Move to earnのWITUALとは?始め方、稼ぎ方、STEPNとの違いを解説!

今非常に注目されているMove to earn。Move to earnは、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨がもらえるという、BCG(ブロックチェーンゲーム)の1種です。

特に2022年1月頃から、Twitter上などで、Move to earnサービスである「STEPN(ステップン)」が頻繁にトレンド入りするようになりました。STEPNは、限定のNFTスニーカーを獲得して、歩いたり走ったりすると、仮想通貨が稼げるということから、非常に注目されるようになりました。

一方、STEPN(ステップン)は、初期費用が高いなどのネガティブな意見があり、参入するか迷っている人もかなりいるとされています。

そんな中、初期費用なしで、無料でMove to earnが始められるサービスがあります。

それが、今回紹介するWIRTUAL(ウィーチュアル)です。

WITUAL_Move to earn

WITUAL(ウィーチュアル)は、走る、歩く、泳ぐ、サイクリングするなど、様々なワークアウトで仮想通貨が付与されるMove to earnのサービスです。

また、WIRTUALのスポンサー企業には、スポーツ用品の有名ブランドであるUNDER ARMERや、大手スマホメーカーのHUAWEI等、名だたる有名企業がスポンサーとなっており、非常に将来性が高いサービスです。

さらに、三菱モーターズや、独大手自動車メーカーのBOSCHなど、名だたる大手企業に対し、toBビジネスとして、WITUALのサービスを提供するなど、toB領域でもすでに導入実績を持っています。

WITUAL_Move to earn

では、先に本記事の結論を書いておきます。

  • WITUAL(ウィーチュアル)は、走る、歩く、泳ぐ、サイクリングで稼ぐ、新しいMove to earn
  • UNDER ARMERや、HUAWEIがスポンサーのため、非常に将来性は高い
  • 三菱モーターズやBOSCHなどの大手企業をクライアントとしてtoBビジネスの実績有り
  • ユーザーがアバターを利用するため、NFTやメタバース領域への参入可能性が高い
  • ネイティブトークンの仮想通貨WITUALを買うなら、PancakeSwapがおススメ
  • Pancakeswapに仮想通貨を送金するなら、DMM Bitcoinがおススメ

WITUALで付与される仮想通貨WITUALは、Pancakeswapなどの海外取引所に上場しています。

そのため、購入に必要な仮想通貨を、日本の取引所から送金する必要があります。

DMM Bitcoin_評判

ちなみに、海外取引所に送金する場合は、送金手数料が無料のDMM Bitcoinがおススメです。

DMM Bitcoinなら、他社で発生する2,000円以上の送金手数料がゼロになります(※BitMatch注文を除く)。

今なら新規口座開設だけで、2,000円分の現金が即時キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です(2022年4/1~8/1)。

DMM Bitcoinの登録はこちら

WITUALとは

Movetoearn_Witual

付与される仮想通貨WIRTUAL(WIRTUAL coins
ブロックチェーン
初期費用無料

【WIRTUAL(ウィーチュアル)の概要】

  • 走る、歩く、泳ぐ、サイクリングするなど、様々なワークアウトで仮想通貨が付与される
  • アプリ上のアバターに着せ替え可能なNFTアイテムが購入できる
  • UNDER ARMOURやHUAWEIなど、大手企業がスポンサー

WIRTUAL(ウィーチュアル)は、様々なワークアウトで仮想通貨が稼げるサービスです。

ユーザーごとにアバターキャラが存在し、付与されたWIRTUALで、アバターの洋服などを購入することが可能です。

また、WIRTUALのスポンサー企業には、スポーツ用品の有名ブランドであるUNDER ARMERや、大手スマホメーカーのHUAWEI等、名だたる有名企業がスポンサーとなっており、非常に将来性が高いサービスです。

2022年Q2には、複数の言語に対応するとのことですので、もしかすると日本語版がリリースされる可能性があります。

Move to earnとは

Move to earn

Move to earnとは、簡単に言えば、移動することで仮想通貨を稼ぐことです。

つまり、Move(歩く、走るなどの動く)の結果として、仮想通貨を稼ぐこと指します。

なおいくつのかサービスは、特定のスポーツをする動画を投稿することや、マップ上の報酬を集めるなど、必ずしも歩くという行動に縛られてはいないようです。

また、ゲーム内で獲得したNFTアイテムを売買したり、他のユーザーにレンタルすることで仮想通貨を得るなど、Move to earnのサービス内でも、様々な稼ぎ方が組み込まれています。

toBのMove to earnにも注力している

WITUALはすでにtoB領域におけるユースケースを持っています。

例えば、三菱モーターズや、独大手自動車メーカーのBOSCHをクライアントとして、WITUALのサービスを提供しているのです。ビジネス領域では、主に社員の福利厚生の一環として利用したいという企業ニーズがあるようで、WITUALはそれらに応えるサービスとして導入されているようです。

WITUALのロードマップ

WITUAL_ロードマップ

WITUALは公式サイトにて、今後のロードマップを公開しています。

【2022年Q2】

  • NFT Avatar 2.0ショップのリリース
  • ヘルスケア機能の実装
  • SNSアカウントとNFTの連携機能
  • 多言語対応
  • NFTの発行
  • 専用ハードウェアの事前販売

【2022Q3】

  • AR機能の実装
  • メタバース領域への拡大
  • ヘルスケアシステムのリリース
  • WITUAL LAB、WITUAL CAPITALの開始

2022年Q3には、AR機能やメタバース関連のアップデートがありますが、これはかなり注目度が高いイベントとなりそうです。

Move to earnのおススメのサービスまとめ!始め方から稼ぎ方、将来性も解説
Move to earnでおススメのサービスを紹介しています。今一番おススメのMove to earnは、Sweatcoinです。他にもSTEPN、STEP、DOSE、CARO等、様々なMove to earnサービスがあります。本記事では、Move to earnの始め方から稼ぎ方、将来性を解説しています。

WITUALとSTEPN(ステップン)の違い

stepn_Move to earn

Move to earnサービスとして、STEPN(ステップン)があります。

STEPNは、日本国内でMove to earnが流行る要因となった、Move to earnの先駆け的なサービスです。2022年1月頃から頻繁にTwitterにトレンド入りするなど、ユーザの間で非常に盛り上がっているMove to earnのサービスです。

では、WITUALとSTEPNは具体的に何が違うのでしょうか?

両方ともMove to earnの要素を取り入れたサービスではありますが、以下の通り異なる点があります。

WITUALSTEPN(ステップン)
初期費用の有無無料約20万~
報酬の仮想通貨WITUAL・GST
・GMT
利用するブロックチェーンSolana
対応OSiOS/AndroidiOS/Android

両者の大きな違いは、初期費用の有無です。

STEPNは、約20万円の初期費用が必要ですが、WITUALは初期費用はなく無料で始められます。

また、STEPNはランニングのみが仮想通貨を稼ぐ方法ですが、WITUALはランニング以外にも、スイミングなどのもMoveの対象となります。

Sweatcoin(スウェットコイン)は稼げる?始め方、将来性、仮想通貨SWEATの予想価格を解説
Sweatcoin(スウェットコイン)は、歩いて仮想通貨SWEATが稼げるMove to earnアプリです。仮想通貨SWEAT(Sweatcoin)予想価格は1SWEAT=6.5円以上です。本記事ではSweatcoinアプリの始め方、稼ぎ方、仮想通貨SWEATの将来性について解説しています。

WITUALの始め方

WITUALの始め方_Move to earn

WITUALは、以下の手順で始めることができます。

  1. ログインし登録する
  2. ヘルスケア関連のアプリを連携する
  3. アプリ内のチャレンジを選択する
  4. ワークアウトの結果をアプリに記録する

アプリ内には、チャレンジとよばれるワークアウトのミッションがあります。その中から自分が興味があるチャレンジを選びましょう。なお、チャレンジには特別な報酬やボーナスがもらえる有料版チャレンジもあります。

チャレンジで要求されたワークアウトの結果をアプリに登録してチャレンジを完了すると、仮想通貨WITUALが付与されます。

WITUALのレベル

WITUALには、7段階のユーザーレベルがあります。

  • 0.Default
  • 1.Starter
  • 2.Silver
  • 3.Gold
  • 4.Business
  • 5.Platinum
  • 6.Emerald
  • 7.Master

このレベルは、ウォレット内にあるWITUALの量で決まります。

また、レベルによって毎日獲得可能なWITUALの上限量が異なります。

No.レベル必要保有量(WITUAL)日本円換算(1WITUAL=90円)1日に獲得可能な枚数(WITUAL)
0Default100枚未満~9,000円0.1枚
1Starter100枚9,000円0.5枚
2Silver200枚18,000円1枚
3Gold500枚45,000円1.5枚
4Business1,500枚135,000円2枚
5Platinum 5,000枚450,000円2.5枚
6Emerald10,000枚9,000,000円3枚
7Masterリリース前

よりレベルが高いほど、必要なWITUALの必要保有量が増えますが、比例して、獲得可能なWITUALの上限額も増えます。

WITUALの稼ぎ方

現在公開されている情報から、dotmoovsの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 有料版チャレンジをクリアする
  2. レベルを上げる
  3. アバターのアイテムNFTを売買する

有料版チャレンジをクリアする

WITUALのチャレンジには、無料版と有料版のチャレンジがあります。

もちろん、無料版チャレンジでもWITUALを稼ぐことはできますが、有料版WITUALのほうがより多くの報酬を得ることが可能です。そのため、余力がある場合は、WITUALを使って有料版チャレンジに挑戦することをおススメします。

レベルを上げる

WITUALのレベルを上げるには、保有するWITUALの枚数を増やすだけです。

あとは毎日獲得可能な枚数分を稼ぐことで、貯めたWITUALでさらに上のレベルを狙うといったサイクルに乗れば、獲得するWITUALの枚数を増やし続けることができます。

もちろん、保有するWITUALには価格変動などのリスクがあります。

アバターのアイテムNFTを売買する

WITUALではユーザーがアバターとして登録されています。

このアバターは、洋服などのアイテムを購入することで、着せ替えなどができます。この着せ替えアイテムは、全てNFTであり、ゲーム内のマーケットプレイスで売買が可能です。

そのため、よりレアなアイテムを獲得した後に、マーケットプレイスで販売することでWITUALを獲得することができます。

仮想通貨WITUALの将来性

仮想通貨WITUAL_将来性

仮想通貨WITUALは、WITUAL内のチャレンジに対する報酬として受け取ったり、レベルUPやNFTアイテムの購入時に利用できます。

なおWITUALは、現在以下の取引所に上場しています。

  • LBank
  • BKEX
  • PancakeSwap (V2)

日本国内で取り扱っている取引所はありません(2022年5月時点)。

そのため、DMM Bitcoinなどで購入した仮想通貨を、Metamaskを経由して海外取引所に送金して購入する必要があります(※後述)。

仮想通貨WITUALのチャート・価格分析

仮想通貨WITUALの将来性

coinmarketcapにある、直近1ヶ月のWITUALのチャートはこちらです。

2022年4月には、一気に1MOOV=約180円の最高値を付けました。他のMove to earn系の仮想通貨(例:DOSE)も似たように価格が上昇したため、おそらくMove to earnのトレンドの影響を受けたのではないかと考えられます。

その後、仮想通貨業界全体の下落トレンドを受けて、価格が下落しますが、4月中旬頃から価格が上昇するような動きを見せています。

仮想通貨WITUALの将来性

Move to earnのトレンドなどから、総じて仮想通貨WITUALの将来性は高いといえるでしょう。

そもそも、WITUALではWITUALの保有量にレベルを設定しているため、WITUALに対する購入需要がある程度あるといえます。そのため、今後WITUALのユーザーが急増した場合、WITUALの価格が上昇する可能性があります。

また、ARやNFT領域におけるサービス拡大が発表されており、これらの実装タイミングでWITUALへの期待値かから、価格が急上昇する可能性があります。

仮想通貨WITUALの買い方

pancakeswap_Move to earn

仮想通貨DEFITの購入方法は、以下の通りです。

  1. DMM Bitcoin等でETHを購入する
  2. MetamaskにETHを送金する
  3. MetamaskをPancakeswapに接続する
  4. PancakeswapでETHをWITUALにスワップ(交換)する

2022年5月時点で、WITUALを取り扱っている日本国内の取引所はありません。

そのため、PancakeswapでWITUALを購入することをおススメします。分散型取引所のUniswapを使えば、低コストでWITUALが購入できます。

なおMetamaskにETHを送金するなら、送金手数料が無料のDMM Bitcoinを使いましょう。他社で発生する2,000円近くの送金手数料がゼロ円になります(※BitMatch注文を除く)。

DMM Bitcoinの登録はこちら

WITUALのまとめ

では、最後に本記事の結論を再掲しておきます。

  • dotmoovs(ドットムーブス)は、サッカーとダンスで稼ぐ、新しいMove to earnのサービス
  • dotmoovsにはブロックチェーン業界で著名な投資家・VCが投資しており、将来性は高い
  • すでに全世界150カ国でのサービス展開の実績があり、NFT・メタバース領域への参入もありうる
  • dotmoocvesで付与される仮想通貨MOOVを買うなら、PancakeSwapがおススメ
  • Pancakeswapで購入用の仮想通貨を送金するなら、DMM Bitcoinがおススメ

DMM Bitcoin_口座開設

なお、仮想通貨の購入のために、海外取引所に送金する場合は、送金手数料が無料のDMM Bitcoinを使いましょう。

今なら新規口座開設だけで、2,000円分の現金が即時キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です(~8/1)。

ぜひこの機会に、DMM Bitcoinの口座を開設しておきましょう。

DMM Bitcoinの登録はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました