nft

NFTを販売する

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に
NFTについて学ぶ

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
NFTについて学ぶ

GMOのNFT「Adam(アダム) byGMO」がサービス開始!メリット・デメリット、登録方法を解説!

2021年8月31日に、GMOのNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO(β版)」がリリースされました。「Adam byGMO」では、ETHだけでなく、法定通貨の日本円でNFTが購入できる日本初のNFTマーケットプレイスです。本記事では、「Adam byGMO」のメリット・デメリットと登録方法を解説しています。
NFTについて学ぶ

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
NFT銘柄を買う

NFT銘柄のおススメ7選!ETH、AXS、TXZ、ENJなどおススメのNFT銘柄を解説!

NFT銘柄のおススメは、ETH(イーサリアム)、THETA(テータ)、AXS(アクシズ)、XTZ(テゾス)、CHZ(チリーズ)、MANA(ディセンドランド)、ENJ(エンジン)の7銘柄です。NFT銘柄でおススメの取引所は、Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)です。
NFTについて学ぶ

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!

OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。
NFTについて学ぶ

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
NFTについて学ぶ

NFTはどこで買えるの?NFTマーケットプレイスでのNFT購入方法や、購入に必要なモノ、購入時に注意点を徹底解説!

NFTは、NFTマーケットプレイスで購入することができます。NFTマーケットプレイスとは、NFT取引を専門としたマーケットサービスです。NFT購入には、MetaMaskといったブロックチェーンウォレットと、決済に利用するイーサリアムなどの仮想通貨が必要です。NFTマーケットプレイスは、扱うコンテンツや仮想通貨で選ぶのがおススメです。
NFTについて学ぶ

BINANCE(バイナンス)のNFTマーケット、BINANCE NFTとは?6月から稼働開始予定

中国の大手仮想通貨取引所のBINANCE(以下、バイナンス)は、2021年6月にNFTマーケットプレイスである「BINANCE NFT」をリリースすることを発表しました。BINANCE NFTのメリットは、①大手仮想通貨取引所BINANCEによる集客力②「Premium Event」という著名クリエイター専用マーケット③1~10%という販売手数料の低さです。
NFTについて学ぶ

書道家武田双雲氏が「Crypto早雲」で初のNFT販売、購入方法とオークション期間は?

日本の書道家として有名な武田早雲氏が、自身初のNFTを販売することが発表されました。最先端デジタル技術と、武田氏とのコラボレーションで、「書」の表現・可能性を既成概念にとらわれずに切り開いていく試みである「Crypto早雲」プロジェクトの第1弾として、世界に1つしかない武田氏の作品を2種類、NFT化し、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売するようです。
タイトルとURLをコピーしました