おススメの暗号通貨のNFT銘柄はどれ?注目すべきNFTの関連銘柄を紹介

NFT関連銘柄_暗号通貨

現在、話題沸騰中のNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)。

ブロックチェーン技術を使い、デジタルアートやデジタルコンテンツなどを保存することで、この世に1つとないNFTコンテンツを作り出すことができます。2019年頃から注目を集め、2020年後半からは、BTCをはじめとする暗号通貨へのに人気の高まりに付随する形でさらに脚光を浴びました。

その結果、Twitter創業者のジャックドーシー氏の最初のツイートが化され、約3億円で落札されるなど、NFTアートの販売価格が高騰する現象が起こっています。

今回は、おススメの暗号通貨のNFT銘柄をご紹介していきます。

【最新】NFTアートの落札ランキング、最高額は驚愕の75億円
2021年5月現在、NFTアートの最高落札額は75億円となっています。落札されたNFTアートは、作者が世界初のNFTアートと主張しており、その注目度から落札価格が急上昇しました。落札者は世界最大のNFTファンドである「Metapurse」の創設者のVignesh Sundaresan氏です。

おすすめのNFT関連銘柄

暗号通貨の中で、おススメのNFT関連銘柄は、以下の5つです。

  • ETH(イーサリアム/ETH)
  • Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)
  • Rarible(ラリブル/RARI)
  • Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)
  • Chiliz(チリーズ/CHZ)

ETH(イーサリアム/ETH)

イーサリアム_NFT関連銘柄

ETHがNFT関連銘柄で注目されている理由は、NFTを売買するNFTマーケットプレイスの多くで、NFT決済が導入されているからです。

本サイトがピックアップした、日本と海外のNFTマーケットプレイスの中では、ほとんどのNFTマーケットプレイスでETH決済が採用されていました。そのため、NFTの関連銘柄としてETHが最も注目されています。

ETH_NFT関連銘柄_チャート

出典:coinmarketcap

実際に、ETHの価格はNFTの注目度が高まってきた2021年1月以降、価格が急上昇し、2021年5月には最高価格の3600ドル(日本円で約36万円)を突破しました。

特筆すべきは2021年以降から立て続けに最高値を更新し続けていることです。NFTマーケットプレイスが注目された時期とも重なることから、おススメのNFT関連銘柄としてはETHがダントツです。

今後もNFTのマーケットプレイスの拡大余地があることから、ETHにより注目が集まると思われます。

シンワワイズがNFT事業に参入、シンワアートNFTの特徴と仕組みとは
「Shinwa Wise Holdingsグループで販売するアート作品をNFT(代替不可能トークン)化する」ことをキーフレーズに、30年近くアート作品の取引事業を運営してきたシンワワイズが、NFTアート市場に参入することとなりました。今回はNFT市場への参入を発表したシンワワイズの参入背景と、シンワワイズのNFTアートサービスの仕組みについて、現時点で公表されている情報をまとめてみました。

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)

BNB_NFT関連銘柄

Binance Coin(バイナンスコイン/以下、BNB)は、中国の大手暗号通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)が運営する暗号通貨です。

BNBの特徴は、BINANCEでの取引手数料に利用でき、BNBを使うと通常よりも手数料が安くなるというメリットがあります。

そのBINANCEが運営する、BNBでNFTを売買可能なNFTマーケットプレイスに「treasureland」があります。

元々、多くのNFTマーケットプレイスでは、ETHが決済に利用されていますが、実はETH利用時に取引手数料であるGAS代が非常に高騰してしまうという問題があります。

そのETH特有の問題を解決するために、treasurelandでは、より安価なBinance Smart Chain(BSC)を採用しました。その結果、NFTマーケットプレイスでかかる手数料が非常に安くなりました。

【treasurelandの解説はこちら⇩】

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。

BNB_NFT関連銘柄

出典:coinmarketcap

このようなBINANCEのNFTマーケットプレイスへの参入や、ETHに代わるNFT売買時の暗号通貨としての期待の高まりから、2021年1月以降、BNBの価格は急激に上昇しています。

今後もETHのGAS代問題は多くのNFTマーケットプレイスの問題として存在し続ける可能性があるため、その代わりになりうるBinance Smart Chain(BSC)やBNBへの期待は続きそうです。

Rarible(ラリブル/RARI)

RARI_NFT関連銘柄

Rarible(ラリブル、以下RARI)は、NFTマーケットプレイス「Rarible」の売買に利用できる暗号通貨です。RARIは世界初のNFTマーケットプレイスの運営にリンクしたトークンとして有名です。

米Raribleは、2020年に設立されたNFTマーケットプレイスであり、主に収集品、トレカ、スポーツ、アートのNFTを扱っています。Raribleのサイトは一部日本語に切り替わるなど、日本ユーザーでも使いやすい仕様となっています。

RARI_発行枚数_NFT関連銘柄

RARIは通常の取引所で購入することはできず、Raribleを利用することでのみ獲得できます。毎週75,000のトークンが発行され、買い手に50%、売り手に50%が引き当てられます。RARIを保有して入れば、Tokenの運営方法の投票権などが与えられます。

ちなみに、RARIは発行枚数が2500万枚と決められており、Raribleの利用(Marketplace Mining)で獲得できる量が全体の60%、Airdropが全体の10%、運営側が30%と分配されています。

【Raribleの解説はこちら⇩】

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。

RARI_NFT関連銘柄_チャート

 

出典:coinmarketcap

Raribleのコミュニティ運営を通じたRARIへの注目度の高まりからか、2021年2月以降、RARIの価格は価格が急上昇し、2021年2月から4月の2か月間で4倍以上の価格になりました。

NFTマーケットプレイスであるRaribleへの注目度も高いため、今後もRARIの価格が上がる可能性もあります。

Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)

ENJIN_NFT関連銘柄

Enjin Coin(エンジンコイン、以下ENJ)は、シンガポールのNFTマーケットプレイス「Enjin Marketplace」で利用できる暗号通貨です。

Enjin Marketplaceは、2009年に設立されたソーシャルゲームプラットフォームであり、シンガポールを拠点するEnjin PteLtdが運営しています。

Enjin Marketplaceは、ETHネットワーク上で構築されたマーケットプレイスで、Enjin PteLtd社も2018年6月に独自のコインであるENJを発売するなど、長らくブロックチェーンゲーム業界をリードしてきた存在です。

実際に、EnjinMasterplaceではゲームアイテムがENJのブロックチェーン上に記録されることで、保存やユーザー間での交換が可能となっています。

ETHではなく、ENJを利用する理由は、ETH特有のGAS代問題がありますが、運営するEnjin PteLtd社は長らくEnjinCoinを利用した経済圏の確立を目指していることも要因として挙げられます。

【Enjin Marketplaceの解説はこちら⇩】

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。

ENJ_NFT関連銘柄_チャート

出典:coinmarketcap

2021年1月以降、ENJの価格は3倍以上の価格上昇を遂げており、今後もENJ Marketplaceの拡大から、価格上昇が期待されます。

Chiliz(チリーズ/CHZ)

Chiliz_NFT関連銘柄

CHZ(チリーズ、以下CHZ)とは、海外の大手スポーツクラブやエンターテインメント団体に対しと、ファンコミュニティの運営を実施するプラットフォーム上で使用される暗号通貨(トークン)です。

スポーツとエンターテイメントで世界をリードするブロックチェーン・フィンテック企業の「chiliz」が運営・開発しており、CHZは彼らが運営するプラットフォーム「Socios.com」上でのみ利用される基軸通貨となっています。

Socios.com」は、超名門スポーツクラブのファンコミュニティで利用できる独自トークンを発行しています。具体的なチーム名として、「FCバルセロナ」や「ユベントス」、「パリ・サンジェルマン」など、世界屈指のクラブが挙げられます。

この「Socios.com」で購入された全てのファントークンは、Chilizのブロックチェーン上にNFTとして記録され、コミュニティ間で売買することが可能です。

CHZ_NFT関連銘柄_チャート

出典:coinmarketcap

そんなCHZは、米国の暗号通貨取引所に上場することや、アメリカ市場開拓のために、5000万ドルもの投資を発表するなど、急成長ぶりがすさまじいです。

実際に、2021年3月上旬だけで、CHZの価格は、5円→90円と、実に18倍になっています。

有名クラブのファンコミュニティからなるNFTサービスと、CHZの運営会社の急成長ぶりから、今後も価格が上昇する可能性があります。

【CHZの高騰理由の分析記事はこちら⇩】

CHZ(チリーズ)はなぜ高騰してるのか?取り扱い取引所と今後の展望は?
暗号通貨CHZ(チリーズ)が高騰した理由は、①3つの暗号資産取引所に参入、②米市場の参入に向けた5,000万ドルの投資を発表、③直近の暗号通貨市場の過熱だと考えられます。CHZ(チリーズ)は、海外の大手スポーツクラブやエンターテインメント団体に対し、ファンコミュニティの運営を実施するプラットフォーム上で使用される暗号通貨(トークン)です。

【日本でおススメのNFTマーケットプレイスはこちら⇩】

日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。

【NFTの購入方法はこちら⇩】

NFTの購入方法は?NFTの購入手順やNFTマーケットプレイスを紹介
NFTを購入には、NFTマーケットプレイスのアカウントと購入に使う暗号通貨、さらにMetaMaskといった暗号通貨のウォレットが必要です。本記事では、NFTの購入方法を解説していきます。日本国内でNFT購入におススメの取引所は、CoinCheck NFTやnanakusaです。
DOGEコインが40%下落、イーロンマスク氏の博打発言が原因か
DOGE(ドージ)コインが40%下落したのは、マスク氏がDOGEコインを「博打だ」を発言したのが要因とされています。日本時間5月9日(日)に米番組に出演したイーロンマスク氏は、DOGEコインを博打と呼び、一時DOGEコインの価格が40%下落しました。本記事では、イーロンマスク氏とDOGEコインの関係とDOGEコイン急落の要因について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました