OpenSea

スポンサーリンク
NFTで稼ぐ

ETH(イーサリアム)のガス代はいくら?リアルタイム価格が見れるサイトと節約方法

ETH(イーサリアム)のガス代のリアルタイム価格は約500円~1,500円です。ETH(イーサリアム)のガス代はETHネットワークの手数料であり、リアルタイムに変化します。ETHのリアルタイムのガス代は、EtherscanやGASFEEDASHBOARDで確認できます。
2023.09.26
NFTで稼ぐ

【最新】OpenseaがNFT同士の取引機能を使った|取引方法や利用方法を解説

OpenseaでNFT同士の取引機能(Make a Deal)をリリースしました。これはNFTホルダー同士が、NFT自体を交換(トレード)する機能です。本記事ではOpenseaのNFT取引機能の使い方や実際に使ってみた感想を解説します。
2023.09.17
NFTで稼ぐ

【改悪】Openseaがロイヤリティフィーを実質撤廃へ、売買者が2次流通手数料を設定可能に

Openseaがロイヤリティフィーを実質撤廃しました。今後Openseaでは売買者が2次流通手数料を設定可能になります。ただしロイヤリティフィーがなくなるわけではありませんが、NFTクリエイターの収益源につながるのでOpensea改悪との反応が多いです。
2023.09.17
NFTで稼ぐ

【最新】OpenSeaの販売手数料が無料に!背景と今後の動きを解説

OpenSeaの販売手数料は期間限定で無料です。他にもクリエイターへのロイヤリティ率は最低0.5%になりました。OpenSeaが販売手数料を無料にした理由は、BLURなど、手数料無料のマケプレによるユーザーの流出だと考えられます。
2023.08.19
NFTで稼ぐ

OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでのNFT出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。本記事では、OpenSeaでのNFT出品方法と、売れるもの、具体的な出品操作を解説します。
2023.08.18
NFTで稼ぐ

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?リアルタイムのガス代と安くする方法を解説!

本記事ではリアルタイムのOpenSeaのガス(GAS)代と確認方法を解説します。OpenSeaのGAS代は、約500~1,500円です。OpenSeaでは、NFT出品時にガス(GAS)代が発生します。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代の価格と、リアルタイムの確認方法、ガス(GAS)代を安くする裏技を紹介します。
2023.08.18
NFTで稼ぐ

OpenSea(オープンシー)を日本語表示する方法を解説

OpenSea(オープンシー)を日本語表示する方法を解説します。2023年1月時点でOpenSeaが日本語対応しました(WEB版のみ)。本記事では、WEB版のOpenSeaの日本語表示の方法と、MetamaskのスマホアプリでOpenSeaを日本語表示にさせる方法を解説します。
2023.08.18
NFTで稼ぐ

OpenseaでNFTアートが売れない?売れない理由と売れるコツを解説

NFTアートが売れない理由はプリモーションがうまくできていない可能性があります。NFTアートを売るコツは、TwitterなどSNSを使うことです。本記事ではNFTアートが売れない理由と、NFTアートをうまく売るコツを徹底解説しています。
2023.05.13
NFTで稼ぐ

【OpenSea】NFTのクリエイター手数料の徴収ツールを公表、ロイヤリティ制度の必要性訴える

2022年11月6日に、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」、公式ブログにて、NFTの取引時にクリエイターに支払われるロイヤリティの支払いを、オンチェーン上で強制的に実施するためのツールを、GitHubで公開しました。このツールはにより、NFTクリエーターは、強制的にオンチェーンでのロイヤリティを徴収することができます。
2023.02.11
NFTで稼ぐ

OpenSeaの運営会社「Ozone社」とは?創業者や売上高などまとめ

OpenSeaの運営会社は「Ozone Networks, Inc」です。OpenSeaの2022年の売上高は、推定で約500億円です。2022年9月の売上は35億円です。本記事では、OpenSea運営会社のOzone社の創業者や売上高、資金調達額をまとめています。
2023.02.11
NFTで稼ぐ

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!

OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。
2023.01.19
NFTで稼ぐ

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に
2022.10.25
NFTで稼ぐ

OpenSeaが3億ドルの資金調達を発表、評価価値は133億ドルに

2022年1月4日に、OpenSeaはシリーズCラウンドで、3億円の資金調達を実施することを発表しました。今回の資金調達はParadigm と Coatueが主導し、OpenSeaの評価額は133億ドル(約1.5兆円)になりました。OpenSeaは、今後はNFTだけでなく、今注目されているWeb3.0の領域における高い品質の顧客体験を、コミュニティのパートナー達と実現することを目指すようです。
2022.10.25
NFTで稼ぐ

NFTアートとは?メリットや出品方法、仕組み、参入企業を紹介

NFTアートとは、NFT(非代替性トークン)として発行したアート作品です。NFTアートを出品・販売するなら、NFTマーケットプレイスであるOpenSeaがおススメです。NFTアートを領域には、LINEやメルカリ、楽天などの企業が参入を発表しています。本記事ではNFTアートの概要と、出品・販売方法、仕組み、参入企業を紹介しています。
2022.10.25
NFTで稼ぐ

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
2022.10.02
NFTで稼ぐ

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
2022.09.09
NFTで稼ぐ

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
2022.08.02
スポンサーリンク
【最新】仮想通貨をタダでもらう方法
詳細はこちら
【最新】仮想通貨をタダでもらう方法
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました