【解説】仮想通貨LUNAが高騰!大暴騰の理由やLUNCとの関連は?

仮想通貨LUNA_大暴騰した理由

2022年9月9日の夕方ごろから、仮想通貨LUNAが高騰しました。

1日の価格上昇率が200%を突破しており、大規模な価格上昇となりました。

Twitterでもトレンド入りするなど、かなり注目されています。

ところで、なぜLUNAが暴騰したのか、と疑問に思った方も多いかと思います。

実は、LUNAが暴騰した背景には、クジラの存在が指摘されています。

では、LUNAの冒頭理由について解説していきます。

 

【最速:LUNAの購入方法】
DMM Bitcoin_評判
  1. DMM BitcoinなどでBTCを購入する
  2. bybitの口座を開設する
  3. bybitにBTCを送金する
  4. BTCでUSDTを購入する
  5. USDTでLUNAを購入する

DMM Bitcoin_口座開設

海外取引所に送金するなら、送金手数料が無料の(※)DMM Bitcoinがおススメです!

※BitMatch注文を除く

今なら、口座開設だけで、2,000円が即時キャッシュバックされます!

DMM Bitcoinの登録はこちら

Sweatcoin(スウェットコイン)が9/13に上場!取扱い取引所はbybit(バイビット)!
Sweatcoin(スウェットコイン)が9/13(火)20時に上場します!Sweatcoinの仮想通貨SWEATを取扱う上場先の取引所はbybit(バイビット)と、Kucoin(クーコイン)です。Sweatcoinの将来価格は、1SWEAT=22.5円です。

仮想通貨LUNA(Terra)とは

仮想通貨LUNA

  • LUNAは、旧Terraから分離した、Terra2.0ブロックチェーンのガバナンストークン
  • 2022年のLUNC(Terra Classic)の大暴騰をきっかけに、Terra2.0として2022円6月に発行
  • LUNAはアルゴリズム的ステーブルコインの機能をUST無しで継続中

LUNAは、Terra Classicから派生分離した、Terra2.0のブロックチェーン上の仮想通貨です。

直近で価格の急激な高騰が起きており、過去3ヵ月で複数回Twitterのトレンド入りをするなど、仮想通貨界隈でも、今非常に注目されている銘柄の1つです。

では、今回の2022年9月のLUNAが高騰した理由は何なのでしょうか。

仮想通貨LUNAの暴騰の理由

仮想通貨LUNA_大暴騰

結論から言えば、LUNAの冒頭の理由は、クジラによる資金移動の可能性が高いです。

クジラとは、仮想通貨界隈では、大量の仮想通貨を保有する投資家を指します。

クジラとは、金融市場における大口投資家のことを指す。

ビットコイン市場におけるクジラは、1,000BTC(約28億円、2022年6月27日時点)以上保有する投資家を指す場合が多い。 2022年2月末時点で、ビットコイン市場には2,259のクジラが確認されている。

出典:CoindeskJapan

実はBTCの90%以上は、クジラが保有しているともいわれ、これまでにもクジラの売買活動によって、仮想通貨市場が変動してきた過去があります。

今回はそのクジラが、LUNAと同じブロックチェーンを利用するLUNCを大量に売却し、その資金でLUNAを購入したことが、LUNAの大暴騰の原因のようです。

こちらは、LUNC(ルナクラシック)の運営コミュニティの公式Twitterの投稿です。

訳(Twitter)

私はこれを市場操作と呼んでいます。クジラは#LUNCを売って#LUNAを買い、すべての紙の手札が続くことを知っていました。

彼らより賢くなり、彼らの罠にはまらないようにしましょう。以下に、上の#LUNAと下の#LUNCを示します。ボリュームが同一であることがはっきりとわかります。

つまり、LUNCにあった資金が、LUNA側に流れたことが高騰の要因と指摘しています。

たしかに、LUNC側の流出資金は、LUNAの市場への流入資金とほぼ同額です。

そのため、このデータを踏まえると、クジラによる資金移動が、LUNA冒頭の理由とされています。

仮想通貨LUNC(ルナクラシック)とは

LUNC(ルナクラシック)は、TerraClassicUSD(UST)とペッグしており、元々LUNAと呼ばれていました。

現在は、2022年5月に起きた大暴落を契機に、Terra2.0とチェーンを分離し、LUNC(ルナクラシック)となりました。

実はLUNC(当時の銘柄の名称はLUNA)は、アルゴリズム型のステーブルコインと呼ばれていました(現在は非ペッグ)。

LUNAの仕組みとして、いつでも1ドル相当のLUNAと、1USTを取引可能な状態となるように設計していました。

この調整のために、LUNAの供給量をアルゴリズムで調整する仕組みとなっていました。

例えば、

  • 1ドル < 1LUNCの場合:LUNCの供給量を増やす→インフレにして、LUNAの価値を1ドルまで上がる
  • 1ドル > 1LUNCの場合:バーン(焼却)でLUNCの供給量を減らす→デフレにして、LUNCの価値が1ドルまで下げる

といったことが、アルゴリズムで自動的に調整されていました。

しかし、2022年5月の大暴騰時は、このアルゴリズムが機能しなくなり、LUNCが急激なインフレ状態となったため、価格が90%も下落しました。

仮想通貨LUNA_LUNC

この時、元々Terra(LUNA)と呼ばれた銘柄はLUNC(ルナクラシック)に変更されました。

また、旧LUNAとは別に、LUNAコミュニティが開発したのが、今回大暴騰したLUNA(Terra2.0)です。

LUNAは、LUNC(ルナクラシック)の資産を継承する形で発行されました。

なお、90%も大暴落したLUNC(ルナクラシック)ですが、現在、値段の再調整に向けたアップデートが予定されています。

それは、LUNCが取引されるごとに、供給量の1.2%をバーン(焼却)する、というバーン機能であり、2022年9月20日に実装されるようです。

LUNCが大暴落した理由は、急激なインフレ、つまりLUNCの発行量が多すぎたことでした。

そのため、LUNCの供給量を減らすことができれば、価格を引き戻ることが期待できます。

Sweatcoin(スウェットコイン)が9/13に上場!取扱い取引所はbybit(バイビット)!
Sweatcoin(スウェットコイン)が9/13(火)20時に上場します!Sweatcoinの仮想通貨SWEATを取扱う上場先の取引所はbybit(バイビット)と、Kucoin(クーコイン)です。Sweatcoinの将来価格は、1SWEAT=22.5円です。

仮想通貨LUNAの今後

LUNA自体はLUNCは別の銘柄として運営されていますが、今回のようにLUNCの動きの影響を受ける可能性があります。

例えば、LUNCのアップデートでLUNCの価値が上昇すると、今回とは逆にLUNAの資金が、LUNCに流れる可能性もあります。

そのため、LUNAとLUNCは、引き続き市場の動きを慎重に見る必要があります。

【最速:LUNAの購入方法】
DMM Bitcoin_評判
  1. DMM BitcoinなどでBTCを購入する
  2. bybitの口座を開設する
  3. bybitにBTCを送金する
  4. BTCでUSDTを購入する
  5. USDTでLUNAを購入する

DMM Bitcoin_口座開設

海外取引所に送金するなら、送金手数料が無料の(※)DMM Bitcoinがおススメです!

※BitMatch注文を除く

今なら、口座開設だけで、2,000円が即時キャッシュバックされます!

DMM Bitcoinの登録はこちら

LUNAがペッグするステーブルコインで円安対策

tether_円安対策

おまけですが、今回取り上げたLUNAとLUNCは、USTというステーブルコインとペッグしています。

このステーブルコインとは、法定通貨の米ドルとペッグしていますが、最近の急激な円安進行によって、米ドルの価値、つまりUSDTの価値が上昇しています。

TwitterでもUSDJPYといったキーワードがトレンド入りするなど、円安進行の影響は、仮想通貨にも影響を与えています。

実は筆者は円安対策として、2022年3月より、資産の一部をUSDTで保有していました。

その後の円安進行の影響で、2022年3月に保有していたUSDTの資産価値は、15%近くも上昇しています。

さらに、USDTを保有するだけでなく、年利8%が貰える、レンディングサービスの「BitLendgin(ビットレンディング)」を利用することで、円安対策と資産構築を効率的に行えます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

【実録】円安対策でUSDTを持ってたら、勝手に資産が増えた話
【年利8%】ビットレンディングで不労所得を稼ごう!メリット・やり方を徹底開設
ビットレンディングは仮想通貨を預けることで利回りが貰えるレンディングサービスです。ビットレンディングは業界最高水準の8%の利回りを設定しています。本記事ではビットレンディングのメリット・デメリット・始め方。仕組みを解説します。
タイトルとURLをコピーしました