NFTを販売する

NFTを販売するNFTを販売する

こちらでが、NFTの出品方法の情報をまとめています。

NFTを出品するなら、OpenSeaがおススメです。

OpenSeaは、世界最大級のユーザー数を誇るNFTマーケットプレイスです。

日本人でもせきぐちあいみさんや、武田早雲さんもNFTを出品した事例があるなど、日本国内でも非常に知名度が高いNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaとは

OpenSea_merit_demerit

OpenSeaに関する情報を随時更新しています。

Twitterでも最新情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!
OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSeaでのNFTの販売方法

OpenSea_how-to-sell

OpenSeaでNFTを出品する際には、以下の3つが必要です。

  1. 約5,000円~1万5,000円ぐらいのGAS代分のETH(イーサリアム)
  2. コインチェック等の仮想通貨(暗号資産)取引所の口座
  3. Metamaskなどのブロックチェーンウォレット
OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?
NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。

Metamaskの使い方

OpenSea_metamask2

OpenSeaで出品する際は、Metamaskをセットアップしておきましょう。

MetamaskはChromeであれば、拡張機能をダウンロードするだけなので、非常に簡単です。

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!
OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。

OpenSeaのGAS代の節約方法

OpenSea_GAS代_節約方法

OpenSeaでの出品時に発生するGAS代は、日本円で約5,000円~1万5,000円ほどです。

GAS代は時間帯によって価格が変動します。

こちらの記事では、GAS代を節約する方法を紹介しています。

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!
OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。

NFTマーケットプレイス一覧

nft_marketplace

OpenSea以外にも、日本国内と海外には様々なNFTマーケットプレイスが存在します。

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。

NFTの出品に関する記事

NFTを販売する

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に
NFTを販売する

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!

OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。
NFTについて学ぶ

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!

OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。
NFTについて学ぶ

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
NFTを販売する

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるものは?

NFTの出品ならOpenSeaがおススメです。OpenSeaのNFT出品時には、仮想通貨取引所の口座と、GAS(ガス)代分の仮想通貨(ETH)、MetaMaskなどのブロックチェーンウォレットの3つが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%で、別途GAS代が発生します。本記事では、最新版のOpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。
NFTについて学ぶ

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
NFTについて学ぶ

日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。
NFTについて学ぶ

NFTの購入方法は?NFTの購入手順やNFTマーケットプレイスを紹介

NFTを購入には、NFTマーケットプレイスのアカウントと購入に使う暗号通貨、さらにMetaMaskといった暗号通貨のウォレットが必要です。本記事では、NFTの購入方法を解説していきます。日本国内でNFT購入におススメの取引所は、CoinCheck NFTやnanakusaです。
タイトルとURLをコピーしました