GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!

GMOcoin

数ある仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、多くのユーザー数を誇るGMOコイン。

大手ネット記号yのGMOグループが運営しており、日本では有名な仮想通貨取引所です。

ところで、複数口座を開設する時に、

「GMOコインってどうなんだろう…?」

といったことが気になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、GMOコインの最新の口コミや評判をまとめてみました。

GMOコインのメリット

【最新】仮想通貨取引所ランキング

直近の仮想通貨取引所のランキング結果では、GMOコインは第3位と、取引所内では非常に人気が高いです。

GMOコインのメリットは、主に以下の4つです。

  1. 最短10分でアカウント開設が完了
  2. スプレッドが小さい
  3. 取引手数料が安い
  4. 万全のセキュリティ機能

最短10分でアカウント開設が完了

仮想通貨の初心者がまず一番最初に気にするのが、アカウント開設の手続きです。

株式取引などと同様に、アカウント開設がめんどくさい…と考える方もいるかもしれません。

しかし、bitFlyer(ビットフライヤー)なら、最短10分でアカウント開設ができます。

その理由は、スマホでユーザー情報と本人確認書類をアップロードするだけで、登録が完了するからです。

提出すべき書類などもなく、本人確認書類とスマホがあれば、スグにアカウントが開設できます。

スプレッドが小さい

こちらは、日本の大手仮想通貨販売所のビットコイン(BTC)のスプレッドの一覧です。

GMOコインは、第3位のスプレッドの小ささです。

実際にある時点でのビットコイン(BTC)の価格をもとに、各販売所のスプレッドをまとめてみました。

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
1bitbank(ビットバンク)3,896,9133,871,73225,181
2DMM bitcoin3,858,0543,815,58942,465
3GMOコイン3,895,4223,784,368111,054
4bitFlyer(ビットフライヤー)3,961,2903,730,919230,371
5Coincheck(コインチェック)3,954,9003,720,700234,200

※2021年6月30日時点でのスプレッドで比較

仮想通貨販売所でのスプレッドは小さい方がお得です。

そのため、販売所のスプレッドを意識するなら、GMOコインはおススメです。

取引手数料が安い

こちらは、日本の大手仮想通貨取引所の手数料の一覧です。

なんとGMOコインは、第2位の安さです。

①取引手数料②送金手数料③入出金手数料
順位取引所名販売所取引所※BTCのみ
掲載
入金出金
1位DMM Bitcoin無料無料無料無料無料
2位GMOコイン無料無料0.02 BTC無料無料
3位Coincheck(コインチェック)無料無料0.001 BTC■銀行振込:無料
■コンビニ入金:
・770円(3万円未満)
・1018円(3万円以上)
407円
4位bitFlyer(ビットフライヤー)無料0.01~0.15%0.0004 BTC■住信SBIネット銀行:
無料
■他行:330円
■三井住友銀行:
・220円(3万円未満)
・440円(3万円以上)
■他行:
・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
5位bitbank(ビットバンク)無料-0.02~0.12%0.0006 BTC無料
・550円(3万未満)
・770円(3万円以上)

GMOコインの手数料の特徴は、

  1. 現金の入金・出金手数料が無料
  2. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料

となっています。

この表からわかるように、GMOコインは取引手数料が非常に安いです。

また、他社では400円~700円ほどの手数料が発生する、入出金手数料は、GMOコインは全て無料です。

万全のセキュリティ機能

「仮想通貨のセキュリティは大丈夫なの?」といった心配をされる方もいるかもしれません。実際に、日本・海外の取引所ではハッキングの事例がいくつかあります。

一方、GMOコインは、2016年に運営を開始してから、まだ一度もハッキングの被害に遭ったことがありません。

GMOコインのアカウントは、二段階認証など、セキュリティ機能もしっかりしています。ログインや取引時にメール通知してくれるので、不正ログインなどがあればスグ気づくことができます。

【初心者必読】仮想通貨(暗号資産)をカンタン解説!おススメの仮想通貨取引所はどれ?

【初心者必読】仮想通貨(暗号資産)をカンタン解説!おススメの仮想通貨取引所はどれ?
仮想通貨(暗号資産)とは一言でいうと、インターネット上で利用できるデジタル通貨のことです。仮想通貨投資のメリットは、ボラタリティ大きい、24時間取引可能、分散投資しやすい、少額投資可能の4つです。初心者におススメの仮想通貨取引所は、Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)、GMOコインです。

GMOコインのデメリット

仮想通貨_販売所/取引所_メリット/デメリット

GMOコインのデメリットは、以下の2つです。

  1. 最低購入金額が高い
  2. 最低出金金額が高い

最低購入金額が高い

GMOコインのデメリットとして、「最低購入金額が高い」が挙げられます。

実際に、GMOコインの最低購入金額は、1,000円~となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)といった仮想通貨取引所は、現在最低500円からでもビットコインを購入できるようになっています。

そんな中、GMOコインは最低購入金額が少し高いといえます。

最低出金金額が高い

GMOコインの最低出金額は、1万円単位で設定されています。

ただし、「全額出金(GMOコインの口座内にある現金全額を出金)」の場合は、最低出金金額の制限対象外となり、全額を出金することができます。

GMOコインの口コミ/評価

ここでは、実際にGMOコインを使ってみたユーザーの声を見て、GMOコインの良い/悪い口コミや評価をまとめてみました。

良い口コミ/評価

一方、GMOコインの良い口コミや評判として、以下のようなコメント/投稿がありました。

  • スマホアプリのチャートが見やすい
  • 出金手数料無料なのが嬉しい

GMOは出金手数料が無料であり、この点がGMOコインの人気の秘訣になっています。

悪い口コミ/評価

一方、GMOコインの悪い口コミや評判として、以下のようなコメント/投稿がありました。

  • 取引規制がかかる

GMOコインの口コミ/評価まとめ

GMOコインの口コミ/評判としては、おおむね良い口コミや評判が多かったです。

一方、「取引が制限される」など、ユーザーからの不満も一部見受けられました。

また、特に「入出金手数料の無料」という点は、他の仮想通貨取引所に比べると、非常に魅力的です。

取引手数料が気になる方は、GMOコインの他にも、取引手数料や入出金手数料が全て無料の「DMM Bitcoin」もおススメです。

取引手数料や入出金手数料が気になる方は、ぜひGMOコインを利用してみてください。

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!
仮想通貨取引所の手数料を徹底比較してみました。仮想通貨取引所の中で手数料が最安なのは、DMM Bitcoinです。DMM Bitcoinは、取引手数料だけにとどまらず、入金、出金、さらに仮想通貨の送金手数料が全て無料です。つまり、DMM Bitcoin内での利用であれば、手数料が一切発生しません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました