CHZ(チリーズ)はなぜ高騰してるのか?取り扱い取引所と今後の展望は?

出典:Chiliz(CHZ)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

2021年3月上旬から暗号通貨CHZ(チリーズ、以下CHZ)が高騰しています。

CZHは俗にいうアルトコイン(草コイン)ですが、2021年3月上旬だけで、1CHZの価格は、5円→90円と、実に18倍になっています。

そこで今回は、

  1. CHZ(チリーズ)とは?
  2. CZHが高騰している3つの理由
  3. CHZの展望
  4. CHZを取り扱っている取引所

について書いていきます。

CHZ(チリーズ)とは

引用:Chiliz公式サイト

CHZ(チリーズ)は、海外の大手スポーツクラブやエンターテインメント団体に対しと、ファンコミュニティの運営を実施するプラットフォーム上で使用される暗号通貨(トークン)です。

スポーツとエンターテイメントで世界をリードするブロックチェーン・フィンテック企業の「chiliz」が運営・開発しており、CHZは彼らが運営するプラットフォーム「Socios.com」上でのみ利用される基軸通貨となっています。

 

Socios.com」は、スポーツやエンターテイメント団体に対して、ブロックチェーンをベースとしたプラットフォームであり、スポンサー企業の公式ファントークンを販することで、ファンコミュニティの構築やエンゲージメント加速、さらにマネタイズが可能にしています。

具体的には、

・FCバルセロナ

・ユベントス

・パリ・サンジェルマン

・ASローマ

・ガラタサライ

・アトレティコ・マドリード

・OG

・CAインデペンディエンテ

といった、世界の有名クラブの公式ファントークンを販売しています。

購入したファントークンは、Chilizのブロックチェーン上で管理され、応援しているチームが開催する公式投票イベントへの参加や、エンゲージメントに基づきチーム関連グッズを含む様々な報酬を手に入れることが可能となります。

Chilizは一般消費者向けのブロックチェーン製品やサービスが採用することのできるオプション通貨です。エンターテイメントにおけるファンエンゲージメント、従来の製品やサービスに対する決済ソリューション提供を通して、日々の体験を向上します。

Chilizはスポーツ、そしてエンターテイメント団体に対して、ブロックチェーンをベースとしたツールを提供することによって、ファンとのエンゲージメントおよびマネタイズをサポートします。

出典:公式サイト「Chiliz」

さらに、「Socios.com」で購入された全てのファントークンは、Chilizのブロックチェーン上に記録され、プラットフォーム上で開催されるすべての投票は、イーサリアムなどで有名な「スマートコントラクト」としてChilizブロックチェーン上で処理されます。

※Chilizの公式アカウント一覧

Twitter

Instagram

facebook

Youtube

CHZが高騰している3つの理由

では、2021年以降、CHZが高騰しているのでしょうか?

ここでは、CZHが高騰した要因を3つに絞り、紹介します。

【CHZが高騰した理由】

  1. 3つの暗号資産取引所に参入
  2. 米市場の参入に向けた5,000万ドルの投資を発表
  3. 直近の暗号通貨市場の過熱

3つの暗号通貨取引所に上場

2021年3月1日に、CHZの3つの暗号通貨取引所に上場しました。一挙に3つもの取引所に上場することは非常に珍しいです。

上場した取引所は以下の3つです。

  1. Bitcoin.com Exchange
  2. HitBTC
  3. Changelly

上場した取引所は世界でも非常に有名な取引所です。CHZはすでに大手取引所「BAINANCE」にも上場していましたが、これでCHZが購入できる取引所が増えたことになります。

多くの仮想通貨は、おおむね上場した取引所が増えると、価格が高騰することが多いです。そのため、今回の取引所上場により、他の仮想通貨と同様に、価格が上昇した模様です。

米市場参入に向けた5,000万ドルの投資を発表

2021年3月2日に、CHZは「米国市場進出に向け、5,000万ドル(約53億円)の投資を実行した」ということを公表しました。

ロイター通信の報道によると、ChilizのCEOであるAlexandre Dreyfus氏がロイター通信に対し、5,000万ドルの投資を実行することを明かしました。

Alexandre Dreyfus氏は、「Chilizのグローバル展開において、アメリカ市場は非常に重要である。アメリカの主要なスポーツリーグにおいて、Chilizのサービスをフランチャイズとして提供するために、ニューヨーク支社設立や、アメリカのスポーツ市場に5,000万ドルの投資実行する」と語っています。

現在は、ヨーロッパの名門サッカークラブなどでファントークンサービスを提供していますが、今後はアメリカでもサービス提供を開始することで、グローバル化を目指し規模を拡大していくことの期待から、CHZの価格上昇につながった模様です。

昨今の暗号通貨市場の過熱

2021年1月以降、暗号通貨市場はこれまでにないほど過熱しています。その主な要因は、米大手銀行の暗号通貨サービスの開始発表や、イーロン・マスク氏など著名人の暗号通貨への肯定的なコメント発表などが、主な要因とされています。

とにかく、BTCを中心に軒並み仮想通貨銘柄が上昇しており、2021年3月14日(日)時点で、BTCは初の600万ドルに達しました。

このように、直近の暗号通貨市場の過熱ぶりを受けて、BTCやETHなどの主要なコインにのみならず、CHZといった将来の有望性があるアルトコインにも、資産が流入している可能性があり、このような市場背景が2021年3月のCHZの価格上昇の追い風となった可能性もあるでしょう。

CHZの今後の展望

CHZは、ヨーロッパの主要なサッカーチームでもファントークンとして利用され、今回の高騰要因の1つでもあった「米市場への参入」のように、有望性が非常に高いコインです。

なお、2021年2月には、日本の大手取引所「Coincheck」と、NFTマーケットプレイス事業において連携を開始したばかりです。

特に米市場への5000万ドルの投資実行時や、他の取引所への上場もありうるため、

引き続き、CHZの人気が続くかもしれません。

CHZを取り扱っている取引所

現在、CHZを取り扱っている取引所は以下の10つです。

  1. Chiliz Exchange(チリーズエクスチェンジ)
  2. BINANCE(バイナンス)
  3. Huobi Global(フォビグローバル)
  4. OKEx(オーケーイーエックス)
  5. Bitfinex(ビットフィネックス)
  6. KuCoin(クーコイン)
  7. FTX(エフティーエックス)
  8. Uniswap(ユニスワップ)
  9. HitBTC(ヒットビーティーシー)
  10. Bitcoin.com Exchange(ビットコインドットコムエクスチェンジ)

残念ながら日本の取引所でCHZを取り扱っているところはありません。日本国内からCHZを購入する一番簡単な方法は、

  1. CoincheckやbitFlyerでBTCを購入
  2. 海外の暗号通貨取引所(BINANCEなど)にBTCを送金
  3. 送金先の取引所でBTC/CHZペアで購入

です。

【おススメ:暗号通貨のNFT関連銘柄はこちら⇩】

おススメの暗号通貨のNFT銘柄はどれ?注目すべきNFTの関連銘柄を紹介
暗号通貨の中で、NFT関連銘柄としておススメなのは、ETH(イーサリアム/ETH)、Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)、Rarible(ラリブル/RARI)、Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)、Chiliz(チリーズ/CHZ)です。NFTマーケットプレイスで利用されている暗号通貨が、NFT関連銘柄の暗号通貨としておススメです。
DOGEコインが40%下落、イーロンマスク氏の博打発言が原因か
DOGE(ドージ)コインが40%下落したのは、マスク氏がDOGEコインを「博打だ」を発言したのが要因とされています。日本時間5月9日(日)に米番組に出演したイーロンマスク氏は、DOGEコインを博打と呼び、一時DOGEコインの価格が40%下落しました。本記事では、イーロンマスク氏とDOGEコインの関係とDOGEコイン急落の要因について解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました