購入手順やNFTマーケットプレイスを紹介

NFTを購入には、NFTマーケットプレイスのアカウントと購入に使う暗号通貨、さらにMetaMaskといった暗号通貨のウォレットが必要です。本記事では、NFTの購入方法を解説していきます。日本国内でNFT購入におススメの取引所は、CoinCheck NFTやnanakusaです。
NFT銘柄を買う

NFTの関連銘柄はどれ?NFTで注目されるおススメの日本株を紹介

NFTの関連銘柄で注目すべきは、メディアドゥ、メルカリ、マネックスグループ、GMOインターネット、シンワワイズ、gumi、Link-U、スクエニHD、セレス、フーバーブレイン、マイネット、Gamewithです。本記事では、NFTの関連銘柄で注目すべき日本株をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました