OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSea_アプリ

2021年9月17日に、OpenSeaはモバイルアプリ(iOS版/Android版)をリリースしました。

このモバイルアプリにより、

  • OpenSeaのNFTの閲覧
  • OpenSeaランキングページで最新情報の確認
  • ヘルプセンターにアクセス
  • OpenSeaブログの閲覧

といったことがスマホ上で可能となりました。

なお、モバイルアプリ上でのNFTの出品及び購入機能は、現時点では実装されていません。

自分のNFTの販売状況をスマホで確認

OpenSea_アプリ1

スマホ上でNFTを友達にシェア

OpenSea_アプリ2

お気に入りのNFTをスマホで探せる

OpenSea_アプリ3

OpenSeaはユーザーからのフィードバックを開発メンバーに共有するために、OpenSeaのYouTubeの動画の下のコメントもしくは、Discordで意見を募集しています。

なお、OpenSeaのアプリにログインする場合は、Metamaskのアプリを準備しておくことをおススメします。

OpenSeaの8月アップデートまとめ、近日中にアプリをリリース予定
OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。
OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!
OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました