Move to earnのdotmoovsとは?始め方、稼ぎ方、STEPNとの違いを解説!

今非常に注目されているMove to earn。Move to earnは、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨がもらえるという、BCG(ブロックチェーンゲーム)の1種です。

特に2022年1月頃から、Twitter上などで、Move to earnサービスである「STEPN(ステップン)」が頻繁にトレンド入りするようになりました。STEPNは、限定のNFTスニーカーを獲得して、歩いたり走ったりすると、仮想通貨が稼げるということから、非常に注目されるようになりました。

一方、STEPN(ステップン)は、初期費用が高いなどのネガティブな意見があり、参入するか迷っている人もかなりいるとされています。

そんな中、初期費用なしで、無料でMove to earnが始められるサービスがあります。

しかも、STEPNのようにランニングをする必要もなく、短時間だけサッカーとダンスをするだけです。

それが、今回紹介する「dotmoovs(ドットムーブス)」です。

dotmoovs(ドットムーブス)は、サッカーやダンスの動画を投稿して、全世界のユーザーと競いあって仮想通貨を獲得する、新しいMove to earnのサービスです。

2021年のローンチ移行、すでに全世界150カ国でサービスを提供しており、今後はバスケやボクシングの機能も追加していくようです。

では、先に本記事の結論を書いておきます。

  • dotmoovs(ドットムーブス)は、サッカーとダンスで稼ぐ、新しいMove to earnのサービス
  • dotmoovsにはブロックチェーン業界で著名な投資家・VCが投資しており、将来性は高い
  • すでに全世界150カ国でのサービス展開の実績があり、NFT・メタバース領域への参入もありうる
  • dotmoocvesで付与される仮想通貨MOOVを買うなら、PancakeSwapがおススメ
  • Pancakeswapで購入用の仮想通貨を送金するなら、Coincheck(コインチェック)がおススメ

dotmooveで付与される仮想通貨MOOVは、Pancakeswapなどの海外取引所に上場しています。

そのため、購入に必要な仮想通貨を、日本の取引所から送金する必要があります。

ちなみに、仮想通貨取引ならCoincheck(コインチェック)がおススメです。

コインチェック

今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

dotmoovs(ドットムーブス)

dotmooves_Move to earn

付与される仮想通貨MOOV(Mooves)
ブロックチェーン
初期費用無料

【dotmoovsの概要】

  • 初期費用無しで、無料で始められる
  • サッカーかダンスの動画を投稿するだけ
  • 投稿した動画のパフォーマンスをP2Pで対戦できる
  • 限定NFTが発行される
  • 2024年までに様々なアップデートが予定されている

dotmoovs(ドットムーブス)は、サッカー関連もしくはダンス関連の動画をアップロードすることで、仮想通貨が付与されるサービスです。ダンスの要素もあるので、「Dance to earn」というテーマも掲げています。

ユーザーはサッカーかダンスの動画をアップロードすると、他のユーザー同士でパフォーマンスを比較(対戦)されます。dotmoovsのAIによってどちらがうまいかが評価され、上手い方にポイントが加算されます。

またサービス内限定のNFTが発行されており、NFTマーケットプレイスで売買が可能です。

公式サイトに今後のロードマップが公開されており、すでに2024年までに、様々なアップデートを予定しているようです。

Move to earnとは

Move to earn

Move to earnとは、簡単に言えば、移動することで仮想通貨を稼ぐことです。

つまり、Move(歩く、走るなどの動く)の結果として、仮想通貨を稼ぐこと指します。

なおいくつのかサービスは、特定のスポーツをする動画を投稿することや、マップ上の報酬を集めるなど、必ずしも歩くという行動に縛られてはいないようです。

また、ゲーム内で獲得したNFTアイテムを売買したり、他のユーザーにレンタルすることで仮想通貨を得るなど、Move to earnのサービス内でも、様々な稼ぎ方が組み込まれています。

dotmoovsのロードマップ

dotmoovsは公式サイトにて、今後のロードマップを公開しています。

【2022年Q1】

  • 新しいスポーツのNFTのリリース
  • スポーツトーナメントの実施

【2022年Q2】

  • ファンコミュニティの運営開始
  • ファン向けのマーケットプレイスのリリース

現在サッカーとダンスのみが対象ですが、今後別のスポーツが追加されることも予定されているようです。

Goolge Playのアプリ画像を見たところ、ボクシングとバスケが次にリリースされるようです。

Move to earnのおススメのサービスまとめ!始め方から稼ぎ方、将来性も解説
Move to earnでおススメのサービスを紹介しています。今一番おススメのMove to earnは、Sweatcoinです。他にもSTEPN、STEP、DOSE、CARO等、様々なMove to earnサービスがあります。本記事では、Move to earnの始め方から稼ぎ方、将来性を解説しています。

dotmoovs(ドットムーブス)とSTEPN(ステップン)の違い

stepn_Move to earn

Move to earnサービスとして、STEPN(ステップン)があります。

STEPNは、日本国内でMove to earnが流行る要因となった、Move to earnの先駆け的なサービスです。2022年1月頃から頻繁にTwitterにトレンド入りするなど、ユーザの間で非常に盛り上がっているMove to earnのサービスです。

では、dotmoovsとSTEPNは具体的に何が違うのでしょうか?

両方ともMove to earnの要素を取り入れたサービスではありますが、以下の通り異なる点があります。

dotmoovsSTEPN(ステップン)
初期費用の有無無料約20万~
報酬の仮想通貨MOOV・GST
・GMT
利用するブロックチェーンBSCSolana
対応OSiOS/AndroidiOS/Android

両者の大きな違いは、初期費用の有無です。

STEPNは、約20万円の初期費用が必要ですが、dotmoovsは初期費用はなく無料で始められます。

また、STEPNはランニングのみが仮想通貨を稼ぐ方法ですが、dotmoovsはサッカーなどのパフォーマンスをユーザー間で競わせるため、Move to earnのMoveの中身が大きく違います。

STEPN(ステップン)は稼げない?検証したら1日2,000円も稼げた
STEPNは稼げないという意見がありますが、STEPNはまだ稼げる可能性が高いです。実際にSTEPNは稼げないのか検証したら、1日平均2,000円稼げました。STEPNを始めるには、仮想通貨SOLが買えるLiquid(リキッド) By FTXの口座を開設しましょう。

dotmoovs(ドットムーブス)の始め方

dotmoovs_始め方

dotmoovsは、以下の手順で始めることができます。

  1. アプリをダウンロードする
  2. スポーツの動画を撮影し、アップロードする
  3. P2P機能で他ユーザーと対戦する

アプリをダウンロードする

まずはアプリをダウンロードしましょう。

アプリをダウンロードしたら、ログイン情報を入力し、アカウントを発行します。

スポーツの動画を撮影し、アップロードする

次にサッカーかダンスを選び、動画を撮影しましょう。

MOOV機能で他ユーザーと対戦する

最後にMOOV機能で世界中にいるユーザーとパフォーマンスの対戦しましょう。

dotmoovsでは、AIによって自動的にパフォーマンスが評価され、2人のユーザーの勝敗が決定します。

dotmoovs(ドットムーブス)の稼ぎ方

dotmoovs_稼ぎ方

現在公開されている情報から、dotmoovsの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. MOOV機能でMOOVを獲得する
  2. ステーキングしてMOOVを増やす
  3. NFTを売買・レンタルする

MOOV機能でMOOVを獲得する

MOOV機能で他のユーザーと対戦することで、MOOVとNFTが付与されます。

またMOOV機能をたくさん利用して各マイルトーンをクリアすることで、より多くのMOOVや限定NFTが付与されます。

ステーキングしてMOOVを増やす

MOOVはステーキングが可能です。

仮想通貨のステーキングとは、銀行の金利のように、保有する仮想通貨をバリデータと呼ばれるホルダーに預けることで、新規で発行された通貨の一部が報酬として付与される仕組みです。MOOVをステーキング機能を使い、DEFITを預けておくだけで定期的にMOOVが付与されます。

ただし、ステーキング中は、一定期間MOOVが引き出せないことや、ステーキング中のMOOVの資産価値が減少するリスクもあります。

NFTを売買・レンタルする

MOOV機能の報酬で得たNFTを販売することができます。

またNFTを他のユーザーにレンタルすることで報酬を受け取ることもできます。

仮想通貨MOOVの将来性

MOOV機能の利用や、マイルストーンのクリアなどの報酬として、仮想通貨MOOV(Dotmoovs)が付与されます。

なおMOOVは、現在以下の取引所に上場しています。

  • MEXC
  • Gate.io
  • BKEX
  • PancakeSwap (V2)

日本国内で取り扱っている取引所はありません(2022年5月時点)。

そのため、Coincheck(コインチェック)などで購入した仮想通貨を、Metamaskを経由して海外取引所に送金して購入する必要があります(※後述)。

仮想通貨MOOVのチャート・価格分析

dotmoovs_仮想通貨MOOV_将来性

coinmarketcapにある、直近3ヶ月のMOOVのチャートはこちらです。

2022年4月には、一気に1MOOV=約10円の最高値を付けました。他のMove to earn系の仮想通貨(例:DOSE)も似たように価格が上昇したため、おそらくMove to earnのトレンドの影響を受けたのではないかと考えられます。

その後、仮想通貨業界全体の下落トレンドを受けて、価格が下落しますが、4月中旬頃から価格が上昇し、最高値を更新するほどの勢いで高騰しました。

仮想通貨MOOVの将来性

Move to earnのトレンドを受け、仮想通貨MOOVの将来性は高いといえるでしょう。

今後、新しいスポーツ機能のリリースなど、dotmoovsはさらにサービスの拡大などを考えると、今後も価格がぞ上昇する可能性があるといえるでしょう。

仮想通貨MOOVの買い方

pancakeswap_Move to earn

仮想通貨DEFITの購入方法は、以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)等でETHを購入する
  2. MetamaskにETHを送金する
  3. MetamaskをPancakeswapに接続する
  4. PancakeswapでETHをMOOVにスワップ(交換)する

2022年5月時点で、MOOVを取り扱っている日本国内の取引所はありません。

そのため、PancakeswapでMOOVを購入することをおススメします。

分散型取引所のUniswapを使えば、低コストでMOOVが購入できます。

dotmoovsのまとめ

では、最後に本記事の結論を再掲しておきます。

  • dotmoovs(ドットムーブス)は、サッカーとダンスで稼ぐ、新しいMove to earnのサービス
  • dotmoovsにはブロックチェーン業界で著名な投資家・VCが投資しており、将来性は高い
  • すでに全世界150カ国でのサービス展開の実績があり、NFT・メタバース領域への参入もありうる
  • dotmoocvesで付与される仮想通貨MOOVを買うなら、PancakeSwapがおススメ
  • Pancakeswapで購入用の仮想通貨を送金するなら、Coincheck(コインチェック)がおススメ

コインチェック

今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

STEPN(ステップン)は稼げない?検証したら1日2,000円も稼げた
STEPNは稼げないという意見がありますが、STEPNはまだ稼げる可能性が高いです。実際にSTEPNは稼げないのか検証したら、1日平均2,000円稼げました。STEPNを始めるには、仮想通貨SOLが買えるLiquid(リキッド) By FTXの口座を開設しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました