【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設・入金方法を解説!

Coincheck

「仮想通貨の取引所って、どこを使えばいいの?」

そんなお悩みをお持ちの仮想通貨初心者の方もいらっしゃるかと思います。

たしかに、仮想通貨の取引所は数が多く、どこが一番いいのかわかりにくいです。

そこで、いきなり結論から申し上げますと、初心者が最初に開設すべきは、「コインチェック(Coincheck)」です。

コインチェック(Coincheck)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。

そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なコインチェック(Coincheck)の登録方法と、入金方法を解説します。

Coincheckの登録はこちら

コインチェック(Coincheck)が初心者に選ばれる理由

【最新】仮想通貨取引所ランキング

数多くある仮想通貨取引所の中でも、Coincheck(コインチェック)は非常に人気があります。

実際に、2021年6月に発表された最新アンケートでは、Coincheckがランキング1位を獲得しています。

特に、仮想通貨初心者からの人気が高く、初めて仮想通貨のアカウントを開設したのも、Coincheck(コインチェック)が圧倒的に多いようです。

では、なぜ初心者にCoincheck(コインチェック)が人気なのでしょうか?

その理由は、主に以下の3つです。

  1. 最短5分でアカウント開設が完了
  2. スマホでも使いやすいUI
  3. 取り扱い銘柄が豊富なため分散投資がしやすい
  4. マネックス傘下での安心のセキュリティ

初心者の方にもおすすめ

まず、初心者の間でCoincheck(コインチェック)が人気の理由の1つ目は、アカウント開設が超簡単だからです。

最短5分でCoincheck(コインチェック)のアカウントが開設できてしまいます。

他の仮想通貨取引所と比べても、アカウント開設がスムーズに行えるため、初心者はまずCoincheck(コインチェック)のアカウントを開設するようです。

スマホでも使いやすいUI

Coincheck(コインチェック)は、スマホ画面でも非常に使いやすいUIです。

仮想通貨投資と聞くと、パソコン画面でチャートとにらめっこするイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

現在、投資経験者の多くが、スマホ取引を行っており、スマホ世代が多い現在も、仮想通貨トレーダーの多くがスマホ取引を行っているようです。

そんな中、Coincheck(コインチェック)のスマホ操作は非常に簡単です。

見るだけで簡単に操作ができるほど、ユーザーが使いやすいデザインとなっています。仮想通貨の購入や売却も、ボタンをタップするだけなど、非常に簡単です。

取り扱い銘柄が豊富なため分散投資がしやすい

Coincheck(コインチェック)は、国内取引所の中でもとても取り扱い通貨が非常に豊富です。

すでに多数の仮想通貨銘柄を取り扱っており、日本国内の取引所で取扱数は国内最大級です。

Coincheck(コインチェック)のアカウントがあれば、投資の損失リスクを抑えるために、複数の銘柄を購入する分散投資が簡単にできます。

リスクが気になる初心者の方でも簡単に分散投資ができるのが、Coincheck(コインチェック)の魅力です。

マネックス傘下での安心のセキュリティ

そのCoincheck(コインチェック)は、大手ネット証券企業のマネックスグループの傘下です。

マネックスGのような金融サービスを提供する企業のサービスセキュリティは非常に厳しく、Coincheck(コインチェック)も同様に高いセキュリティを備えています。

仮想通貨投資と聞くと、ハッキングなどをイメージされる方もいるかと思いますが、Coincheck(コインチェック)はマネックスGのグループ企業として、ユーザーの安全を考えたセキュリティです

Coincheckの登録はこちら

【Coincheck(コインチェック)の手数料とスプレッドは高い?仮想通貨取引所と徹底比較!】

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
NFT×仮想通貨×ブロックチェーンに浸るサイト

Coincheck(コインチェック)のアカウント開設に必要なモノ

コインチェックのロゴ

Coincheck(コインチェック)のアカウント登録には、以下の3つが必要です。

【Coincheck(コインチェック)の登録に必要なモノ】

  1. メールアドレス
  2. 個人情報
  3. 本人確認書類

3つ目の「本人確認書類」は、以下のどれかを準備してください。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これらの本人確認書類は、スマホで撮影してアップロードするだけです。コピーを取って、ハガキで郵送する必要はありません。

スマホとメールアドレス、該当する本人確認書類が揃えば、いよいよアカウント登録です。

Coincheck(コインチェック)のアカウント登録手順・方法

Coincheck(コインチェック)のアカウント登録の手順は、ざっくり以下の手順です。

【Coincheck(コインチェック)の登録手順】

  1. 新規アカウント登録
  2. メールアドレスを入力し、メールで認証
  3. 必要書類に同意
  4. 電話番号認証を実施
  5. 基本情報を入力
  6. 本人確認書類をアップロード/撮影

Coincheck(コインチェック)のサイトでアカウントを新規作成

まずは、Coincheckのサイトでアカウントを新規作成しましょう。

Coincheckの新規登録サイトへの移動は、下記のボタンを押してください。

Coincheckの登録はこちら

メールアドレスを入力し、メールで認証

新規登録の場合は、「メールアドレスで会員登録」をタップします。

メールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」ボタンを押します。

すると、登録したアドレスに認証リンク付きのメールが届きますので、認証リンクをタップします。URLをタップすると、再びCoincheckのトップページが表示されるので、右上の「ログイン」ボタンからログインします。

Facebookアカウントでも登録可能

ちなみに、Facebookアカウントがある場合は、トップページにある「Facebookで10秒登録」から、簡単にアカウントを作成できます。

メルアド入力や認証手続きが面倒な場合は、Facebookで登録するのもありです。

必要書類に同意

メルアドとパスワード登録後は、本人確認を行います。

まず、Coincheck(コインチェック)では、口座開設の条件として以下の2つがあります。

【口座開設条件】

  • 居住国が日本
  • 20歳以上74歳以下

また、「各種重要事項」と題したデータ書類が表示されますが、該当していなければ問題ありません。

問題なければ、「次へ」ボタンを押します。

電話番号認証を実施

次に、電話番号認証を実施します。

電話番号を入力し「次へ」をタップすると、SMS(ショートメッセージ)に6桁の番号が送信されるので、画面に入力してください。

基本情報を入力

次に、氏名や住所などの基本情報を入力します。

本人確認書類をアップロード/撮影

最後に、本人確認書類のアップロードとスマホ撮影による最終的な本人確認を行います。

まずは、本人確認書類をアップロードします。本人確認書類には、現住所の記載が必要です。

続いて、スマホ撮影で簡単な本人確認を行います。

ここまで完了すれば、Coincheck(コインチェック)で取引が開始できます。

Coincheckの登録はこちら

【口座開設が完了後、NFTを取引してみる⇩】

OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?
OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでの出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。OpenSeaの登録方法と売れるものも解説します。
OpenSeaでのNFTの購入方法を解説!GAS(ガス)代や手数料はいくらかかる?
NFTを購入するなら、OpenSeaがおススメです。NFTの購入には、MetaMaskと、コインチェック(Coincheck)などの取引所の口座と、イーサリアム等の仮想通貨が必要です。本記事ではOpenSeaでのNFTの購入方法を徹底解説します。

コインチェック(Coincheck)の入金方法

コインチェック(Coincheck)の口座開設が完了したら、実際に口座に入金してみましょう!

コインチェック(Coincheck)への入金方法は、以下の3種類があります。

入金方法やり方メリットデメリット
銀行振込銀行口座から送金手数料が一番安い
※入金額で変わる
入金まで時間がかかる
コンビニ入金
(2022/7/13より一時停止)
コンビニで入金スグ入金が反映される手数料が高い
セブンは対応していない
クイック入金
(2022/7/13より一時停止)
指定の銀行口座(SBI銀行・スグ入金が反映される手数料が高い
未対応の銀行が一部ある

一番おススメの入金方法は、手数料が一番安い、銀行振込です。

銀行振込の入金反映が少し遅い面がありますが、実際に銀行振込を利用してみたところ、基本的に入金から1時間以内に反映されることが多かったです。

銀行振込

銀行振込は、お持ちの銀行口座からSBI銀行かGMO銀行の顧客専用口座に送金する、入金方法です。

最も手数料が安いので一番おススメの入金方法です。

銀行振込の方法は以下の通りです。

  1. 入出金→「銀行振込」をタップする
  2. 入金先口座を選択する(SBI銀行 or GMO銀行の顧客用口座、どちらかを選ぶ)
  3. 振込元の口座から、入金先口座の情報と入金額を入力し、入金申請をする
  4. 入金申請後、入金額がコインチェック(Coincheck)の口座に反映されるのを待つ

コインチェック(Coincheck)の口座に入金が完了すると、通知メールが届きます。

銀行振込は、入金からおよそ1時間ほどで入金が反映されます。

コンビニ入金(2022/7/13より一時停止)

コンビニ入金は、コンビニのレジでスマホの画面を見せて手続きする入金方法です。

コンビニ入金では、以下の手数料が発生します。

入金額手数料
3万円未満770円
3万円以上~30万円以下1,018円

またコンビニ入金に対応するコンビニは下記の通りで、セブンは対応していません。

対応コンビニローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコーマート

コンビニ入金の方法は以下の通りです。

  1. 入出金→「コンビニ入金」をタップする
  2. 入金を行うコンビニを選択する
  3. 選択したコンビニで、期限までに入金する

コンビニ入金には、入金期限があるので、その期限までにコンビニのレジで振込を済ませましょう。

クイック入金(2022/7/13より一時停止)

クイック入金は、ペイジー決済を利用した、アプリ・Web上で24時間365日決済が可能です。

ごく一部の金融機関では使えませんが、ほとんどの金融機関はペイジー決済に対応しています。

クイック入金には、以下の手数料が発生します。

入金額手数料
3万円未満770円
3万円以上~50万円以下1,018円
50万円以上495円+入金金額×0.11%

コンビニ入金の方法は以下の通りです。

  1. 入出金→「クイック入金」をタップする
  2. 金額を確認して「お支払い情報を発行」をタップする
  3. 期限を確認して「番号・入金方法の確認」をタップする
  4. 番号情報を確認して「完了」をタップする

クイック入金は、コンビニ入金では対応してない、50万円以上の振込にも対応しています。

まとめ

コインチェックのロゴ

Coincheck(コインチェック)なら、最短5分で口座開設ができてしまいます。

そのため、スグに取引を始めたい初心者におススメの取引所です。

他の仮想通貨取引所でも、同じ方法で口座開設ができますが、Coincheck(コインチェック)の手続きは、比較的簡単なので、これから口座開設をしたい初心者なら、Coincheck(コインチェック)で口座開設することをおススメします。

実際にCoincheck(コインチェック)で口座開設をしたら、取引所か販売所でビットコインを購入してみましょう!

Coincheckの登録はこちら

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!⇩

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
NFT×仮想通貨×ブロックチェーンに浸るサイト

【仮想通貨の販売所と取引所の違いは?メリット・デメリットと初心者が使うべきはどっち?】

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
NFT×仮想通貨×ブロックチェーンに浸るサイト
タイトルとURLをコピーしました