Move to earnのCalo Runとは?始め方、稼ぎ方、STEPNとの違いを解説!

今非常に注目されているMove to earn。Move to earnは、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨がもらえるという、BCG(ブロックチェーンゲーム)の1種です。

特に2022年1月頃から、Twitter上などで、Move to earnサービスである「STEPN(ステップン)」が頻繁にトレンド入りするようになりました。STEPNは、限定のNFTスニーカーを獲得して、歩いたり走ったりすると、仮想通貨が稼げるということから、非常に注目されるようになりました。

一方、STEPN(ステップン)は、初期費用が高いなどのネガティブな意見があり、参入するか迷っている人もかなりいるとされています。

そんな中、STEPNと非常に似ており、2022年5月にβ版がリリースされた、Move to earnサービスがあります。

それが、今回紹介するCalo Run(カロラン)です。

Calo Runは、STEPNと同じく、NFTのスニーカーを保有した状態でランニングすることで仮想通貨が付与される、Move to earnのサービスです。

なお、公式Twitterによると、2022年5月27日に、β版を正式リリースするようです!

では、先に本記事の結論を書いておきます。

Calo runのまとめ
  • Calo RunはSTEPNに似た、ランニングで仮想通貨を稼ぐMove to earnサービス
  • 2022年5月27日にβ版がリリース予定のため、まだ成長余地がある
  • メタバース・AR領域への参入を発表しており将来性が高い
  • 付与されるFITトークンは今後上場予定

Calo Runのガバナンストークンである仮想通貨CALOは、Pancakeswapなどの海外取引所に上場しています。

そのため、購入に必要な仮想通貨を、日本の取引所から送金する必要があります。

ちなみに、仮想通貨取引ならCoincheck(コインチェック)がおススメです。

コインチェック

今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

Calo Runとは

calo_Move to earn

付与される仮想通貨FIT(FitCoin
CALO(Calo)
ブロックチェーンBSC
初期費用

【CALO RUN(カロラン)の概要】

  • Movetoearnにメタバース要素を組み込んだサービス
  • 付与されるトークンは、CALOとFITの二種類がある
  • STEPNと同様に、アクティビティを通じて自分のスニーカーを強化できる
  • 2022年5月にβ版をリリース

CALO RUN(カロラン)は、STEPN(ステップン)と同様にランニング用のスニーカーを保有してランニングすることで仮想通貨が付与されるサービスです。

なおロードマップによると、2023年Q1には、AR空間と連動した新機能をリリースする予定のようです。

【Calo run関連のリンク集】

Calo runのトークン

calo run_トークン

CALOには、2種類のトークンがあります。

  • CALO:ガバナンストークン。発行枚数に制限あり。
  • FIT:アプリのワークアウトを通じて獲得できるトークン。発行枚数制限は無し。

CALOトークンは、Calo runアプリ内で利用可能なガバナンストークンです。ガバナンストークンとは、Calo runの運営元が主催する投票や、限定エアドロップを獲得する際に利用される、いわばゲーム内通貨のようなものです。

FITトークンは、Calo runでのMove to earnで付与されるトークンです。貯めたFITトークンを使って、NFTスニーカーを購入したり、NFTスニーカーの能力を強化することが可能です。

Calo runのゲーム機能

Calo Run_稼ぎ方

CALO RUNには、3つのゲーム機能が実装されています。

  • シングルモード:ランニング量によってFITトークンが付与されるモード。通常のMove to earn機能。
  • チャレンジモード:毎週・毎月発生するイベントモード。クリアすると別途報酬が付与される。
  • ミントスニーカー:「Breed」状態である2つのスニーカーで新しいスニーカーをMint(発行)する機能。

一番わかりやすく馴染みがあるのは、シングルモードです。

STEPNと同様に、走ったり、歩いたりすることで、FITトークンが付与されます。

Calo runのスニーカー

calo run_スニーカー

Calo runのスニーカーは、STEPNに非常に似ています。

ここでは、Calo runのスニーカーを、以下の3項目に分けて説明します。

  1. 種類
  2. レア度
  3. Attribute(能力パラメータ)

種類

calo run_初期費用

Calo runのスニーカーには、以下の4種類が存在します。

スニーカーの種類レア度FITが付与される速度範囲
Walker低い1~6km
Jogger普通4~10km
Runner普通8~10km
Trainer高い1~20km

各スニーカーによって、レア度や、レベル、FITトークンが付与される速度範囲が決まっています。

レア度でみると、Trainerが最もレア度が高く、FITが付与される速度範囲が広い一方、値段も最も高いです。

自分の運動ペースや予算に合わせて、最適なスニーカーを選ぶことが大事です。

レア度

スニーカーには、下記のレア度があります。

  • Common
  • Uncommon
  • Rare
  • Epic
  • Legendary

この中では、Legendaryがレア度が最も高いです。

Attribute(能力パラメータ)

calo run_始め方6

Calo runでは、STEPNの「Attributes」と同様に、各スニーカーの能力パラメータがあります。

  • Performance:1スタミナ当たりで獲得可能なFITの量
  • Luck:ボックスのエアドロップに当たる確率
  • Speed:FITを稼ぐスピード
  • Recovery:スニーカーの耐久度

各パラメータには、「BASE」と呼ばれる初期値があり、レベルUPごとに、各パラメータを引き上げることが可能です。

Move to earnのおススメのサービスまとめ!始め方から稼ぎ方、将来性も解説
Move to earnでおススメのサービスを紹介しています。今一番おススメのMove to earnは、Sweatcoinです。他にもSTEPN、STEP、DOSE、CARO等、様々なMove to earnサービスがあります。本記事では、Move to earnの始め方から稼ぎ方、将来性を解説しています。

Calo RunとSTEPN(ステップン)の違い

stepn_Move to earn

Move to earnサービスとして、STEPN(ステップン)があります。

STEPNは、日本国内でMove to earnが流行る要因となった、Move to earnの先駆け的なサービスです。

2022年1月頃から頻繁にTwitterにトレンド入りするなど、ユーザの間で非常に盛り上がっているMove to earnのサービスです。

では、Calo RunとSTEPNは具体的に何が違うのでしょうか?

両方ともMove to earnの要素を取り入れたサービスではありますが、以下の通り異なる点があります。

Calo RunSTEPN(ステップン)
初期費用の有無約12万~約20万~
報酬の仮想通貨・FIT
・CALO
・GST
・GMT
利用するブロックチェーンBSCSolana
対応OSiOS/AndroidiOS/Android

両者の大きな違いは、初期費用の差です。

もう一つは、表にはありませんが、メタバース空間への機能拡充の有無でしょう。Calo Runでは、ロードマップ内で、メタバースやAR機能に関するアップデートを予定していることを公表しています。

ただ、正直な初見としては、Calo RunはSTEPNとほぼそっくりです。スニーカーNFTの強化システムなど、かなりSTEPNに近い仕組みを採用しています。

STEPN(ステップン)は稼げない?検証したら1日2,000円も稼げた
STEPNは稼げないという意見がありますが、STEPNはまだ稼げる可能性が高いです。実際にSTEPNは稼げないのか検証したら、1日平均2,000円稼げました。STEPNを始めるには、仮想通貨SOLが買えるLiquid(リキッド) By FTXの口座を開設しましょう。

Calo runの初期費用はSTEPNより安い

calo run_初期費用

Calo runの初期費用は、一番安いレンジだと、約12万円ほどです。

もちろん、Calo runでは購入するNFTスニーカーによって、FITによる値段が異なります。

2022年5月24日(火)時点でスニーカーのマーケットプレイスを除くと、200FIT~1500FITほどのレンジで販売されています。

ランク値段(FIT)日本円換算(執筆時、1FIT=約600円で計算)
Runner192115,200
Runner189113,400
Runner192115,200
Runner190114,000
Trainer350210,000
Trainer650390,000

SOLの値段が高騰しているため、STEPNの初期費用は、約20万円ほどになってしまっています。

そのためCalo runは、STEPNよりも安い値段で始めることができます。

Calo Runの始め方

Calo Runの始め方_Move to earn

Calo Runは、以下の手順で始めることができます。

  1. コインチェックでETHを購入する
  2. BinanceにETHを送金する
  3. BinanceでETHをBNBにコンバートする
  4. BNBをMetemaskに送金する
  5. PancakeswapでBNBをFITトークンにスワップ(交換)する
  6. アプリをダウンロードし、ウォレットを作成する
  7. アプリにFITトークンを送金する
  8. NFTスニーカーを購入する

コインチェックでETHを購入する

Coincheck(コインチェック)

Calo Runをプレイするには、STEPN同様に、NFTスニーカーを保有する必要があります。

そのNFTスニーカーは、ゲーム内通貨であるFITトークンでのみ購入可能です。

残念ながら、日本国内でFITトークンを取り扱っている取引所はありませんので、日本国内で購入した仮想通貨を原資に、海外取引所でFITトークンを購入する必要があります。

まずは、原資となるETH(イーサリアム)を購入するために、Coincheck(コインチェック)の口座を開設しましょう。

今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設して、1円以上入金するだけで、2,500円分のBTCがもらえます!

Coincheckの登録はこちら

【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設・入金方法を解説!
初心者が最初に開設すべきは、「コインチェック(Coincheck)」です。コインチェック(Coincheck)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なCoincheck(コインチェック)の口座開設・入金方法を解説します。

BinanceにETHを送金する

BINANCE

コインチェック(Coincheck)などで購入したBTCを、BINANCEアプリに送金します。

原資となるETHを購入したら、次はBinance(バイナンス)にETHを送金します。

Binance(バイナンス)は世界最大級の仮想通貨取引所であり、日本国内では取り扱いが無いトークンが多数上場しています。

Binanceの口座開設はこちら

さらに、不労所得のように仮想通貨を預けるだけで増やせるステーキングが手軽にできる取引所としても非常に人気です。

Binanceでの詳しいステーキング方法は、こちらの記事をご覧ください。

【画像付き】Binance(バイナンス)のステーキング方法を解説!メリット・デメリットも紹介
Binanceでは定期ステーキング、DeFiステーキング、ETH2.0ステーキング、フレキシブル/定期セービングの4種類のステーキング方法を提供しています。本記事ではBinanceアプリでのステーキング方法とメリット、デメリット、注意点を解説します。

仮想通貨BNB_送金方法

Coincheck(コインチェック)から、Binanceへの送金方法は、以下の手順です。

  1. BinanceのBTC受け取り用アドレスをコピーする
  2. Binanceを開き、ウォレットの「入金」をタップ
  3. 検索バー(仮想通貨のタブ)で「EHT」と入力し、BNBをタップ
  4. 送金ネットワークはEtherium(ERC20)をタップし、入金用アドレスをコピー(またはQRを保存)
  5. コインチェック(Coincheck)の送金先に、ETHの入金用アドレスを張り付け
  6. 認証を完了させ、送金申請を行う

無事に送金申請が受理されるとBinanceへの送金が実施され、約1分~5分ほどで、Binanceに着金します。

【注意】初めての送金ならテスト送金をすること

ちなみに、初めて仮想通貨の送金をするのであれば、必ずテスト送金をしましょう。

なぜなら、仮想通貨を送金する際に、誤ったアドレスに送金申請をすると、送金した仮想通貨が返ってこなくなる可能性があるからです。

そのため、最初はトライアルとして少額の仮想通貨を送金し、アドレスに誤りがないか確認することをおススメします。

BinanceでETHをBNBにコンバートする

仮想通貨BNB_コンバート

ETHが着金したら、ETHをBNBにコンバートします

コンバートとは、ある通貨を他の通貨に交換することです。

また、コンバート先のBNBトークンは、Binanceが運営するブロックチェーンであるBSC(Binance smartchain)のネイティブトークンであり、APY(年利)が5%以上としてステーキング銘柄としても人気です。

なお、Binanceでのコンバート方法は、以下の通りです。

  • アプリの中央下をタップ後、「コンバート」をタップ
  • 振替元にETH、振替先にBNBを選択し、コンバージョンプレビューを確認
  • コンバートを実行

コンバートの詳しいやり方は、Binanceの公式ページをご覧ください。

BNBをMetemaskに送金する

NFT_how-to-sell_metamask

MetaMuskは、仮想通貨(暗号資産)専用のデジタルウォレットです。

仮想通貨の時価総額ランキング第2位のイーサリアム(以下、ETH)や、ETHをベースに発行された、NFTを保管もしくは移動させることができます。NFTやDAppsといったETHの分散型アプリケーションを利用する際に利用されます。

まずは、Metamaskを発行しておきましょう。

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!
OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。

MetemaskをBSCメインネットに変更する

ネットワークメニュー

ここで一つ、重要な作業が必要です。

それは、Metamaskのチェーンを、ETHからBSCメインネットに変更することです。

BSCメインネットのアドレスでないと、MetamaskはBinanceからBNBを受け取ることができません。

Metemaskはデフォルトで、ETHウォレットになっているため、BSCウォレットに変更する必要があります。

くれぐれも、Metamaskの宛先アドレスは、ETHチェーンのアドレスではないので注意してください。

Metamaskを起動したら、「トークンの追加」を選択し、以下の情報を入力して下さい。

  • ネットワーク名:Smart Chain
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンI:56
  • シンボル:BNB
  • ブロックエクスプローラーURL:https://bscscan.com

MetemaskがBSCチェーンに接続し、ウォレット内にBNBトークンが表示されれば、BSCチェーンへの接続は完了です。

詳しいやり方は、Binanceの公式サイトをご覧ください。

MetemaskへBNBを送金する

BSCチェーンへの接続が完了したら、MetamaskへBNBを送金しましょう。

  • MetamaskのBNBメインネットのアドレスをコピーする
  • Binanceのウォレット内でBNBを選択し、「出金」をタップする
  • コピーしたMetamaskのアドレスを、Binanceの送金先にペーストする
  • ネットワークは一番上のBNB Smart Chain(BWP20)を選択する
  • 送金金額を入力し、「送金」をタップする
  • メール認証などを完了させて、送金申請を完了させる

送金申請完了の画面が出れば、送金手続きは完了です

送金申請をしてから約1分ほどで、Metemaskに送金が完了し、Binanceから送金完了のメールが届きます。

Metemaskへのハッキングを防ぐためにVPNは使うべき

Metemask_ハッキング対策

Metemaskユーザーが急激に増える一方、最近では、Metemaskでのハッキング被害が増えています。

具体的には、セキュリティ強度が不十分なカフェなどのWi-Fiを利用して、Metemaskをインターネットに接続した際に、パスワードや秘密鍵が盗まれてしまうといったケースです。

秘密鍵を盗まれてしまうと、Metemask内に保管してある仮想通貨やNFTなどが、外部に流出してしまう恐れがあります。

そのため、Metemaskを利用するなら、必ずVPN(Virtual Private Network)で通信を暗号化しましょう。

VPNとは、ネット上の専用線を使うことで、外部からのハッキングを防ぐツールです。

Metemask_セキュリティ対策_VPN

なお今もっともおススメのVPNは、NordVPNです。

  • 業界内で最速の通信速度
  • 強力な暗号化で通信内容を外部から保護
  • 1アカウントで最大6台まで利用可能
  • 今なら30日間の返金保証あり

最近は、Metemaskの利用に限らず、仮想通貨関連のサイバー犯罪は増加傾向にあります。

筆者も、PCとスマホ両方で、ネットを利用する際は、NordVPNで常にVPN接続をしています。

VPNといっても、アプリをダウンロードして、VPN設定をONにするだけで、特段難しいことは必要ありません。

最低限のセキュリティ対策で、自分の資産をしっかり守るようにしておくことをおススメします。

【30日間返金保証】NordVPNのサイトはこちら

PancakeswapでBNBをFITトークンにスワップ(交換)する

pancakeswap_Move to earn

日本ユーザがFITトークンを購入するなら、一番簡単なのがPancakeswapです。

Pancakeswapは、BNB Smart Chain上で開発されたDXEX(分散型取引所)です。

ここでMetemaskに送金したBNBを、FITトークンにスワップ(交換)します。スワップとは、あるトークンを等価の別のトークンに交換することです。Pancakeswapでは、BNBがあればCAKEなどの様々なトークンにスワップすることができます。

まずは、Pancakeswapを開き、右上の「Connect Wallet」をタップして、Metemaskを接続しましょう。別ブラウザでMetamaskが起動するので、パスワードを入れてログインします。

calo run_pancakeswap

ログインと接続が完了したら、Metemask内のBNBをFITトークンにスワップしていきます。

  1. 左上メニューバー「Trade」→「Swap」をタップ
  2. Swap元をBNBに設定
  3. Swap先の検索バーに「FIT」と入力、一番上の「FIT(FIT Token) via CoinMarketCap」を選択(青いトークンロゴ)
    ※「FIT(FIT) via CoinGecko」と「$FIT(FIT Scrypto) via CoinMarketCap」ではないので注意!
  4. Swapボタンをタップ
  5. 起動したMetemaskで取引を承認し、GAS代を支払う

PancakeswapでFITと検索すると、以下の3つのトークンが出てきますが、一番上のFITトークンをSwap先にしてください。

calo run_fitトークン

  • 「FIT(FIT Token) via CoinMarketCap」(FITと表記がある、青いトークンロゴ)
  • 「FIT(FIT) via CoinGecko」
  • 「$FIT(FIT Scrypto) via CoinMarketCap」

ちなみにGAS代とは、ETHやBNBチェーンを利用する際に発生する手数料であり、約10円~100円ほどかかります。

なお、この後FITトークンをCalo runのウォレットに送金する際に、少額のBNBが必要となるので、全てのBNBをSwapしないように注意しましょう。

MetemaskにFITトークンをインポートする

Calo run_Metamask

PancakeswapでBNBをFITにスワップしたはずが、Metemask内にFITトークンが表示されないことがあります。

これは、Metemask内にFITトークンをインポートしていないだけです。

そのため、以下の手順で、MetamaskにFITトークンをインポートしましょう。

  1. (BSCメインネットの状態で)Metamaskを開き、画面下「トークンをインポート」をタップ
  2. トークンコントラクトアドレスに、以下のFITトークンのアドレスを入力0x77922A521182a719A48ba650aC2A040269888888
  3. 「カスタムトークンを追加」をタップ

トークンをインポートすれば、スワップしたはずのFITトークンが表示されるはずです。

アプリをダウンロードし、ウォレットを作成する

caro run_apps

FITトークンが手に入ったら、Calo runのアプリをダウンロードしましょう。

calo run_始め方

Calo runアプリをダウンロードしたら、以下の手順でウォレット作成までを行います。

  1. メールアドレスを入力
  2. 認証コードを入力し、アカウントを発行
  3. 右上のトークンのロゴをタップし、「Wallet」をタップ後、「CREATE A NEW WALLET」をタップ
  4. パスコードを登録
  5. 表示された12個のシードフレーズをスクショやメモなどで保存
  6. シードフレーズを表示順に入力

なお、シードフレーズをなくしたり外部に漏洩したりすると、ウォレット内の資産を失う可能性があるため、必ず厳重に保管してください。

ウォレットが表示されれば、アプリ内の初期設定作業は完了です。

アプリにFITトークンを送金する

calo run_始め方2

最後に、NFTスニーカー購入の原資となる、Metemask内にあるFITトークンをCalo runアプリに送金します。

  1. Calo runのWalletを開く
  2. 「Receive」をタップし、宛先アドレスをコピー
  3. Metemaskを起動させ、「送る(Send)」をタップ
  4. 宛先にコピーしたCalo runのアドレスを入力
  5. 承認ボタンをタップして、送金を実施

この時、BNBで少額のGAS代を払います。

最終的にCalo runのウォレットにFITトークンの残高が反映されれば、送金完了です。

NFTスニーカーを購入する

calo run_始め方3

着金したFITトークンで、NFTスニーカーを購入しましょう。

各スニーカーの値段は、Costの欄に「○○○FIT」で表示されています。

  1. 購入するスニーカーの「BUY」をタップ
  2. 「Confirm」をタップして、支払いを実行

TOP画面に無事購入したNFTスニーカーが表示されれば、スニーカー購入は完了です。

Calo Runの稼ぎ方

Calo Run_稼ぎ方

現在公開されている情報から、dotmoovsの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. Weekly/Monthlyのチャレンジでなるべく上位に入る
  2. NFTのスニーカーをマーケットプレイスで売買する
  3. スニーカーをレンタルする

Weekly/Monthlyのチャレンジでなるべく上位に入る

WeeklyとMonthlyのチャレンジの達成報酬は、ランキングの順位によって異なるようです。

詳しいパーセンテージはまだ未定のようですが、上位であるほど、より価値が高い報酬が付与されるようです。

NFTのスニーカーをマーケットプレイスで売買する

NFTであるスニーカーは、アプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

スニーカーのレベルは30まであるようですので、チャレンジなどを通じて獲得したFITトークンを使って、スニーカーを強化したら、マーケットプレイスで販売してみましょう。

ちなみにSTEPN のように、保有するスニーカーを使い、新しいスニーカーをMint(発行)することも可能なようです。

スニーカーをレンタルに出す

NFTのスニーカーを他のユーザーにレンタルすることが可能です。

レンタル主は、チャレンジに挑戦しなくても、自動的に一定数のFITが報酬として付与されます。

  • スニーカーのオーナー:チャレンジ報酬の70%
  • スニーカーの利用者:チャレンジ報酬の30%

ただし、レンタル中は自分がチャレンジに挑戦することが難しくなります。

Calo Runのロードマップ

WITUALは公式サイトにて、今後のロードマップを公開しています。

※あくまで意訳のため(?)は、サイトだけの情報では内容が不明な部分です。

【2022年Q2】

  • ステーキングプールのリリース
  • アプリ内マーケットプレイスのリリース
  • NFTスニーカー機能の実装
  • 正式リリース

【2022Q3】

  • チャレンジモードの強化
  • 仮想通貨付与のシステム実装(?)
  • マーケットプレイスの強化

【2022Q4】

  • ミッション機能の実装(?)
  • レンタルシステムの実装
  • マルチチェーン対応

【2023Q1】

  • チームモードの実装
  • ARのシングルモードの実装
  • カスタム機能の拡大
Move to earnのおススメのサービスまとめ!始め方から稼ぎ方、将来性も解説
Move to earnでおススメのサービスを紹介しています。今一番おススメのMove to earnは、Sweatcoinです。他にもSTEPN、STEP、DOSE、CARO等、様々なMove to earnサービスがあります。本記事では、Move to earnの始め方から稼ぎ方、将来性を解説しています。

CALOトークンの将来性

Calo Runでは、以下の2種類の仮想通貨が利用されます。

  • CALO:ガバナンストークン。発行枚数に制限あり。
  • FIT:アプリのワークアウトを通じて獲得できるトークン。発行枚数制限は無し。

CALOはすでに上場済ですが、FITはまだ未上場です。ゲーム内トークンのため、おそらくアプリの正式リリース後に上場する可能性があります。

仮想通貨CALOは、チャレンジの報酬として付与され、スニーカーの強化やCalo Runのガバナンストークンとして利用されます。

なおCALOは、現在以下の取引所に上場しています。

  • BitForex
  • PancakeSwap (V2)

日本国内で取り扱っている取引所はありません(2022年5月時点)。

そのため、Coincheck(コインチェック)などで購入した仮想通貨を、Metamaskを経由して海外取引所に送金して購入する必要があります(※後述)。

CALOトークンのチャート・価格分析

仮想通貨CALO_将来性

coinmarketcapにある、直近3ヶ月のCALOのチャートはこちらです。

2022年4月には、一気に1CALO=約44円の最高値を付けました。

他のMove to earn系の仮想通貨(例:DOSE)も似たように価格が上昇したため、おそらくMove to earnのトレンドの影響を受けたのではないかと考えられます。

その後、仮想通貨業界全体の下落トレンドを受けて価格が下落しますが、4月中旬頃から価格が上昇するような動きを見せています。

CALOトークンの将来性

Move to earnのトレンドなどから、総じて仮想通貨CALOの将来性は高いといえるでしょう。

2023年Q1以降に予定されている、AR領域におけるサービス拡大などの実装タイミングで、CALOへの期待増から価格が急上昇する可能性があります。

Calo Runのまとめ

caro run_apps

では、最後に本記事の結論を再掲しておきます。

  • Calo RunはSTEPNに似た、ランニングで仮想通貨を稼ぐMove to earnサービス
  • 2022年5月にβ版がリリース予定のため、まだ成長余地がある
  • メタバース・AR領域への参入を発表しており将来性が高い
  • 付与されるFITトークンは今後上場予定

ちなみに、仮想通貨取引ならCoincheck(コインチェック)がおススメです。

コインチェック

今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました