日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

nft_marketplace

現在、話題沸騰中のNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)。

ブロックチェーン技術を使い、デジタルアートやデジタルコンテンツなどを保存することで、この世に1つとないNFTコンテンツを作り出すことができます。2019年頃から注目を集め、2020年後半からは、BTCをはじめとする暗号通貨へのに人気の高まりに付随する形でさらに脚光を浴びました。

その結果、Twitter創業者のジャックドーシー氏の最初のツイートが化され、約3億円で落札されるなど、NFTアートの販売価格が高騰する現象が起こっています。

今回は、そんなNFTの購入方法と、日本でNFTが購入できるサービスをご紹介します。

NFTはどこで買えるの?NFTマーケットプレイスでのNFT購入方法や、購入に必要なモノ、購入時に注意点を徹底解説!
NFTは、NFTマーケットプレイスで購入することができます。NFTマーケットプレイスとは、NFT取引を専門としたマーケットサービスです。NFT購入には、MetaMaskといったブロックチェーンウォレットと、決済に利用するイーサリアムなどの仮想通貨が必要です。NFTマーケットプレイスは、扱うコンテンツや仮想通貨で選ぶのがおススメです。

日本のNFTマーケットプレイス一覧

日本では以下のNFTマーケットプレイスが存在します。

  1. CoinCheck NFT
  2. nanakusa
  3. miime
  4. TOKENLINK
  5. NFTstudio
  6. DeGacha

CoinCheck NFT

coincheck_nft_marketplace

名称CoinCheck NFT
特徴・Coincheckの口座があれば、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能
・出品・購入のネットワーク手数料(Gas代)が無料
・NFTの売買には13種類の暗号資産が利用可能
取り扱い通貨BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ
ジャンルゲーム
運営会社株式会社コインチェック

CoinCheck NFTは、ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができるNFTマーケットプレイスです。Coincheck NFTは、大手暗号通貨取引所Coincheckを持つコインチェック社が運営しています。2021年3月24日のサービス開始から、約1週間で利用者数はなんと1.2万人を突破しています。

【Coincheck NFTのメリット】

  • Coincheckの口座があれば誰でもNFTの出品や購入、保管が可能
  • 出品・購入にかかる取引手数料(Gas代)が無料
  • 13種類の暗号通貨に対応

特にNFT取引で発生する手数料(GAS代)がゼロな点が非常にありがたいです。

Coincheck NFTでは、「CryptoSpells」と「The Sandbox」という人気ブロックチェーンゲームのアイテムが取引可能です。2021年4月には「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」の新規レジェンドカード(NFT)「暗黒神話ヨグ=ソトース」19枚を発売されたところ、出品からわずか5秒間以内に全てのカードが購入され、販売開始から約6分で全てのカードが完売するなど、非常に注目を集めています。

Coincheckの登録はこちら

miime(ミーム)

miime_nft_marketplace

名称miime(ミーム)
特徴・12種類のゲームタイトルのアイテムを販売
・クレカやpringを通じ、日本円で決済が可能
取り扱い通貨ETH、日本円(クレカ、pringのみ)
ジャンルゲーム
運営会社メタップスアルファ社

miime(ミーム)」は、メタップスアルファ社が運営するNFTマーケットプレイスです。

【miime(ミーム)のメリット】

  • 12種類のゲームタイトルに対応
  • 日本円の決済に対応

miime(ミーム)では、以下12種類のゲームタイトルのアイテムを販売しています。

  • Brave Frontier Heroes
  • My Crypto Heroes
  • Crypto Spells
  • Sorare
  • CHOJO
  • MakersPlace
  • Comikabu
  • ContractServant
  • Eggrypto
  • Gods Unchained
  • VenusScramble
  • The Sandbox

またmiime(ミーム)は、基本的に暗号通貨を利用するNFT取引において、世界初として日本円の決済機能を導入しました。

具体的には、クレジットカード(VISA・mastercard)に加え、グループ会社が運営する送金アプリ『pring』による決済に対応しています。そのため、暗号資産を保有していなくても、「miime(ミーム)」でNFTを購入可能です。

nanakusa

nanakusa_nft_marketplace

名称nanakusa
特徴・Polygon(Matic)トークンによる購入・出品が可能
・動画のNFTが豊富
・クレカによる決済導入予定(’21年6月以降予定)
取り扱い通貨ETH、クレカ(’21年6月以降導入)
ジャンルアート、写真、ビデオなど
運営会社株式会社スマートアプリ

国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」は、ブロックチェーンプラットフォームである「GO BASE」を展開するスマートアプリが運営しています。2021年4月26日にグローバル版として正式リリースされました。

【nanakusaのメリット】

  1. Polygon(Matic)トークンによる購入・出品が可能
  2. 動画のNFTが豊富
  3. クレカによる決済導入予定(’21年6月以降予定)

nanakusaでは、ETHだけでなくPolygon(Matic)トークンも必要です。MaticはMatic Networkを使ってETHと交換することで手に入れることができます。

nanakusaは、アート作品だけでなく、動画のNFTが非常に豊富です。

nanakusaサービス内で発行されたNFTであれば、二次流通にてユーザー同士の売買においても、永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっております。 そのため、nanakusaでNFTを購入すると、クリエイターに10%がロイヤリティとして支払われます。

TOKENLINK

tokenlink_nft_marketplace

名称TOKENLINK
特徴・ゲームタイトル「CROSSLINK」に唯一対応
・IOSTの決済に対応
取り扱い通貨IOST、BTC、ETH
ジャンルゲーム、アート
運営会社株式会社プラチナエッグ

TOKENLINK」は、株式会社プラチナエッグが運営する、ブロックチェーンゲーム「CrossLink」のゲームアイテムの購入やIOSTベースのNFTアイテムが売買できるマーケットプレイスです。

【Coincheck NFTのメリット】

  • IOSTでの決済が利用可能
  • マーケットプレイスだけでなく、オークション機能もあり

運営会社の株式会社プラチナエッグは、既に2,000トランザクション以上、200,000 IOST 以上の取引ノウハウを持ちます。また「TOKENLINK」は、Ethereumの500倍以上のパフォーマンスが出るIOSTを決済通貨として導入しています。

また「TOKENLINK」は、NFTのマーケットプレイスだけでなく、オークション機能も持っています。オークションでは、アイテムによって取引手数料が発生し、NFTの特徴でもある二次販売時の手数料も発生します。

  • 通常のアイテム:3%
  • クリエイターアイテム:
    一次販売時 5%
    二次販売時 2.5%

NFTstudio

NFTStudio_nft_marketplace

名称NFTstudio
特徴・取引手数料をNFTStudioが負担するため、クリエイターの負担がゼロ
・NFT作品をクレジットカードで購入可能
取り扱い通貨ETH、クレカ
ジャンルアート、IPコンテンツなど
運営会社CryptoGames(クリプトゲームス)株式会社

NFTStudioは2021年3月22にリリースした、IPコンテンツやクリエイターの作品をNFTアートとして販売できるNFTマーケットです。他のNFTマーケットと同様に、ブロックチェーンの特性から二次流通売買が行われた場合に、売買手数料の一部がNFTのクリエイターに永続的に還元されます。

【NFTStudioのメリット】

  1. 取引手数料をNFTStudioが負担するため、クリエイターの負担がゼロ
  2. NFT作品をクレジットカードで購入可能

NFTStudioでは、NFT取引において発生する取引手数料(GAS代)高騰の課題を解決するために、手数料をNFTStudioが負担することで、クリエイターは無償でNFTを発行することが可能となっています。

さらに、NFTStudio内のNFT作品は、クレジットカードで購入可能です。

DeGacha

Degacha_nft_marketplace

名称DeGacha
特徴・デジタルガシャポンを通じNFTを購入可能
・AZUKIトークンでしか買えない独自のガシャポン
取り扱い通貨ETH
ジャンルゲーム、アートなど
運営会社Dokidoki finance

DeGachaは、DokiDokifinanceが運営するNFTを利用した、デジタルガシャポンです。DeGachaで暗号通貨を支払うと、ガシャポンのようにランダムでNFTが当たります。NFTのレア度はクリエイターによって変化するようです。当たったNFTはDeGacha内で売買することも可能です。

【DeGachaのメリット】

  1. デジタルガシャポンを通じNFTを購入可能
  2. AZUKIトークンでしか買えない独自のガシャポン

他のNFTマーケットプレイスで広く利用されているETHを使ったガシャポンもある一方、AZUKIトークンという、DeGacha内の独自のトークンでしか購入できないガシャポンもあります。

日本でおススメのNFTマーケットプレイスはどれ?

coincheck_nft_howtobuy

日本でおススメのマーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。

【Coincheck NFTがおススメな理由】

  1. Coincheckの口座があれば、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能
  2. 出品・購入のネットワーク手数料(GAS代)が無料
  3. NFTの売買には13種類の暗号資産が利用可能

Coincheck NFTをおススメする主なメリットは、出品・購入のネットワーク手数料(GAS代)が無料な点です。NFTネットワークプレイスで取引した際にかかるGAS代の価格高騰がNFT取引で課題となっていますが、Coincheck NFTであればGAS代がかからないことは大きなメリットです。また、13種類の暗号通貨でも取引可能です。

【miime(ミーム)がおススメな理由】

  1. 12種類のゲームタイトルのアイテムを販売
  2. クレカやpringを通じ、日本円で決済が可能

miime(ミーム)は、NFTマーケットプレイス内でも最も多い12種類のゲームタイトルのNFTを取り扱っています。

また、ETHといった暗号通貨だけでなく、クレジットカード(VISA/MasterCard)やpringを利用し、日本円でNFTを購入することが可能です。

Coincheckの登録はこちら

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!
OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました