仮想通貨SANDの将来性は高い?買い方と購入可能な取引所を解説!

仮想通貨SAND

仮想通貨SANDは、メタバース空間を利用したブロックチェーンゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」で利用可能な仮想通貨(暗号資産)です。

そのThe Sandboxの運営会社は、2021年11月2日に、投資会社のソフトバンクVF(VF=ビジョンファンド)等から、シリーズBラウンドでの9,300万ドル(約106億円)を資金調達を実施したことを発表し、一時SANDの価格が急上昇しました。

また、11月中にThe Sandboxのα版のリリースも発表したことや、NFT銘柄への資金流入が進んだことから、1SAND=8.44USDT(約844円)と最高値を更新しました。

そんなSANDは、昨今のNFT領域とメタバース領域の両方の観点から注目されているNFT銘柄の1つです。

では、先に本記事のポイントをまとめてしまいます。

【本記事のポイント】

  • SANDは、メタバース×NFT領域を両取りしており、将来性が非常に高い
  • 世界TOPの投資会社であるソフトバンクVFが投資しており、今後も価格上昇が期待される
  • SANDを買うなら、Coincheck(コインチェック)がおススメ

今回はSANDについて知りたい方向けに、SANDの特徴、将来性、さらにSANDの購入方法を解説します。

なお、2022年5月24日より、Coincheck(コインチェック)にてSANDの取り扱いが開始されました!

さらに、Coincheck(コインチェック)では、年利5%のSANDの貸付サービスも開始するようです。

ちなみに、今Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

コインチェック

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨SANDとは

仮想通貨SAND

種別概要
発行上限枚数3,000,000,000枚
発行済み枚数680,266,194枚
ブロックチェーンプロトコルETH ERC-20
ブロックチェーンコンセンサスPoS(プルーフオブステーク)

仮想通貨SANDとは、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」で利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

SANDの発行枚数は、3,000,000,000枚です。

2021年3月時点でのSANDの発行済み枚数は、680,266,194枚となっており、発行上限枚数のうち23%が供給されています。

SANDは、ETHのブロックチェーンプロトコルとして「ERC-20」を利用し発行されており、ブロックチェーンコンセンサスとしてPoS(プルーフオブコンセンサス)を利用しています。

The Sandboxとは

仮想通貨SAND_THE Sandnox_2

The Sandboxは、SANDが利用可能なメタバースを利用したブロックチェーンゲームです。

分かりやすく言えば、マイクロソフトのマインクラフトのブロックチェーン版といえます。

The Sandboxでは、ブロックチェーンベースの仮想世界であるメタバース上で、ユーザーがデジタルアセットを作成したり、取引できるゲームです。ゲーム内のアイテムなどは、ブロックチェーン上で発行されるため、NFT(非代替性トークン)として扱われます。

また、The Sandboxは、分散型自律組織(DAO)と、非代替トークン(NFT)の機能を組み合わせることで、The Sandboxはゲームコミュニティのための、分散型プラットフォームとしての役割も担っています。

The Sandbox内のNFT「LAND」とは

OpenSea_NFT購入方法_LAND

LANDとは、The SandBOX内のデジタルな土地です。

166,464個と発行数の上限が決められているため、LAND自体がNFTとなっているのが特徴です。そのため、LANDはNFTとしてNFTマーケットプレイスにて取引されています。

また、NFT領域やメタバース領域の高まりにより、LANDの価格は高騰し続けています。

The SandBOXのLANDは、NFTマーケットプレイス「OpenSea」や、コインチェック(Coincheck)が運営する「Coincheck NFT」にて取引することが可能です。

Coincheck NFTで取引をするには、コインチェック(Coincheck)のアカウントが必要ですので、まだ未開設の方は今のうちに開設しておきましょう。

コインチェック(Coincheck)の登録はこちら

仮想通貨SANDの価格上昇イベント

仮想通貨SAND_チャート

画像出典:coinmarketcap

新規上場したSANDは、これまでに価格が何度か急上昇しています。

その急上昇要因は、主に以下の3つです。

  1. ソフトバンクVF等からの資金調達
  2. THE Sandboxのα版ローンチ
  3. NFT銘柄への資金流入

ソフトバンクVF等からの資金調達

仮想通貨SAND_THE Sandnox_softbank

2021年11月2日に、ソフトバンクグループの投資会社であるソフトバンクVF(VF=ビジョンファンド)等からThe Sandboxの運営会社がシリーズBラウンドでの9,300万ドル(約106億円)を資金調達を実施したことが発表されました。

ソフトバンクVFといえば、世界中の新興ベンチャーに投資を行う投資ファンドとして知名度が高く、そのソフトバンクVFが投資したことが、価格上昇の好材料とみなされました。

また今回投資を主導したソフトバンクVFは、第2号であり、今後急成長が見込まれる新興ベンチャー企業に投資することを表明しているため、ソフトバンクVF第2号に投資される=今後急成長が期待される、という期待が生まれました。

このThe Sandboxの資金調達のニュースが報じられると、SANDの価格は一気に上昇しました。

THE Sandboxのα版ローンチ

仮想通貨SAND_THE Sandnox_3

2021年11月16日に、SANDを利用可能なブロックチェーンゲーム「The Sandbox」のα版のローンチを発表しました。

「Alpha Pass」という特別なチケットを持つユーザーは、SANDトークンを最大1,000SAND付与されます。

この発表の後、SANDの価格は上昇トレンドに動きました。

sand-cryptocurrency-expectation

さらに、2022年3月限定で、今度はα版のSEASON2が開催されました。

α版のSEASON2では、クエストを攻略することで、限定のアルファパスを獲得することができます。

NFT銘柄への資金流入

NFTとは

最後は、2021月後半から起こったNFT銘柄への資金流入です。

11月上旬はBTCを中心に仮想通貨市場への資金流入が続いていました。

しかし、11月下旬からはBTCなど主要銘柄の価格が下落する一方、SANDやMANAなどのNFT銘柄の価格が上昇するという現象が起こりました。

上の画像は、2021年11月のBTCのチャートですが、11月上旬は最高値更新を実現するなど、価格の上昇トレンドが起こっていた一方、11月中旬を境に、価格が下落するようになりました。

11月中旬からは、BTCだけでなく、ETHといった他の主要銘柄も価格が下落する傾向にありました。
仮想通貨SAND_MANA

一方、SANDと同じくNFT銘柄として注目されているMANA/Decentraland(マナ/ディセントランド)は、11月中旬以降も、SANDのチャートと同様に価格上昇が続きました。

これは、2021年1月から注目され続けているNFT領域や、facebookが注力を発表したメタバース領域への期待値がより高まったことから、BTCなどの代替としてNFT(メタバース)銘柄に資金が移ったと考えられています。

今後はアルトコインの中でも、BTCのリスクヘッジ先として、SANDやMANAといった、NFT銘柄が選択される可能性があるといえるでしょう。

仮想通貨SANDの価格とチャート分析

SAND_仮想通貨_価格

2021年11月28位日時点のSANDの価格は、6.44USDT(約644円)です。

11月には、最高値の1SAND=8.44USDT(約844円)を更新しました。

11月下旬には、いったん調整と考えられる価格の下落が起こっていますが、依然として上昇トレンドをキープし続けています。

仮想通貨SANDへの投資

仮想通貨SAND_購入方法

11月2日のソフトバンクビジョンVFが、The Sandboxへの約107億円の投資を発表した際に、176SAND(当時のレートで約50,000円)を購入しました。残念ながらこの投資が公表後だったため、すでに価格が15%近く上昇しており、高値掴みの不安はありましたが、SANDの将来性を検討し購入しました。

最高値を更新した11月25日には、保有していたSANDの価値は約150,000円まで引き上がり、購入価格の約3倍になりました。

その後は調整のため価格が下落し、価格価値は約120,000円に落ち着いています。

仮想通貨SANDの将来性

SAND_仮想通貨_将来性

結論から言えば、仮想通貨SANDの将来性は非常に高いといえます。

その理由は主に、以下の2つです。

  1. ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の拡大
  2. ソフトバンク以外の大手投資会社の投資の可能性

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」のサービス拡大

仮想通貨SAND_THE Sandnox_1

仮想通貨SANDは、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」内で使われる仮想通貨です。そのため、「The Sandbox」関連のニュースが発表されると価格が上昇する傾向があります。

実際に「The Sandbox」のα版リリースが発表された際は、価格が約10%以上も上昇しました。

以下の通り、thesandboxの開発ロードマップは公開されています。

そのため、これらのロードマップのイベントが実施された場合、SANDの価格が上昇する可能性があります。

【2022年(予定時期)】

  • Q1:SAND、LAND、AVATARの所有者のためのステーキングと投票メカニズムを備えたDAOの立ち上げ
  • Q3:バーチャルコンサート開催(Deadmau5、Richie Hawtin)と「The Walking Dead」ゲームリリース
  • Q4:モバイル版リリース

【2023年以降~

特に注目すべきは不定期に開催される「LANDの発売イベント」です。

LANDは、発行枚数が限定されているNFTです。そのため購入するためには、SANDを準備しておく必要があります。

また、二次販売としてCoincheck(コインチェック)NFTで購入することも可能です。

ソフトバンク以外の大手投資会社の投資の可能性

SAND_仮想通貨_将来性1

ソフトバンクVFの「The Sandbox」の運営会社への投資発表時には、SANDの価格が上昇しました。

すでに触れたように「The Sandbox」は、今後もサービス拡大が期待されるブロックチェーンゲームです。そのため、ソフトバンクビジョンファンド以外の大手投資会社による、資金調達が実施される可能性があります。

旧facebookがメタバース領域への参入を発表してから、投資界隈ではメタバース関連企業への資金流入への期待が高まっており、「The Sandbox」もその投資対象の候補になる可能性もあります。

SANDの将来価格

画像引用:Wallet Investor

では、SANDの将来価格は、どうなるのでしょうか?

結論から言えば、SANDの将来価格は、今後も上昇すると予想されています。

ここでは、海外の仮想通貨の価格予想サイトのデータを3つまとめてみました。

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
WalletInvestor14.285ドル44.754 ドル
Digitalcoin9.22ドル16.58ドル
TradingBeasts5.57~8.2ドル

SANDの将来価格(1)WalletInvestor

SAND_将来価格

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
WalletInvestor14.285ドル44.754 ドル

Wallet InvestorでのSANDの将来価格は、上昇基調を示しています。

また、SANDに対するコメントでも「サンドボックス(SAND)とその潜在的な市場環境は、過去12か月間(存在する場合)強気のサイクルにあります(訳)」と記載しており、2021年12月時点で強気トレンドにあるとされています。

SANDの将来価格(2)Digitalcoin

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
Digitalcoin9.22ドル16.58ドル

DigitalcoinでのSANDの将来価格も、WalletInvestorと同様に、上昇基調を示しています。

1年後の2022年には、1SAND= 9.22ドルと、2021年時点の価格の2倍近くまで上昇すると予測しています。

SANDの将来価格(3)TradingBeasts

SAND_仮想通貨_将来価格

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
TradingBeasts5.57~8.2ドル

TradingBeastsでは、直近は価格の大幅上昇はないとしています。

一方、価格が徐々に上昇トレンドとなり、2022年9月付近より上昇率がプラスに転じると予測しています。

執筆時点の2021年12月から1年後の2022年12月には、価格が約+11%になると試算しています。

仮想通貨SANDが購入可能な取引所

Coincheck(コインチェック)_SAND

仮想通貨SANDが購入可能な取引所は、以下の通りです。

  • BINANCE
  • Mandala Exchange
  • OKEx
  • CoinTiger
  • HuobiGlobal
  • bybit
  • Coincheck(コインチェック)

2022年5月24日より、日本国内の取引所で初めて、Coincheck(コインチェック)がSANDの取り扱いを開始しました。

Coincheck(コインチェック)はすでにTheSandboxのNFTを販売するなど、元々SAND上場の可能性は大いにありました。

Coincheck NFT

また、コインチェック(Coincheck)には、同じくNFT銘柄として注目されている仮想通貨ENJ(エンジンコイン)がすでに上場しています。

ちなみに、今、Coincheck(コインチェック)の口座を開設&入金で、なんと2,500円分のBTCがもらえます!

コインチェック

入金は1円~でもOKです!

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設し、口座開設してから72時間以内に入金完了
  • 入金確認完了日の翌月14日までにお客様のCoincheckのアカウントに付与

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨取引所のダウンロード数で、3年連続で1位を獲得しています。

ぜひ、この機会にCoincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨SANDのまとめ

最後に、本記事のポイントをおさらいします。

【本記事のポイント】

・SANDは、メタバース×NFTを両取りした、最も注目すべき銘柄
・すでにソフトバンクVFが投資し、価格上昇が期待される
・SANDを買うなら、Coincheck(コインチェック)がおススメ

NFT×メタバース銘柄として注目されているSANDは、今後も価格が上昇する可能性があります。

SANDを購入するなら、Coincheck(コインチェック)を口座開設して、BTCをもらっておきましょう!

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨AVAX(アバランチ)の将来性は高い?買い方と購入できる取引所を解説
仮想通貨AVAX(アバランチ)は、大手監査法人のデロイトグループが採用するなど、非常に将来性が高いです。イーサリアムキラーとも呼ばれ、2021年だけで価格が40倍になりました。AVAXを購入するならbybitがおススメです。本記事ではAVAXの将来性、将来価格、購入可能な取扱い取引所、買い方を解説します。
仮想通貨Polygon/MATIC(ポリゴン)の将来性は?買い方と購入できる取引所を解説
仮想通貨Polygon/MATICの将来性は非常に高いです。仮想通貨PolygonはETHのセカンドレイヤーチェーンであり、dAppsやNFTによるETHの拡大や複数のアップデート予定によって、今後も価格が上昇する可能性が高いです。本記事では仮想通貨Polygonの将来性と将来価格、買い方と取扱取引所をご紹介します。
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は?買い方や取扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高いです。仮想通貨ICPはWeb3.0銘柄として注目されています。本記事では、仮想通貨ICPP(インターネットコンピューター)の将来性や将来価格、取扱い取引所、買い方を解説します。仮想通貨ICPを買うするならBinance(バイナンス)がおススメです。
タイトルとURLをコピーしました