仮想通貨Solana(ソラナ/SOL)の将来性は高い?購入可能な取引所と買い方を解説

仮想通貨Solana(ソラナ)_将来性

仮想通貨Solana(コスモス/ATOM)は、非常に高速な処理スピードを誇る、Solanaブロックチェーンのトークンです。

Solanaのプロトコルは、分散型アプリケーションの開発ように設計されています。

そのため、分散型のブロックチェーンとして知名度が高い、市場規模第2位のETH(イーサリアム)に代わる銘柄として注目されており、仮想通貨界隈では「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

そんなSolanaは、その非常に高い期待値から、2021年には価格がなんと80倍になった銘柄です。

期間(2021年)1月11月(最高値)
価格3.7ドル236.47ドル

仮想通貨Solana_将来性

画像引用:Coinmarketcap

Solanaは、2021年に価格の急上昇を遂げた銘柄ですが、今注目されているdAppsや、DeFi、NFTなどの注目領域の拡大に合わせ、更なる価格上昇が見込まれる銘柄でもあります。

では、先に本記事のポイントをまとめます。

【本記事のポイント】

  • 「イーサリアムキラー」として今後も価格が上昇する可能性が高い
  • DeFiやNFT領域のプロジェクトが多数進行しており、価格上昇のイベントが多い
  • 「SolanaPay」で決済領域にも参入しており、今後のビジネス拡大への期待が大きい
  • ブロックチェーンウォレットで誰でもステーキングができる
  • 日本国内でSOLが買えるのは、Liquid by FTXだけ

今回はSolanaについて知りたい方向けに、Solanaの特徴、将来性、さらにSolanaの購入方法を解説します。

ちなみにSolanaを買うなら、 Liquid by FTX(リキッド)がおススメです。

仮想通貨SOLが購入可能な取引所

Liquid by FTXは、日本国内で唯一Solanaを取り扱っている取引所です。

元々Liquid by Quoineという、Quoine(コイン)社が運営する取引所でしたが、2022年にバハマを本拠に置く世界最大級の仮想通貨取引所である「FTX」に買収され、Liquid by Quoineに名称が変更になりました。

日本国内でSolanaが買えるのは、Liquid by FTXのみですので、口座を開設しておきましょう!

Liquid by FTXの登録はこちら

仮想通貨Solana(ソラナ/SOL)とは

仮想通貨Solana_将来性

種別概要
発行上限枚数4億8900万枚
発行済み枚数2億6000万枚(2022年1月)
ブロックチェーンプロトコルプルーフオブヒストリー(PoH)コンセンサス

仮想通貨Solana(ソラナ/SOL)は、分散型金融「DeFi」のソリューションを提供するために、開発されたオープンソースプロジェクトで発行されるネイティブトークンです。

Solanaのエコシステム上では、すでに262以上のプロジェクトの開発や運営が進んでおり、さらにエコシステム上では約1480億ドル(約15兆円)のデジタル資産が流通しています。

Solanaを運営しているのはスイスのジュネーブに本社を置く、Solana Foundation(ソラナ財団)であり、2017年に同財団によって設立されました。

Solanaブロックチェーンの開発者は、元DropboxのエンジニアであるAnatoly Yakovenko氏です。同氏は知り合いのエンジニアとともに、SolanaLabsというプロジェクトを設立し、2020年にはソラナプロトコルとSOLトークンを一般にリリースしました。

なお、2022年1月時点でのSolanaの発行枚数は、2億6000万枚です。Solanaの発行枚数上限は、4億8900万枚枚と決まっていますので、約6割近くがすでに発行されています。

仮想通貨Solana(ソラナ/SOL)の特徴

仮想通貨Solana_将来性

仮想通貨Solanaの特徴は、以下の3つです。

  • 高速なトランザクション処理スピードを誇る
  • 圧倒的に低いトランザクション手数料の低さ
  • DeFi領域において様々なプロジェクト実績を誇る

高速なトランザクション処理スピードを誇る

仮想通貨Solana_将来性Solanaは、プルーフオブステーク(PoS)と、プルーフオブヒストリー(PoH)を組み合わせた、ハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

  • プルーフオブステーク(PoS):対象トークンの保有量によってマイニング(トランザクション処理)を行うプロトコル。電力消費が激しいプルーフオブワーク(PoW)の代わりに多くのブロックチェーンで採用されている。
  • プルーフオブヒストリー(PoH):トランザクション処理が実施される前後に、トランザクションが正しいことを証明するスタンプをスグに発行するプロトコル。トランザクション前後にスタンプを発行するため、高速処理が実現できる。

PoSのメリットとPoHという独自のアルゴリズムを両立した、ハイブリッドコンセンサスアルゴリズムによって、Solanaは高速のトランザクション処理スピードを実現します。

実際に、BTCやETHの1件当たりのトランザクション処理スピードを数値で比較してみると、そのスピードは歴然です。

BTCやETHにブロックチェーンは、1秒間に数件のトランザクションしか処理できない一方、Solanaは1秒間になんと最大50,000件ものトランザクションを処理可能となっています。

ブロックチェーン処理速度/秒
BTC7件
ETH14件
Solana2,000~50,000件

特に分散型金融(DeFi)の領域において、主要なブロックチェーンであるETHよりも早い処理スピードを誇るため、「イーサリアムキラー」と呼ばれ、仮想通貨業界ではETHに代わるブロックチェーンとして注目されています。

また、Solanaは、パイプラインインフラストラクチャとCloudbreakプロトコルにより、メインチェーンとは別にネットワークを構築するレイヤー2ソリューションに依存する必要がなく、Solanaのブロックチェーンのみでスケーラビリティ問題に対処することが可能となっています。

圧倒的なトランザクション手数料の低さ

仮想通貨Solana_将来性

Solanaのトランザクション手数料は、非常に安くなっています。

Solanaの1トランザクション当たりのコストは、0.00025ドル(約0.02円)となっています。

このトランザクション当たりの手数料も、BTCやETHのコストと比較すると、Solanaが圧倒的に安いことが分かります。

ブロックチェーントランザクション手数料
BTC1.78ドル~62ドル(約178円~6,200円)
ETH1.59ドル~70ドル(約160~7000円)
Solana0.00025ドル(約0.02円)

DeFi領域において様々なプロジェクト実績を誇る

2021年にSolanaが注目された理由に、分散型金融「DeFi」領域の拡大があります。DeFiとは、中央管理者を必要とせずに、スマートコントラクトなどで自動的に金融サービスを実現できるサービスを指します。

Solanaは、その高いトランザクションの処理スピードと、レイヤー2に依存せずにスケーラビリティ問題に対処できることから、DeFiのサービスと非常に相性が良いため、様々なDeFiプロジェクトがSolanaのブロックチェーン上で開発されています。

例えば、O3Swap、Arweave、SolStarter、Oxygenなどの多くの主要なDeFiプロジェクトが、Solanaのブロックチェーン上で開発されました。また、DEX(分散型取引所)として知名度が高い「OpenOcean」もSolanaプラットフォームに統合されました。

2021年初頭に注目され始めたDeFiですが、今後も更なる成長が期待されています。それに伴い、Solanaへの期待値も高まるとされています。

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
仮想通貨×NFT×DeFiの最新情報サイト

仮想通貨Solanaの価格上昇の理由

画像出典:coinmarketcap

2021年中に、Solanaには大きく2回の価格上昇のイベントが起こっています。

その価格急上昇の要因は、主に以下の2つだとされています。

  1. dAppsプロジェクトの増加
  2. NFTへの資金流入

dAppsプロジェクトの増加

2021年6~7月は、仮想通貨業界でも「dApps(分散型アプリケーション)」に注目が集まった時期です。

Solanaのブロックチェーン上でも、dApps関連のプロジェクトが増加したため、Solanaブロックチェーンに対する期待値が高まり、価格の上昇につながったと考えられます。

NFTへの資金流入

2021年9月頃は、NFT(非代替性トークン)への資金流入が盛んになって時期です。

例えば、2021年8月~9月にかけて、大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」のユーザー数は、数倍になるなど、NFT領域への資金流入が活発になりました。

Solanaのプロジェクトの中にも、NFT関連のプロジェクトが開発されるなど、NFT領域の高まりを受けて、SOLの価格が上昇したと考えられます。

仮想通貨Solanaの将来性は高いのか

仮想通貨Solana_将来性

結論から言えば、仮想通貨Solanaの将来性は非常に高いといえます。

その理由は主に、以下の3つです。

  1. DeFi関連プロジェクトの拡大
  2. 「STEPN」のアップデート
  3. SolanaPayによる決済領域への参入
  4. Web3.0関連プロジェクトの拡大

DeFiプロジェクトの拡大

Solanaは、その高速なトランザクション処理能力から、DeFi関連のプロジェクトが多数開発されています。

  • Orca
  • Saber
  • Serum
  • Drift Protocol
  • Raydium
  • Mango

STEPNのアップデート

仮想通貨SOLの将来性_STEPNのアップデート

2022年1月頃から、ネット上で「Move to earn(動いて稼ぐ)」として、動くことで仮想通貨が稼げる「STEPN」が注目されるようになりました。

STEPNは、ランニングシューズのデザインをしたNFTを購入し、スマホを持って移動することで、移動した分、仮想通貨が付与されるサービスです。

実はこのSTEPNは、Solanaブロックチェーン上で開発されており、SolanaのNFT関連プロジェクトの中でも非常に有望です。

STEPNでは、公式サイトにある通り、以下のスケジュールでアップデートを予定しています。

仮想通貨SOLの将来性

これらのアップデートの実施時期に近づくと、SOLの価格が上昇する可能性があります。

なおSolanaでは、他にもNFTマーケットプレイスのプロジェクト開発も進んでいます。

  • Metaplex
  • Solanart
  • Solanalysis
  • Magic Eden
  • Solsea
  • DigitalEyes Market
Sweatcoin(スウェットコイン)は稼げる?始め方、将来性、仮想通貨SWEATの予想価格を解説
Sweatcoin(スウェットコイン)は、歩いて仮想通貨SWEATが稼げるMove to earnアプリです。仮想通貨SWEAT(Sweatcoin)予想価格は1SWEAT=6.5円以上です。本記事ではSweatcoinアプリの始め方、稼ぎ方、仮想通貨SWEATの将来性について解説しています。

Web3.0関連プロジェクトの拡大

DeFi、NFTプロジェクトに加えて、SolanaではWeb3.0のプロジェクト開発が進んでいます。

  • Audius
  • Grape Protocol
  • Squads
  • Wum.bo
  • Brave Browser
  • Bonfid

仮想通貨Solana_Brave Browser

例えば、最近注目されている分散型Webuブラウザである「Brave Browser」もSolana上で開発されています。

2021年11月に、SolanaとBraveの運営元がパートナーシップを結ぶことを発表し、BraveにSolanaブロックチェーンのウォレットが採用されることが発表されました。これまでBraveは、検索による対価としてBAT(ベーシックアテンション)が付与されることで注目されていました。

Solana Breakpointカンファレンスで、Brave/BATのCEO兼共同創業者であるBrendan EichとSolana LabsのCEO兼創業者であるAnatoly Yakovenko氏は、両社が協力して2022年前半にデスクトップおよびモバイルのWeb3ブラウザであるBraveにSolanaブロックチェーンの最高クラスのウォレット機能を導入することを発表しました。

Braveは、SolanaブロックチェーンをBraveブラウザに統合し、Braveの4200万人の月間アクティブユーザーと130万人の認証CreatorにSolanaエコシステムのサポートを標準提供します。また、Braveは近いうちにSolanaをクロスチェーンとSolanaネイティブであるDAppsのデフォルトにします。

出典:Brave「BraveとSolanaのパートナーシップを発表します」

また、プレスリリースでは、今後BraveがSolanaをクロスチェーンとSolanaネイティブであるDAppsのデフォルトにすることも発表されました。

Braveは無料版Youtubeプレミアム!?BATがもらえるWeb3.0のブラウザとは?
Braveは、広告をブロックし仮想通貨BATがもらえWeb3.0サービスです。Youtube広告もブロックするため、無料版YoutubePremiumとして使えます。Web3.0を体験するなら、Braveでブラウジングしてみましょう。本記事ではBraveの特徴、メリット、デメリット、評判、Brave以外のWeb3.0のサービスを紹介しています。

「SolanaPay」による決済領域への参入

2022年2月に、SolanaPayがリリースされました。

SolanaPayは、Solanaブロックチェーン上で開発された、JavascriptのSDKを使った決済サービスです。1秒間に6万5000回のトランザクションを処理という、高速処理に強みを持っています(一方、BTCは1秒間に7回、イーサリアムは13回ほど)。

すでに、大手仮想通貨取引所であるFTXのウォレットにも対応しており、PayPayのようなQRコード決済の機能もリリースしています。

Solanaのステーキング

solanaのステーキングのやり方

Solanaは、一定額のSOLを預けることで、SOLが付与されるステーキングが可能です。

最近では仮想通貨によるステーキングが注目されており、Solanaはその中でも安定した利回りが出せることで、非常に注目されています。

Solanaのステーキングへの注目が集まるほど、Solanaを購入するユーザーが増え、Solanaの価格上昇につながる可能性があります。

なお、Solanaのステーキングの方法と、予想利回りは以下の通りです。

ステーキング方法利回りバリデーターの選択権
BINANCEの定期ステーキング8%~11%無し
phantomでのステーキング6%有り

仮想通貨Solanaの将来価格はいくら

仮想通貨Solana_将来価格

画像引用:Wallet Investor

では、Solanaの将来価格は、どうなるのでしょうか?

結論から言えば、Solanaの将来価格は、今後も上昇すると予想されています。

ここでは、海外の仮想通貨の価格予想サイトのデータを3つまとめてみました。

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
WalletInvestor329.508ドル1279.820 ドル
Digitalcoin60.11 ドル301.03ドル
TradingBeasts104.838~154.173ドル

Solanaの将来価格(1)WalletInvestor

仮想通貨Solana_将来価格

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
WalletInvestor329.508ドル1279.820 ドル

Wallet InvestorでのSolanaの将来価格は、上昇基調を示しています。

Solanaに対するWallet Investorのコメントは、以下の通りです。

  • 1年以内に価格が329.508ドルにまで上昇する可能性がある
  • 1年で価格が+227.55%上昇する可能性がある
  • 5年後の2027年には価格が1279.820ドルまで上昇する可能性がある

総じて、価格が上昇する回答が多くなっています。

Solanaの将来価格(2)Digitalcoin

仮想通貨Solana_将来性

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
Digitalcoin60.11 ドル301.03ドル

DigitalcoinでのSolanaの将来価格も、WalletInvestorと同様に、上昇基調を示しています。

2026年を除き、基本的に価格が上昇すると予測しており、7年後の2029年には、428.01ドルまで価格が上昇すると予測しています。

Solanaの将来価格(3)TradingBeasts

仮想通貨Solana_将来性

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
TradingBeasts104.838~154.173ドル

TradingBeastsでは、年末にかけてSolanaの価格が徐々に上昇していくと予想しています。

2022年12月には、価格が約104.838~154.173ドルになると試算しています。

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は?買い方や取扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高いです。仮想通貨ICPはWeb3.0銘柄として注目されています。本記事では、仮想通貨ICPP(インターネットコンピューター)の将来性や将来価格、取扱い取引所、買い方を解説します。仮想通貨ICPを買うするならBinance(バイナンス)がおススメです。

仮想通貨Solanaが購入可能な取引所

 

仮想通貨Solanaが購入可能な取引所は、以下の通りです。

日本では2022年4月時点で、Liquid by FTX(旧:Liquid by Quoine)のみ取り扱っています。

仮想通貨Solanaが買える取引所

【Liquid by FTX(旧:Liquid by Quoine)のメリット】

  1. 日本円入金が簡単・速い(ジャパンネット銀行への振込なら入金ID不要・即時反映)
  2. BTC/JPYおよびQASHを含む通貨ペアの現物取引手数料無料、レバレッジ取引手数料無料(別途ポジション管理料が発生します)
  3. スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
  4. 0.001BTC(ビットコイン)から取引可能・レバレッジは最大4倍
  5. 大口トレーダーも大満足の流動性・発注数量、保有建玉量(それぞれ制限はあり)

なお、Liquidを運営するリキッドグループ(Liquid Group Inc)は、アメリカの大手仮想通貨取引所のFTXグループに買収されたため2022年4月よりサービス名がLiquid by FTXに変更されました。

また、LiquidではFTXグループが発行する独自トークンである「FTXトークン(FTT)」も日本で唯一取り扱っています。

日本国内でSolanaを購入するなら、Liquid by FTXの口座を開設しましょう。

Liquid by Quoineの登録はこちら

海外で仮想通貨Solanaを買うならbybitがおススメ

bybit

海外の取引所で安くSolanaを購入するなら、bybitがおススメです。

bybitをおススメする理由として、

  1. 日本語に対応している
  2. 日本の取引所では上場していない銘柄が買える
  3. ステーキングやDeFiマイニングなど資産形成サービスが豊富
  4. エアドロップなどのキャンペーンが多い

があります。

日本国内からでもスマホかPCがあれば、誰でも口座開設が可能です。

bybitの登録はこちら

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
仮想通貨×NFT×DeFiの最新情報サイト

仮想通貨Solanaのまとめ

最後に、本記事のポイントをおさらいします。

【本記事のポイント】

  • 「イーサリアムキラー」として今後も価格が上昇する可能性が高い
  • DeFiやNFT領域のプロジェクトが多数進行しており、価格上昇のイベントが多い
  • 「SolanaPay」で決済領域にも参入しており、今後のビジネス拡大への期待が大きい
  • ブロックチェーンウォレットで誰でもステーキングができる
  • 日本国内でSOLが買えるのは、Liquid by FTXだけ

多数のDeFiやNFT関連プロジェクトが進行するなか、今後のアップデートによって、価格が上昇する可能性は高いといえるでしょう。

またSolanaでステーキングをすることで、保有するSolanaの数を増やすことも期待できるでしょう。

Solanaを購入するなら、Liquid by FTXの口座を開設しましょう。

Liquid by FTXの登録はこちら

仮想通貨SANDの将来性は高い?買い方と購入可能な取引所を解説!
仮想通貨SANDの将来性は高いです。仮想通貨SANDは日本国内で初めて取り扱いを開始した、Coincheck(コインチェック)で購入可能です。本記事では、仮想通貨SANDの将来性や将来価格や買い方を解説します。すでにTheSandboxの運営会社がSoftbank系の投資会社から資金調達をしています。
仮想通貨AVAX(アバランチ)の将来性は高い?買い方と購入できる取引所を解説
仮想通貨AVAX(アバランチ)は、大手監査法人のデロイトグループが採用するなど、非常に将来性が高いです。イーサリアムキラーとも呼ばれ、2021年だけで価格が40倍になりました。AVAXを購入するならbybitがおススメです。本記事ではAVAXの将来性、将来価格、購入可能な取扱い取引所、買い方を解説します。

 

タイトルとURLをコピーしました