仮想通貨のスプレッドとは?スプレッドが小さいおススメの販売所を紹介!

仮想通貨(暗号資産)販売所を利用する時に考えるべきこととして、スプレッドがあります。

ところで、仮想通貨取引所の手数料は、仮想通貨取引におけるスプレッドとは何でしょうか?

実はスプレッドを意識しないと、仮想通貨取引で大きな損をしてしまうことがあります。

一方、

  • 「仮想通貨の販売所によってスプレッドが異なる…」
  • 「仮想通貨のスプレッドが変わるので、どの販売所がいいのかわからない…」
  • 「結局、スプレッドが比較的小さいおススメの販売所はどこ?」

といったお悩みを抱えている方も多いかもしれません。

そこで、今回は主要な仮想通貨販売所のスプレッドについてをまとめてみました。

最後に、各販売所のスプレッドを比較し、最もスプレッドが小さいおススメの販売所もご紹介します!

BINANCE(バイナンス)でおススメのNFT銘柄はどれ?NFT銘柄4選をご紹介!
BINANCEでおススメのNFT関連銘柄は、以下の4つの仮想通貨です。 ・ETH(イーサリアム/ETH) ・Binance Coin(バイナンスコイン/BNB) ・Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ) ・Chiliz(チリーズ/CHZ)

仮想通貨取引のスプレッドとは

仮想通貨(暗号通貨)とは

仮想通貨を取引する際には、スプレッドが発生します。

スプレッドとは、仮想通貨販売所の購入価格(買値)と売却価格(売値)の差額のことです。

例えば、仮想通貨の販売所でビットコインを購入するとしましょう。

その時、販売所のビットコインの販売価格(買値)が70万円、売却価格(売値)が60万円だった場合、仮想通貨のスプレッドは10万円です。

このスプレッドは仮想通貨の販売所によって異なります。また、仮想通貨の需要によって、変動するため、常に同じということは基本的にありません。

仮想通貨のスプレッドは手数料

仮想通貨のスプレッドは、「(実質的な)販売所の手数料」といわれています。

実際、買値と売値の価格差がスプレッドとなるわけですが、このスプレッドが仮想通貨販売所の収益になります。

各販売所のサイトを見ると、販売所での取引では「手数料」の表示がないのですが、実際はこのスプレッドが実質的な手数料となるわけです。

ここで覚えておくべきことは、スプレッド(手数料)が小さい販売所の利用がおススメということです。

一方、板と呼ばれる「買い」と「売り」を突き合わせる、仮想通貨取引所は、スプレッドではなく、取引手数料として取引金額の数%を支払います。

仮想通貨の取引所と販売所の違い

ここで、仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いについて押さえておきましょう。

基本的にどの仮想通貨取引所も、「取引所」と「販売所」を運営しています。

ざっくりいうと、

  1. 販売所:販売所を運営する企業と売買(例:CoincheckやbitFlyerなど)
  2. 取引所:他のユーザーと売買(例:CoincheckでBTCを売買しているユーザー)

という、取引相手の違いがあります。

また、手数料でまとめてみると

  1. (実質の)販売所の手数料:スプレッド
  2. 取引所の手数料:数%の取引手数料

手数料の違いもあります。

詳しくは下の記事に書いてありますが、初心者なら、取引所よりもすぐに仮想通貨が購入できる販売所がおススメです。

【仮想通貨の販売所と取引所の違いは?メリット・デメリットと初心者が使うべきはどっち?⇩】

仮想通貨の販売所と取引所の違いは?メリット・デメリットと初心者が使うべきはどっち?
仮想通貨の販売所と取引所の大きな違いは、「取引相手が違う」「取引の仕組みが違う」「売買手数料が違う」の3点です。初心者はスグに取引できる販売所の利用がおススメです。初心者におススメの仮想通貨販売所はCoincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)、GMOコインです。

仮想通貨のスプレッドが変動する理由

仮想通貨販売所のスプレッドは、毎秒ごとに変化しています。

1時間後にはスプレッドが1万円下がったり、逆に1万円上がったりしていることもあります。

その主な主なは、

  1. 販売所における仮想通貨需要の変化
  2. 仮想通貨市場による影響

が挙げられます。

販売所における仮想通貨需要の変化

販売所における仮想通貨需要の変化とは、簡単に言えば、仮想通貨販売所への仮想通貨の需給によって、価格が変動=スプレッドが変動するということです。

基本的にモノの価格は、需要と供給によって決まります。

そのため、仮想通貨を購入したいユーザーが増えると、販売所が保有する仮想通貨の価値が上がるため、販売所は価格を引き上げます。

一方、仮想通貨販売所の取引量が少ないと、保有する仮想通貨の価値も下がるため、価格が下がります。

この仮想通貨の需給変化による、価格の変化が、スプレッドにも影響を及ぼします。

仮想通貨市場による影響

仮想通貨市場による影響では、仮想通貨市場が盛り上がりを見せるとビットコインなどの価格が上昇するように、価格が変化し、その結果スプレッドが変動します。

ただ、各販売所のスプレッドが大きく変化することはあまりなく、価格だけが変わることが多いようです。

そのため、手数料を抑えるために、スプレッドが小さい販売所を見つけておく必要があります。

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。

【一覧】おススメはスプレッドが小さい仮想通貨販売所

仮想通貨(暗号資産)とは仮想通貨(暗号資産)とは

これまでに仮想通貨のスプレッドが、仮想通貨販売所の実質的な手数料であることを説明しました。

もちろん、手数料は安い方がいいので、スプレッドが小さい販売所を利用する方がおススメです。

ビットコインのスプレッドが最も小さい仮想通貨販売所は、bitbank(ビットバンク)です。

実際にある時点でのビットコイン(BTC)の価格をもとに、各販売所のスプレッドをまとめてみました。

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
1bitbank(ビットバンク)3,896,9133,871,73225,181
2DMM bitcoin3,858,0543,815,58942,465
3GMOコイン3,895,4223,784,368111,054
4bitFlyer(ビットフライヤー)3,961,2903,730,919230,371
5Coincheck(コインチェック)3,954,9003,720,700234,200

※2021年6月30日時点でのスプレッドで比較

【第1位】bitbank(ビットバンク)

bitbank

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
1bitbank(ビットバンク)3,896,9133,871,73225,181

※2021年6月30日時点でのスプレッド

仮想通貨販売所の中で最もスプレッドが最も小さいのは、 bitbank(ビットバンク)です。

bitbank(ビットバンク)のビットコインのスプレッドは、他の取引所に比べると非常に低いです。

bitbank(ビットバンク)の特徴は、

  1. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料
  2. ビットコイン(BTC)の送金手数料が比較的安い

となっています。

bitbank(ビットバンク)も他の仮想通貨取引所と同様に、販売所の取引手数料は無料です。

また、ビットコイン(BTC)の送金手数料が取引所内でbitFlyer(ビットフライヤー)に次ぐ安さの0.0006BTCとなっています。

【第2位】DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
2DMM bitcoin3,858,0543,815,58942,465

※2021年6月30日時点でのスプレッド

DMM Bitcoinは、ネットサービス大手のDMMグループによって運営されている取引所です。

渋谷交差点の大型広告で、タレントのローラさんや芸人のビートたけしさんが、ビットコインを抱える広告をご覧になった方もいるかもしれませんが、あの広告はDMM Bitcoinの広告です。

DMM Bitcoinは、取引手数料だけにとどまらず、入金、出金、さらに仮想通貨の送金手数料が全て無料です。

つまり、DMM Bitcoin内での利用であれば、手数料が一切発生しません。

そのため、比較的短期間で仮想通貨を取引したい方や、短期トレードでやっていきたい方におススメの取引所です。

【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判&口コミ&メリットデメリットまとめ】

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判&口コミ&メリットデメリットまとめ

【第3位】GMOコイン

GMOcoin

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
3GMOコイン3,895,4223,784,368111,054

※2021年6月30日時点でのスプレッド

GMOコインは、大手ネットサービスGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は、

  1. 現金の入金・出金手数料が無料
  2. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料

となっています。

他社では400円~700円ほどの手数料が発生する、現金の入出金で手数料が発生しません。

【GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!】

GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!
直近の仮想通貨取引所のランキング結果では、GMOコインは第3位と、取引所内では非常に人気が高いです。GMOコインのメリットは、最短10分でアカウント開設が完了、スプレッドが小さい、取引手数料が安い、万全のセキュリティ機能の4つです。特に仮想通貨取引所への入出金手数料が無料な点が非常に便利です。

【第4位】bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer_新規登録

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
4bitFlyer(ビットフライヤー)3,961,2903,730,919230,371

※2021年6月30日時点でのスプレッド

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年から運営されている日本の大手仮想通貨取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料の特徴は、

  1. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料
  2. 日本円の入金が無料(※住信SBIネット銀行からのみ。他行では発生。)
  3. ビットコイン(BTC)の送金手数料が最安値(DMM除く)

となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行からの入金だと手数料が発生しません。

また、ビットコイン(BTC)の送金手数料が最安値の0.0004 BTCとなっています(DMM除く)。

【bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?最新の口コミや評価をまとめてみた!】

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?最新の口コミや評価をまとめてみた!
bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミは比較的良い評価が多いです。 bitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判は、 ・最低購入金額が安いので、使いやすい ・銘柄の上場キャンペーンが豊富 ・新規のアルトコイン上場が日本最速 bitFlyer(ビットフライヤー)の悪い評判は、 ・手数料が高い ・サーバーが重いです。

【第5位】Coincheck(コインチェック)

Coincheck

順位取引所名販売価格(買値/円)売却価格(売値/円)スプレッド(円)
5Coincheck(コインチェック)3,954,9003,720,700234,200

※2021年6月30日時点でのスプレッド

Coincheck(コインチェック)は、ネット証券のマネックスグループの仮想通貨取引所です。

Coincheck(コインチェック)の手数料の特徴は、

  1. 取引所での取引手数料が無料
  2. 販売所での取引手数料が無料(ただし、市場の急変によっては0.1〜5.0%の手数料が発生)

となっており、基本的に仮想通貨取引所と販売所の手数料は無料です。

また、銀行口座からの入金手数料も無料です。

最新の仮想通貨取引所ランキングでも1位を獲得するなど、今最も人気がある取引所です。

【コインチェックの評判は?徹底的にメリットとデメリットを解説!口コミや実際に触ってみた感想も!】

コインチェックの評判は?徹底的にメリットとデメリットを解説!口コミや実際に触ってみた感想も!
Coincheck(コインチェック)のメリットは、 サイトデザインがわかりやすく、初心者でも扱いやすい 運営企業が東証1部のマネックスの傘下のため、安全性が担保されている 国内取引所で最多の仮想通貨取扱数 です!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)とは?仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説しています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高く、おおよそ価格も上昇すると予測されています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の上場に備えて、HuobiJapanの口座を開設することをおススメします。

まとめ

ビットコインなどを仮想通貨販売所で取引する場合は、スプレッドが小さい販売所を利用することをおススメします。

一方、販売所では基本的に取引手数料はかかりませんが、入出金手数料や送金手数料などの手数料が発生することがあります。

そのため、仮想通貨を取引する上では、これらの手数料を意識する必要があります。

こちらの記事に仮想通貨取引関連の手数料をまとめておきましたので、ぜひご覧ください。

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!
仮想通貨取引所の手数料を徹底比較してみました。仮想通貨取引所の中で手数料が最安なのは、DMM Bitcoinです。DMM Bitcoinは、取引手数料だけにとどまらず、入金、出金、さらに仮想通貨の送金手数料が全て無料です。つまり、DMM Bitcoin内での利用であれば、手数料が一切発生しません。
OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました