OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に

OpenSeaが、公式ブログにて直近のOpenSeaのアップデートに関して発表しました。

注目は、出品者向けに実装したとされる2つの新機能です。

  1. オファー管理の改善
  2. 数秒以内でのNFT出品

オファー管理の改善

opensea_update_october

OpenSeaの運営側が多くの所有者や販売者から寄せられる大きな不満の1つに、NFTに対して低額のオファーがメールの受信トレイが殺到することだそうです。

そのため、OpenSeaの運営側はこのユーザーからの不満を和らげるために、OpenSeaの出品者のために、以下の3つの改善を実施しました。

オファー候補者のリスト作成

opensea_update_october1

1つ目は、提示価格からそれほど遠くない入札を受け取った場合に、交渉を開始するためのカウンターオファーのリストを作成する機能です。

これにより、自分が希望する価格に近い希望を出したリストの候補者と、スムーズに交渉を行うことが可能となります。

最低価格との比較インジケーターの表示

opensea_update_october2

オファーが多すぎるとどのオファーが適正価格であるか、判断することが難しくなってしまいます。そこでその日の最低オファー価格と比較可能なインジケーターを表示する機能が追加されました。この機能により、適正なオファー価格を判断することが可能となります。

最低オファー価格の設定

opensea_update_october3

非常に低いオファー価格を避けるために、NFTの最小オファー額を設定できるようになりました。この機能により、出品者は最低オファー額を下回るオファーが出せなくなります。

数秒以内でのNFTの即時掲載

opensea_update_october4

今年の初めに、Polygonブロックチェーン上でもNFTが発行可能となりましたが、ETHブロックチェーンとの相違点などから、使い勝手が悪い面が見受けられたそうです。

今回は今後の新機能追加も視野に入れ、OpenSeaのプラットフォーム全体での販売体験を統一するために、フローを再設計し、販売しているチェーンに関係なくNFTを簡単に一覧表示できるように改善したそうです。

改善点の概要:

  • PolygonおよびEthereumNFTのリストフローを統合
  • リストを高速化するために、ユーザーインターフェイスをクリーンアップ
  • プロセスと機能をより明確にするために、言語を微調整

出品者向けの2つの新機能実装に加え、以下の3つのアップデートも実施したようです。

  1. 販売スケジュールカレンダーのUI変更
  2. バンドル販売フローの改善
  3. リスト化方法の改善

これらの改善により、NFTを数秒で出品することが可能となったようです。

今後のアップデート内容

今後は、OpenSeaが現在目指しているGAS代を支払わない「GAS FREE(ガスフリー)」な市場構築のために、主にPolygon向けのアップデートを実施するようです。

  • Polygonオークション
  • Polygonバンドル

今後もOpenSeaのアップデートについて更新していきます。

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。
OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!
OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました