OpenSeaの8月アップデートまとめ、近日中にアプリをリリース予定

OpenSea_gas fee

OpenSeaでは定期的にアップデートの公開をしています。

本記事では、8月に実施されたアップデートや、今後の予定されているアップデート内容を解説します。

8月のOpenSeaのアップデート

OpenSea_update_august1

8月に実施されたOpenSeaにアップデートは以下の5つです。

  1. コレクションページの更新
  2. コレクションレスのNFT作成
  3. リストプロセスの改善
  4. バンドル機能の拡大
  5. 「オファーボタン」の設置

最も注目すべきは、コレクションレスなNFT作成です。

OpenSea_update_august3

これまで、OpenSeaでNFTを作成する際は、一番初めにコレクションを作成する必要がありますが、今回のアップデートによって直接NFTを作成できるようになりました。

一番初めにNFTを作成する際は、コレクション作成とNFT作成がごっちゃになってしまうことがありましたが、今回のアップデートでこの点が解消されました。

もう一つは、「オファーボタン」の設置です。

「Make Offer」と書かれたボタンを押せば、欲しいNFTに購入オファーを出すことができます。また、最低のオファー価格の設定機能や、オファー価格を隠す機能など、オファーの仕組みに関して更なるアップデートを準備しているようです。

OpenSeaのモバイルアプリがリリース予定!

OpenSea_update_august2

なんとOpenSeaのアプリがリリース間近のようです。

OpenSeaのアプリは、以下の5つの機能が実装されるようです。

  • プロフィール接続
  • 作品を検索機能
  • お気に入りのNFTを保存
  • NFTの検索とフィルタリング
  • コレクションとアイテムの統計を表示

今後のOpenSeaのアプリリリースに期待です!

参照記事:New features and updates, August 2021

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました