仮想通貨の販売所と取引所の違いは?メリット・デメリットと初心者が使うべきはどっち?

仮想通貨(暗号資産)を購入する場合は、「取引所」と「販売所」の2種類があります。

ところで、仮想通貨の取引所と販売所の違いは何なのでしょうか?

仮想通貨初心者であれば、誰でも気になることだと思います。

実は、販売所と取引所の違いを知らずに取引をしていると、思わぬ手数料を払い続けて、損をする可能性があります。

つまり、初心者なら絶対に販売所と取引所の違いを押さえておくべきです。

そこで今回は、

  • 仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違い
  • 取引所と販売所のメリット/デメリット
  • 販売所と取引所のどちらがおススメ

の3点について、簡単に解説していきます!

また、最後におススメの仮想通貨販売所/取引所も紹介します!

BINANCE(バイナンス)でおススメのNFT銘柄はどれ?NFT銘柄4選をご紹介!
BINANCEでおススメのNFT関連銘柄は、以下の4つの仮想通貨です。 ・ETH(イーサリアム/ETH) ・Binance Coin(バイナンスコイン/BNB) ・Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ) ・Chiliz(チリーズ/CHZ)

仮想通貨の販売所と取引所の違い

仮想通貨(暗号通貨)とは

では、仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いとはいったい何なのでしょうか?

大きな違いは、以下の3つです。

  1. 取引相手が違う
  2. 取引の仕組みが違う
  3. 売買手数料が違う

ではそれぞれの違いについて、ゆっくり解説していきましょう。

販売所と取引所の違い❶取引相手が違う

まず1つ目は、取引する相手が違います。

簡単にまとめると、こうなります。

【取引する相手】

  1. 販売所:販売所を運営する企業(例:CoincheckやbitFlyerなど)
  2. 取引所:他のユーザー(例:CoincheckでBTCを売買しているユーザー)

そもそも販売所とは、仮想通貨販売所を運営する企業が保有する仮想通貨を売買する場所です。

身近なイメージとしては、食料品を売っているスーパーのようなものです。スーパーは食料品を仕入れて、私たちに販売します。このイメージのように、ユーザーが運営企業から仮想通貨を売買するのが、販売所です。

一方、取引所は他のユーザー間同士で取引を実行します。

仮想通貨取引所は、仲立ち役としてユーザー同士をマッチングさせ、代わりに仲介手数料を受け取ります。

取引所の身近なイメージは、メルカリのようなフリマアプリです。フリマアプリは、メルカリが仲介することで、個人ユーザー同士が取引し、売買が成立する仕組みになっています。

このように、販売所は運営企業とユーザー、取引所はユーザー同士と、取引する相手が異なります。

販売所と取引所の違い❷取引の仕組みが違う

2つ目の違いは、取引の仕組みの違いです。

簡単にまとめると、以下のようになります。

【取引の仕組み】

  1. 販売所:販売所の言い値で売買
  2. 取引所:ユーザー間の言い値で売買

販売所は、ユーザーと運営企業間で仮想通貨を売買することは説明しました。

では、その時の値段は誰が決めているかといえば、販売所が決めています。

具体的には、販売所が提示する、販売価格(売値)と買取価格(買値)で取引を行います。

一方、取引所は取引したいユーザーの買値と売値をマッチングさせる仕組みです。この買値と売値が一致したところで、取引が成立します。

株式取引を見たことがある人なら御存じかもしれませんが、取引所を開くと、買値と売値を順番に並べた「板」と呼ばれるものが表示されます。これらはユーザーが希望する買値と売値を板にしてまとめたものであり、真ん中の値段で取引が実行されます。

簡単にまとめると、販売/買取価格が表示されているのが「販売所」、板があるのが「取引所」と覚えておくとよいでしょう。

販売所と取引所の違い❸売買手数料が違う

3つ目の違いは、売買手数料の違いです。

販売所は、販売所が提示する価格でしか取引できませんが、この買値と売値を見てみると、値段に差があります。

これをスプレッドといい、販売所の実質的な手数料となっています。

例えば、販売価格(売値)が40万、買取価格(買値)が35万だった時、スプレッドは差額の5万円です。5万円分の手数料を払っているわけではありませんが、35万円分の仮想通貨を40万円で販売しているので、実質5万円分を損することにもなります。

また、このスプレッドは販売所の需給によって変動します。さらに、販売所によってもスプレッドが変化します。

一方、取引所の取引手数料は、取引手数料の数%となっています。

例えば、取引所で5万円分のビットコインを購入した時に、取引手数料が0.5%だった場合は、250円分が手数料になります。

このように、販売所と取引所は手数料の仕組みが大きく異なり、さらにその額も大きく異なります。

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!⇩

【比較】仮想通貨取引所の手数料一覧!取引手数料の最安はDMM Bitcoin!
仮想通貨取引所の手数料を徹底比較してみました。仮想通貨取引所の中で手数料が最安なのは、DMM Bitcoinです。DMM Bitcoinは、取引手数料だけにとどまらず、入金、出金、さらに仮想通貨の送金手数料が全て無料です。つまり、DMM Bitcoin内での利用であれば、手数料が一切発生しません。
海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。

仮想通貨販売所のメリット/デメリット

仮想通貨_販売所/取引所_メリット/デメリット

ここで、まずは仮想通貨販売所のメリットとデメリットをまとめてみました。

【メリット】

  1. スグに取引できる
  2. 取引方法が簡単

【デメリット】

  1. 手数料(スプレッド)が高い
  2. 最低購入金額が設定されている

メリット

販売所は、取引したい時にすぐに取引できます。

なぜなら、販売所はその時に表示された価格で仮想通貨を取引することができるからです。

また、取引方法も非常に簡単です。

販売所は取引数量を決めて「購入」もしくは「売却」のボタンを押すだけで、取引が完了します。

デメリット

販売所のデメリットは、スプレッドが大きいため、実質的な手数料が高くなってしまうことです。

取引所の場合は数%の取引手数料よりも高いスプレッドによって、ムダな取引手数料を払うことになるからです。

また、最低購入金額(購入数)なども設定されているため、一定以上の資金がないと、販売所では購入できないというケースも珍しくありません。

最近では最低購入金額も下がってきていますが、最低購入金額を満たした現金がないと、取引できなくなってしまいます。

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)とは?仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説しています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高く、おおよそ価格も上昇すると予測されています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の上場に備えて、HuobiJapanの口座を開設することをおススメします。

取引所のメリット/デメリット

次に、仮想通貨取引所のメリットとデメリットをまとめてみました。

【メリット】

  1. 言い値で取引できる
  2. 手数料が安い
  3. 取引数量が少なくても大丈夫

【デメリット】

  1. 取引が成立しないリスクがある
  2. 取引方法がめんどくさい

メリット

取引所のメリットとして挙がるのは、自分の言い値で取引できることでしょう

なぜなら、取引所はユーザーの言い値をまとめ、買値と売値が一致する取引を成立させるためです。そのため、希望する買値・売値を設定できます。

また、販売所よりも取引手数料が圧倒的に低いです。

販売所はスプレッドという、比較的高めの取引手数料が発生しますが、鳥費所の手数料は取引価格の数%です。そのため、販売所に比べて、かなり手数料を抑えることができます。

最後に、取引数量が少なくても問題ない点もメリットとしてあります。

取引所はたとえ少量でも保有する仮想通貨を売りに出すことが可能です。そのため、販売所のように最低購入/販売数量のような縛りもありません。

デメリット

一方、取引所のデメリットは、取引が成立しないリスクがあることです。

例えば、自分が1BTCを40万円で売りに出したとしても、その後価格が下落して1BTCが30万円になってしまうと、なかなか40万円で買ってくれる他のユーザーはいないでしょう。つまり、取引が成立しなくなってしまいます。

2つ目のデメリットととして、価格の調整があります。

つまり、自分が取引したい価格で取引が成立しない場合は、取引が成立する価格に再設定し直すか、成立するまで待ち続ける必要があります。

このように取引所は、スグに仮想通貨を買ったり、売ったりできないというデメリットがあります。

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。

【おススメ】初心者なら販売所がおススメ

仮想通貨(暗号資産)とは仮想通貨(暗号資産)とは

ここまで読み進めてみて、「結局、販売所と取引所のどっちがイイの?」と疑問を持たれた方も多いかと思います。

結論から言えは、仮想通貨初心者の方には、まず販売所取引がおススメです。

その理由は、販売所のメリットにもある通り、「スグに取引できる」からです。
販売所なら自分の好きなタイミングで購入/売却が可能です。
スプレッド(買値と売値の価格差)があるとはいえ、価格が下落している時に購入し、売値が当初の買値を超えれば、しっかり利益を出すことも可能です。
つまり、販売所で仮想通貨取引をするときに注意すべきことは、スプレッドということになります。
最後に、初心者におススメのスプレッドが比較的小さい、仮想通貨販売所をご紹介します!
【初心者におススメの仮想通貨販売所】
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. bitFlyer(ビットフライヤー)
  3. GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheck(コインチェック)は、ネット証券のマネックスグループの仮想通貨取引所です。

Coincheck(コインチェック)の手数料の特徴は、

  1. 取引所での取引手数料が無料
  2. 販売所での取引手数料が無料(ただし、市場の急変によっては0.1〜5.0%の手数料が発生)

となっており、基本的に仮想通貨取引所と販売所の手数料は無料です。

また、銀行口座からの入金手数料も無料です。

最新の仮想通貨取引所ランキングでも、1位を獲得しています。

Coincheckの登録はこちら

【初心者】Coincheck(コインチェック)の登録方法を解説!】

【初心者】Coincheck(コインチェック)の登録方法を解説!初心者に人気な理由も紹介!
たしかに、仮想通貨の取引所は数が多く、どこが一番いいのかわかりにくいです。そこで、いきなり結論から申し上げますと、初心者が最初に開設すべきは、「Coincheck(コインチェック)」です。Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なCoincheck(コインチェック)の登録方法を解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年から運営されている日本の大手仮想通貨取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料の特徴は、

  1. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料
  2. 日本円の入金が無料(※住信SBIネット銀行からのみ。他行では発生。)
  3. ビットコイン(BTC)の送金手数料が最安値(DMM除く)

となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行からの入金だと手数料が発生しません。

また、ビットコイン(BTC)の送金手数料が最安値の0.0004 BTCとなっています(DMM除く)。

【bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?最新の口コミや評価をまとめてみた!】
https://tokenknowledge.com/bitflyer-reputation/

GMOコイン

GMOcoin

GMOコインのスプレッドは、業界最安値となっています。

GMOコインの特徴は、

  1. 現金の入金・出金手数料が無料
  2. 仮想通貨販売所の取引手数料が無料

とです。

他社では400円~700円ほどの手数料が発生する、現金の入出金で手数料が発生しない点が非常に嬉しいです。

最短10分で口座開設が完了し、スグにビットコインなどの仮想通貨を購入することが可能です。

【GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!】

GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!
直近の仮想通貨取引所のランキング結果では、GMOコインは第3位と、取引所内では非常に人気が高いです。GMOコインのメリットは、最短10分でアカウント開設が完了、スプレッドが小さい、取引手数料が安い、万全のセキュリティ機能の4つです。特に仮想通貨取引所への入出金手数料が無料な点が非常に便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました