【初心者必読】仮想通貨(暗号資産)をカンタン解説!おススメの仮想通貨取引所はどれ?

仮想通貨(暗号通貨)_投資

最近、投資界隈で注目を集めているのが仮想通貨(暗号資産)です。

仮想通貨が注目されている理由は、2021年の初め以降から急激な価格上昇を引き起こしている一方、簡単に取引ができるなど、初心者でも簡単に投資可能という点が挙げられます。

ところで、

  • そもそも仮想通貨って何?
  • 仮想通貨のメリットやデメリットは?
  • 実際に仮想通貨を取引するにはどうすればいいの?
  • おススメの仮想通貨銘柄は何?

といった、仮想通貨に関わる様々な疑問を持っている方も多いかと思います。

今回は、誰でも簡単に理解できるように、ポイントを絞って仮想通貨について解説していきます。

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)とは仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)は、一言でいうと、インターネット上で利用できるデジタル通貨のことです。

そもそも、仮想通貨という名前にある通り、仮想通貨は普段私たちが利用する円やドルなどの紙幣や硬貨(コイン)といった形式ではありません。全て、インターネット上のデータとして存在し、それを送信することで取引を行います。

このデータの取引する際に利用されるのが、ブロックチェーンという技術です。

ブロックチェーンは、勝手にデータを書き換える改ざんが非常に困難にする技術であるため、偽物などがあると困る仮想通貨と非常に相性が良いです。

「仮想通貨=ブロックチェーン」ではない

ちなみに、「仮想通貨=ブロックチェーン」ではないことに注意してください。

ブロックチェーンはあくまで仮想通貨のベースとなる技術の名前で、ブロックチェーン自体は仮想通貨以外に金融やデータ管理など、様々な領域で活躍している技術です。

【仮想通貨とブロックチェーンの違い】

  • 仮想通貨:ブロックチェーンを利用したデジタル通貨
  • ブロックチェーン:改ざんが困難なデータのネットワーク技術

また、円やドルなどの法定通貨は、国や中央銀行が管理をしていますが、仮想通貨は管理者がしない非中央集権的な通貨です。

ここで、「非中央集権的なら、誰が仮想通貨を発行をしているの?」と疑問を持つ方もいると思います。

実は仮想通貨は、サトシナカモトという人物が発表した、ブロックチェーンをベースにしたプログラムで動いており、このプログラムを動かすために、自主的に仮想通貨の運営に参加する「マイナー」達によって発行されています。

仮想通貨の「マイナー」とは

仮想通貨における「マイナー(採掘者)」とは、仮想通貨の計算を行うことで、ブロックチェーンの運営を助けているユーザーのことです。

マイナーは、マイニングと呼ばれるブロックチェーンのプログラムの計算を実施することで、報酬としてビットコインなどを受け取ります。

マイナー達が仮想通貨を動かすためのプログラムを手伝うことによって、新たな仮想通貨が発行される、さらにマイナーは報酬として仮想通貨が付与されます。

一方、最初から上限分の仮想通貨が発行されマイナーを必要としない仮想通貨や、逆に中央集権的な仮想通貨も誕生しており、全ての仮想通貨が非中央集権的でマイナーが必要というわけでもなくなってきています。

【仮想通貨の特徴】

  • 管理者がいない「非中央集権的」な通貨
  • マイナーと呼ばれるユーザーが仮想通貨の発行をサポート
  • 現在はマイナー不要/非中央集権的な仮想通貨も誕生

誕生当時は、非中央集権的で民主的な通貨といわれていた仮想通貨(特にビットコイン)ですが、マイナーの報酬問題や、非中央集権的だからこそ発生する問題によって、それらを解決した仮想通貨がたくさん誕生することとなりました。

仮想通貨(暗号資産)のメリット

ETH_NFT関連銘柄_チャート

では、なぜ投資において仮想通貨は注目されているのでしょうか?

それは、株式取引やFXにはない、仮想通貨の投資におけるメリットが存在するからです。

その投資における仮想通貨のメリットは、以下の4つです。

  1. 価格変動(ボラタリティ)が大きく、大きな利益を出しやすい
  2. 株やFXと違い、24時間いつでも取引ができる
  3. 銘柄が非常に豊富なため、分散投資が簡単にできる
  4. 少額から取引が可能なため、初心者でも始めやすい

価格変動(ボラタリティ)が大きく、大きな利益を出しやすい

仮想通貨が投資で注目される魅力は、株やFXに比べて、価格変動(ボラタリティ)が大きいため、利益を出しやすいです。

例えば、株式市場において有名な日経平均株価(日本の一部上場企業の株価の平均)は、2ケタ(10%~)も動くことはあまりありません。

一方、仮想通貨市場では、10%以上の価格変動が日常茶飯事です。

特に2021年以降、仮想通貨市場の高まりから、価格が400万ドルから一気に700万ドルまで急上昇し、利益が発生したユーザーも多くいたようです。

24時間取引ができる

株式取引やFXは、取引可能な時間帯が決まっています。

一方、仮想通貨は)24時間365日、いつでもどこでも取引可能です。

【サービスごとの取引可能時間】

  • 日本株:9:00~11:30、12:30~15:00(平日のみ)
  • FX:6:00~5:30(平日のみ)
  • 仮想通貨:24時間365日(取引所のメンテナンス時間は除く)

株式取引やFXは、一番時間が取れる休日の土日に取引ができない点がネックとしてあります。

一方、仮想通貨は土日も取引可能です。

分散投資がしやすい

仮想通貨と聞けば、多くの人が「ビットコイン(BTC)」を思い浮かべると思います。

ビットコインは仮想通貨銘柄の中でも最も人気があり、取引の市場規模も仮想通貨の中でダントツの1位です。

一方、仮想通貨銘柄には、ビットコイン以外にも「アルトコイン」という様々な通貨が存在します。その数はすでに3,000種類を超えると言われており、中にはビットコイン以上にボラタリティがある銘柄もたくさんあります。

投資をするときには、リスクを減らす(リスクヘッジ)のために、複数の銘柄に分けて投資する「分散投資」が基本です。そのため、ビットコインだけでなく様々なオルトコインを持つ仮想通貨は、分散投資が非常にしやすいです。

実際に日本で最も知名度が高い仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」では、以下の15個もの仮想通貨銘柄を取り扱っており、簡単に分散投資ができます。

【Coincheckの取り扱い銘柄一覧】

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クオンタム)
  • BAT(バット)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジン)

仮想通貨投資なら、投資で基本的な分散投資が簡単に行えるため、初心者でもリスクヘッジをした上で、投資を楽しむことができます。

Coincheckの登録はこちら

少額から取引可能なため、初心者でも始めやすい

仮想通貨投資は、500円から投資可能なため、初心者でも簡単に投資が始められます。

株やFXの場合は、最低注文金額などが決まっており、種類にもよりますが、最低でも1万円以上の資金が必要なモノが多いです。株式取引の場合は、最低注文金額が5万円以上などもザラです。

一方、仮想通貨は500円からでも投資が開始できます。

実際にCoincheckでビットコイン(BTC)を購入する時の最低注文金額は500円~です。

仮想通貨は、初期費用が高い株やFXとは違い、少額で投資を開始できるため、初心者におススメの投資です。

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨(暗号資産)のデメリット

次に、仮想通貨のデメリットを解説していきます。

仮想通貨のデメリットは、以下の3つです。

  1. 価格変動(ボラタリティ)が大きすぎる時もある
  2. セキュリティの設定が必要
  3. 決済で利用するのは難しい

価格変動(ボラタリティ)が大きすぎる時もある

よく仮想通貨投資は、「ハイリスク・ハイリターン」といわれます。

その理由は、メリットにも書いた通り、価格変動(ボラタリティ)が大きすぎる時があるためです。ボラタリティが大きいということは、その分利益が大きくなる可能性がありますが、一方で損失も大きくなるリスクもあります。

ただ、短期的な視点で見ると、確かに価格変動が大きいことは否めないですが、長期的な視点で見ると、1週間後には価格がもとに戻っていることもあります。

一時的に価格が変動することもありますが、自分で決めた投資のルールなどに従えば、ムダな狼狽売り(価格変動などで焦って売ってしまうこと)などを減らすことも可能ですので、仮想通貨を投資する時は、自分なりの投資のルールを決めておくことをおススメします。

セキュリティの設定が必要

仮想通貨といえば、ハッキング事件が多いといった印象をお持ちの方もいるかと思います。実際に、これまでに複数の仮想通貨取引所がハッキング被害に遭ったケースがあります。

そのため、仮想通貨を取引所に保管しておくことは危険と思う方もいるかと思いますが、仮想通貨取引所も日々セキュリティの体制を強化しています。実際に、自分の仮想通貨口座にログインする時に、二段階認証を導入している取引所も存在します。

ただ二段階認証といっても、「GoolgeAuthenticator」といった、無料の認証アプリを使ってセキュリティ設定をするだけでOKです。メールアドレスで、ログイン通知を設定する方法もあります。

【初心者向けのセキュリティ対策】

  1. 「GoolgeAuthenticator」といった無料の二段階認証アプリの利用
  2. メールによるログイン通知

セキュリティ設定が少し手間になってしまうかもしれませんが、スマホ内で全て完結するため、そこまで難しく考える必要はありません。むしろ最低限のセキュリティ設定を行うことで、保有する仮想通貨へのリスクを減らすことができます。

決済で利用することは難しい

冒頭の説明で、仮想通貨は「ネットワーク上で利用されるデジタル通貨」と説明をしましたが、実際に決済などで利用される機会は少ないというのが現状です。

実際に2017年に注目された時は、「仮想通貨」という名称が一般的でしたが、決済に利用される機会が少ないことや、「通貨」よりも投資先としての「資産」の性質が強くなったことなど、さらにこれらを踏まえ金融庁のガイドラインから名称を変更することが指示されたことから、現在では「仮想通貨(暗号資産)」という表記がスタンダードとなりました。

一方、2021年6月に南米のエクアドルがビットコインによる決済に対応する法律を発表したことや、アメリカの複数企業がビットコイン決済を導入したことなどから、再び仮想通貨(暗号資産)の決済の機能に注目が集まってきています。

ちなみに、日本では2018年の時点で、ビックカメラの「ビックカメラ.com」はビットコイン決済に対応するなど、日本でもビットコイン決済に対応している企業やサービスもいくつか存在しています。日本で仮想通貨決済に対応する店舗が増えるかどうかは微妙ですが、現在の仮想通貨市場の盛り上がりなどで対応する企業や店舗が増えていくこともあり得るかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)の主な銘柄

仮想通貨といえば、ビットコイン(BTC)ですが、メリットの「分散投資」にも書いた通り、仮想通貨にはアルトコインと呼ばれるビットコイン以外にも様々な銘柄が存在します。

今回は初心者が押さえておきたい、主要な仮想通貨銘柄を3つご紹介します。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)

ビットコイン(BTC)

仮想通貨(暗号通貨)とは

仮想通貨=ビットコインというイメージが強いほど、仮想通貨を代表する銘柄がビットコイン(BTC)です。

【ビットコイン(BTC)の特徴】

  • 仮想通貨銘柄の中で圧倒的な時価総額(75兆円)
  • ボラタリティも大きく投資銘柄としても魅力的
  • 取引量が多いため、取引しやすい

ビットコインは、仮想通貨投資で外すことができない銘柄です。初心者であれば、誰でも購入すべき銘柄です。

その理由は、特徴にも書いた通り、圧倒的な時価総額を誇る人気銘柄のため、ボラタリティが大きくなりやすく、その分利益も出しやすくなります。

またビットコインが仮想通貨の中心的な銘柄となっているため、ビットコインの価格が上昇すると、他の銘柄の価格も上昇しやすくなるとされています。

また、長期的な視点で見ると、仮想通貨の普及や仮想通貨決済の拡大などのプラス要因の多さから、仮想通貨銘柄の代表格であるビットコインの価格がさらに上昇する可能性もあります。

もし迷ったら、まずはビットコインを購入することを強くおススメします。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム_NFT関連銘柄

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに継ぐ市場規模第2位の仮想通貨です。

【イーサリアム(ETH)の特徴】

  • 仮想通貨銘柄の第2位の時価総額
  • 発行枚数に上限があり、価格が安定しやすい仕組み
  • NFTの市場拡大によって今後の価格上昇が期待される銘柄

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る、仮想通貨銘柄の中でもかなり知名度が高い銘柄です。

ビットコインとは異なり、通貨の発行枚数がすでに決まっているため、将来的に価格が安定しやすくなるように設計されている点が特徴です。

また、イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれる、自動販売機のように、自動的に決済を完了させる機能を持っており、ビットコインよりも決済の機能面で優れています。

実際に、2021年初頭から注目を浴びているNFT(非代替性トークン:Non-Fungible-Token)」サービスの多くで、このスマートコントラクトを持ったイーサリアムが導入されています。

そのため、今後のNFT市場の拡大によって、さらなる価格上昇が期待される銘柄です。

リップル(XRP)

リップル

リップル(XRP)は、リップル財団という団体が運営しているか仮想通貨です。

【リップル(XRP)の特徴】

  • ビットコインと異なり、中央集権的な仮想通貨
  • 企業間取引や国際送金に強み
  • SBI北尾社長などが注目

リップルの注目すべき特徴は、非中央集権的なビットコインとは異なり、中央集権的な仮想通貨であるということです。中央集権的であることのメリットは、決済処理などがスムーズに実行されるため、スピーディーに取引が完了します。

そのため、リップルは企業間の取引や、手数料が高く送金に時間がかかる国際送金に強みをもっています。つまり、ビットコインなどと比べて、すでにビジネス領域でグローバル展開をしている通貨といえます。

また、そのビジネス領域における強みから、SBIの北野社長が注目したり、実際にSBIの株主はリップルで配当を付与されるなど、日本ではSBIグループが積極的にリップルを活用した動きを見せています。

仮想通貨の投資界隈では、ビジネス領域において、すでに強固なスタンスを確立したリップルに熱視線を注ぐ投資家も多く、比較的知名度も人気も高い銘柄です。

最低購入金額も比較的低いため、初心者の分散投資先としておススメです。

初心者におすすめの仮想通貨取引所

では、実際に仮想通貨を購入するとなった時に、どの取引所で購入すればよいでしょうか?

最後に、初心者におススメの仮想通貨取引所をご紹介します。

No仮想通貨取引所おススメ度注目ポイント
1Coincheck(コインチェック)★★★★★■仮想通貨取引所ランキングで1位を獲得
■スマホで使いやすいUI/UX
■本人確認が超簡単
2bitFlyer(ビットフライヤー)★★★★☆■ビットコインの取引量が国内最大級
■取引所と販売所の切り替えが簡単
■2014年~の知名度が高い取引所
3GMOコイン★★★★☆■手数料が安い
■出金手数料が無料
■セキュリティ面に強み

【第1位】Coincheck(コインチェック)

Coincheck

初心者にまずおススメする仮想通貨取引所は、Coincheck(コインチェック)です。

【Coincheck(コインチェック)のメリット】

  • 仮想通貨取引所ランキングで1位を獲得
  • スマホで使いやすいUI/UX
  • 本人確認が超簡単

2021年6月に発表された最新版の仮想通貨取引所の人気ランキングで、Coincheckは2位のbitFlyerに約2倍のポイント差をつけて、堂々の1位を獲得しています。Coincheckは2017年のNEM流出事件で、一気に知名度を上げましたが、その後マネックスグループに買収されています。

Coincheckは人気の理由は、「スマホでもチャートが見やすい」や「取引画面がわかりやすい」など、スマホユーザーが使いやすいUI/UXにあります。

また、口座開設に必要な本人確認が非常に簡単で、「スマホで最短5分で完了」とうたっていることから、初心者でも簡単に口座開設し、スグに取引を始められます。

他にも「取り扱い銘柄の多さ」なども人気の要因となっており、分散投資がしやすい取引所となっています。

仮想通貨投資の初心者なら、まずはCoincheck(コインチェック)で口座開設することをおススメします。

Coincheckの登録はこちら

【初心者】Coincheck(コインチェック)の登録方法を解説!初心者に人気な理由も紹介!】

【初心者】Coincheck(コインチェック)の登録方法を解説!初心者に人気な理由も紹介!
たしかに、仮想通貨の取引所は数が多く、どこが一番いいのかわかりにくいです。そこで、いきなり結論から申し上げますと、初心者が最初に開設すべきは、「Coincheck(コインチェック)」です。Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨の取引所ランキングで1位を獲得した仮想通貨取引所です。そこで今回は、最短5分でアカウントが開設可能なCoincheck(コインチェック)の登録方法を解説します。

【第2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

次におススメする仮想通貨取引所は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

【bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット】

  • ビットコインの取引量が国内最大級
  • 取引所と販売所の切り替えが簡単
  • 2014年~の信頼性が高い取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ランキング第2位の仮想通貨取引所です。2014年からサービスを提供しており、国内では比較的歴史が長い取引所のため、高い知名度と信頼性を誇ります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の魅力は、「ビットコインの取引量が国内最大級」であることです。

仮想通貨といっても、その多くの取引がいまだにビットコインです。つまり、ビットコインの取引量が多い取引所の方が、利用するユーザーも流通量も増えるため、自分が購入したい価格で購入や売却することができます。

ビットコインをメインで取引したい場合は、bitFlyer(ビットフライヤー)をおススメします。

今なら登録だけで1000円分のビットコインがもらえます!

登録だけで1,000円分のBTCがもらえる!bitFlyerの登録はこちら

【bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?最新の口コミや評価をまとめてみた!】

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?最新の口コミや評価をまとめてみた!
bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミは比較的良い評価が多いです。 bitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判は、 ・最低購入金額が安いので、使いやすい ・銘柄の上場キャンペーンが豊富 ・新規のアルトコイン上場が日本最速 bitFlyer(ビットフライヤー)の悪い評判は、 ・手数料が高い ・サーバーが重いです。

【第3位】GMOコイン

GMOcoin

最後におススメする仮想通貨取引所は、GMOグループが運営するGMOコインです。

【GMOコインのメリット】

  • 手数料が安い
  • 出金手数料が無料
  • セキュリティ面に強み

GMOコインは、Coincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)に次ぐ、人気ランキングで第3位の仮想通貨取引所です。

GMOコインのメリットとして、「手数料が安い」「出金手数料が無料」「セキュリティ面が安心」などがあがりました。

特にGMOコインは「即時入金手数料」「出金手数料」など、他の取引所の手数料を比較してみると、GMOコインはほとんどの手数料が無料です。

①取引手数料②送金手数料③入出金手数料
順位取引所名販売所取引所※BTCのみ
掲載
入金出金
1位DMM Bitcoin無料無料無料無料無料
2位GMOコイン無料無料0.02 BTC無料無料
3位Coincheck(コインチェック)無料無料0.001 BTC■銀行振込:無料
■コンビニ入金:
・770円(3万円未満)
・1018円(3万円以上)
407円
4位bitFlyer(ビットフライヤー)無料0.01~0.15%0.0004 BTC■住信SBIネット銀行:
無料
■他行:330円
■三井住友銀行:
・220円(3万円未満)
・440円(3万円以上)
■他行:
・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
5位bitbank(ビットバンク)無料-0.02~0.12%0.0006 BTC無料
・550円(3万未満)
・770円(3万円以上)

手数料が気になる場合は、GMOコインをおススメします。

【GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!⇩】

GMOコインの評判は?メリット・デメリットや口コミや評判を調査!
直近の仮想通貨取引所のランキング結果では、GMOコインは第3位と、取引所内では非常に人気が高いです。GMOコインのメリットは、最短10分でアカウント開設が完了、スプレッドが小さい、取引手数料が安い、万全のセキュリティ機能の4つです。特に仮想通貨取引所への入出金手数料が無料な点が非常に便利です。

仮想通貨取引所のまとめ

最後に初心者におススメの取引所をまとめると、

  1. 今スグ取引を開始したいなら、Coincheck(コインチェック)
  2. ビットコインを中心に取引をしたいなら、bitFlyer(ビットフライヤー)
  3. 手数料を気にせず取引したいなら、GMOコイン

となります。

もちろん、これら複数の取引所を同時に開設して利用するのもアリです。実際に、仮想通貨投資者の多くが、複数の取引所のアカウントを利用しています。そのため、これら3つを同時に開設してしまうのもおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました