コインチェックの評判は?徹底的にメリットとデメリットを解説!口コミや実際に触ってみた感想も!

コインチェック

最近よくCM等で見かけるようになったコインチェックですが、日本で1,2位の人気の取引所です。

しかし、2018年1月にNEM事件を起こしたことがあるし、どうなんだろうと思う方もいるでしょう。

結論から言うと、コインチェックは今ではセキュリティにも注力し、安全性の高い信頼できる取引所となっています!

おすすめの取引所ですが、その理由を見ていきましょう!

Coincheck(コインチェック)とは?

Coincheck(コインチェック)の運営企業

会社名コインチェック株式会社
会社設立日2012年
会社所在地東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
代表取締役蓮尾聡
親会社マネックスグループ

コインチェックは、2012年に作られた会社で、2014年から仮想通貨交換業を開始しています。

多くの人がビットコインについて知らない時期から運営しているのすごいですよね!

2017年頃から一気に仮想通貨が流行り始め、多くのトレーダーが参入し、億トレーダーも多く生まれました。

その中で多くの人が使っていたのが、コインチェックです。

盛り上がりが最高潮の中で、NEMという仮想通貨の流出事件が起きました。

 

しかし、今は、ネット証券会社を運営するマネックスの傘下に入って、セキュリティや信頼性に厚さが生まれました!

それからは、利用者数も鰻登りで増加しています。

2020年8月にはモバイルアプリ累計ダウンロード数「300万」を突破しています。

Coincheckの登録はこちら

Coincheck(コインチェック)のメリットは?

メリットその1:初心者でも使いやすいデザイン

初心者でもわかりやすいデザインになっていて、どれをどれほど欲しいかをカートに入れるような感覚で購入することができます。

難しいサイトだと購入する前の銘柄の選び方で迷ったりする場合がありますが、コインチェックの場合は一目見ると使い方がわかるような作りになっています。

 

下の図が仮想通貨の購入画面です!

めちゃくちゃ使いやすそうですよね!

実際に、僕はビットコインを少し購入してみたんですが、とても操作性がよく使いやすかったです!!

メリットその2:取り扱い仮想通貨の種類(銘柄数)が多い

取扱銘柄数が多いので有名です!

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、ステラルーメン、クオンタム、バット、IOST、ENJ、OMGなどを採用しています。

 

さらに最近では、NFTと呼ばれるトークンも取り扱うなどを発表しており、これからさらに取扱仮想通貨の種類が増えていきます。

例を挙げると、バルセロナなど世界のビッククラブがファントークンに採用している「Chiliz(CHZ)」と提携するなどを発表しています!

これからさらに仮想通貨の種類が増えるコインチェックの登録は、マストでやるべきです。

メリットその3:最大年率5%の貸仮想通貨でお金がもらえる

Coincheck(コインチェック)は「貸仮想通貨サービス」というサービスを展開しています。
貸仮想通貨サービス」は、文字通りコインチェックに保管している自分のコインをコインチェックに貸し出すことで、一定の利子を受けられるサービスです。

仮想通貨を預けているだけで報酬がもらえるので、固くコツコツ増やしたい方にはオススメです。
貸し出し期間中はコインの売却ができなくなりますが、しばらく売却する予定がないなら貸してしまうのは手堅い選択だと思います。

最大5%の利子を受け取れるとなっており、銀行に預けるより大きいリターンを得ることが可能です。

もちろん、仮想通貨の価格は常に見ておかないといけませんが!

メリットその4:日本円で仮想通貨を購入できる

取引所によっては、日本円で購入できずに、一度ドルに変換した後にしか変えない場合がありますが、コインチェックでは日本円ですぐに購入することができます。

海外の取引所とかを使う際には、特に気をつけなければなりません。

よくわからない方は、コインチェックを使うのが無難で一番安全性が高いです。

Coincheckの登録はこちら

【Coincheck(コインチェック)の手数料とスプレッドは高い?仮想通貨取引所と徹底比較!】

Coincheck(コインチェック)の手数料とスプレッドは高い?仮想通貨取引所と徹底比較!
他の仮想通貨取引所と比較すると、Coincheck(コインチェック)の手数料は安く、Coincheck(コインチェック)のスプレッドは少し大きいと言えます。Coincheck(コインチェック)は取引手数料が無料の仮想通貨取引所/販売所です。取引手数料が無料なため、初心者から非常に高い人気があります。

Coincheck(コインチェック)のデメリットは?

デメリットその1:手数料が場合によっては高くなる

手数料が場合によっては、高くなってしまうことに加えて、入金手数料がかかってしまう。

しかし、すべて悪いわけではありません。

その分、安全性が高いので、長期保有したい方にはいい取引所です。

デメリットその2:レバレッジをかけた取引ができない

数年前は、レバレッジをかけた取引ができたのだが、いまではレバレッジを効かせた取引ができなくなっています。

問題が起きたことに加えて、政府が下げろと要請したのが原因です。

しかし、特に初心者に関しては、あまり多く取引をしないほうがいいし、レバレッジを効かせた取引なんてリスクが大きいためおすすめしません。

その面から考えると、レバレッジがかからないのは、有益だと思います。

デメリットその3:過去に問題を起こしている

過去にネム流出事件を引き起こした張本人のため、安全性が疑われていることです。

今では、上場しているネット証券会社のマネックスの傘下にいるため、圧倒的にセキュリティの面は強くなりましたので、この件で迷っている方はすぐ口座開設した方がいいと思います!

昔のコインチェックではなく、新生コインチェックはセキュリティーが強くなり、300万を超えるアプリダウンロード数になっているほど人気です!

Coincheckの登録はこちら

Coincheck(コインチェック)の口コミは?

改めて、コインチェックについてのツイッターでの口コミを集めました!

参考までに、見ておくとためになります。

 

世間一般はどう思っているんでしょうか?

信用を全部失ってからの立て直し力の凄さ

東証一部企業の子会社という安全性

銘柄数が増えていくという期待

Coincheck(コインチェック)のまとめ

まとめると、

サイトデザインがわかりやすく、初心者でも扱いやすい
運営企業が東証1部のマネックスの傘下のため、安全性が担保されている
国内取引所で最多の仮想通貨取扱数

です!

コインチェックは初めて仮想通貨を始めるには最適な取引所ということがわかりました!

他の取引所と総合的に比較してもコインチェックはかなりおすすめですよ!

いくつかの取引所を同時に開設しておきましょう!!

Coincheckの登録はこちら

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!
OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました