NFTを販売する

NFTを販売するNFTを販売する

こちらでが、NFTの出品方法の情報をまとめています。

NFTを出品するなら、OpenSeaがおススメです。

OpenSeaは、世界最大級のユーザー数を誇るNFTマーケットプレイスです。

日本人でもせきぐちあいみさんや、武田早雲さんもNFTを出品した事例があるなど、日本国内でも非常に知名度が高いNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaでのNFTの販売方法

OpenSea_how-to-sell

OpenSeaでNFTを出品する際には、以下の3つが必要です。

  1. 約5,000円~1万5,000円ぐらいのGAS代分のETH(イーサリアム)
  2. コインチェック等の仮想通貨(暗号資産)取引所の口座
  3. Metamaskなどのブロックチェーンウォレット
OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?
OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでの出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。OpenSeaの登録方法と売れるものも解説します。

OpenSeaとは

OpenSea_merit_demerit

OpenSeaに関する情報を随時更新しています。

Twitterでも最新情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!
OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

Metamaskの使い方

OpenSea_metamask2

OpenSeaで出品する際は、Metamaskをセットアップしておきましょう。

MetamaskはChromeであれば、拡張機能をダウンロードするだけなので、非常に簡単です。

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!
OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。

OpenSeaのGAS代の節約方法

OpenSea_GAS代_節約方法

OpenSeaでの出品時に発生するGAS代は、日本円で約5,000円~1万5,000円ほどです。

GAS代は時間帯によって価格が変動します。

こちらの記事では、GAS代を節約する方法を紹介しています。

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時のガス代の確認と安くする方法
OpenSeaのガス(GAS)代は、約5,000~15,000円で、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代の価格と、確認方法、ガス(GAS)代を安くする方法を紹介します。

NFTマーケットプレイス一覧

nft_marketplace

OpenSea以外にも、日本国内と海外には様々なNFTマーケットプレイスが存在します。

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!
日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。

NFTの出品に関する記事

NFTを販売する

OpenSeaが3億ドルの資金調達を発表、評価価値は133億ドルに

2022年1月4日に、OpenSeaはシリーズCラウンドで、3億円の資金調達を実施することを発表しました。今回の資金調達はParadigm と Coatueが主導し、OpenSeaの評価額は133億ドル(約1.5兆円)になりました。OpenSeaは、今後はNFTだけでなく、今注目されているWeb3.0の領域における高い品質の顧客体験を、コミュニティのパートナー達と実現することを目指すようです。
NFTを販売する

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に

OpenSeaに出品者向けの新機能搭載、オファー確認と出品フローが簡単に
NFTを販売する

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
NFTを販売する

OpenSeaの8月アップデートまとめ、近日中にアプリをリリース予定

NFTを販売する

GMOのNFT「Adam(アダム) byGMO」がサービス開始!メリット・デメリット、登録方法を解説!

2021年8月31日に、GMOのNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO(β版)」がリリースされました。「Adam byGMO」では、ETHだけでなく、法定通貨の日本円でNFTが購入できる日本初のNFTマーケットプレイスです。本記事では、「Adam byGMO」のメリット・デメリットと登録方法を解説しています。
NFTを販売する

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
NFTを販売する

【初心者】OpenSeaでMetaMask(メタマスク)を使う方法!登録・送金・GAS代の支払い方法を解説!

OpenSeaでは、MetaMaskを利用します。MetaMaskは無料で使えるデジタルウォレットです。OpenSeaのログインや、GAS代の支払いに利用します。本記事では、Metamaskの登録、送金方法に加え、OpenSeaでのMetamaskの使い方を解説しています。
NFTを販売する

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時のガス代の確認と安くする方法

OpenSeaのガス(GAS)代は、約5,000~15,000円で、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代の価格と、確認方法、ガス(GAS)代を安くする方法を紹介します。
NFTを販売する

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
NFTを販売する

OpenSeaでのNFTの購入方法を解説!GAS(ガス)代や手数料はいくらかかる?

NFTを購入するなら、OpenSeaがおススメです。NFTの購入には、MetaMaskと、コインチェック(Coincheck)などの取引所の口座と、イーサリアム等の仮想通貨が必要です。本記事ではOpenSeaでのNFTの購入方法を徹底解説します。
NFTを販売する

BINANCE(バイナンス)のNFTマーケット、BINANCE NFTとは?6月から稼働開始予定

中国の大手仮想通貨取引所のBINANCE(以下、バイナンス)は、2021年6月にNFTマーケットプレイスである「BINANCE NFT」をリリースすることを発表しました。BINANCE NFTのメリットは、①大手仮想通貨取引所BINANCEによる集客力②「Premium Event」という著名クリエイター専用マーケット③1~10%という販売手数料の低さです。
NFTを販売する

書道家武田双雲氏が「Crypto早雲」で初のNFT販売、購入方法とオークション期間は?

日本の書道家として有名な武田早雲氏が、自身初のNFTを販売することが発表されました。最先端デジタル技術と、武田氏とのコラボレーションで、「書」の表現・可能性を既成概念にとらわれずに切り開いていく試みである「Crypto早雲」プロジェクトの第1弾として、世界に1つしかない武田氏の作品を2種類、NFT化し、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売するようです。
NFTを販売する

シンワワイズがNFT事業に参入、シンワアートNFTの特徴と仕組みとは

「Shinwa Wise Holdingsグループで販売するアート作品をNFT(代替不可能トークン)化する」ことをキーフレーズに、30年近くアート作品の取引事業を運営してきたシンワワイズが、NFTアート市場に参入することとなりました。今回はNFT市場への参入を発表したシンワワイズの参入背景と、シンワワイズのNFTアートサービスの仕組みについて、現時点で公表されている情報をまとめてみました。
NFTを販売する

NEMグループがNFT市場に参入、新ブロックチェーン「Symbol」でサッカー関連のNFTを発行

仮想通貨NEM(ネム)の運営母体であるNEMグループが、NFT市場への参入を発表しました。NEMのNFTには、新ブロックチェーン「Symbol」が採用され、欧州の有名サッカー選手のデジタルコレクションがNFTとして発行されます。本記事ではNEM(ネム)グループのNFT市場参入と、Symbolについて解説します。
NFTを販売する

Link-UがNFT本格参入、NFTサービス「HashPalette」を運営するHashpaletteと連携

2021年5月18日に、サーバープラットフォーム事業を手掛ける株式会社Link-Uは、出資先である株式会社Hashpaletteと連携し、NFT事業に本格的に参入することを発表しました。
NFTを販売する

NFTとは?NFTの特徴から市場規模、マーケットプレイス、NFT関連の仮想通貨まで一挙解説!

NFTの正式名称は、非代替性(Non-Fungible Token)トークンです。NFTの特徴は、非代替性、誰でも作成可能、販売・取引可能の3点です。NFTの市場規模は330億円で、年35%ずつ成長しています。本記事では、NFTの特徴と市場規模、NFTで注目すべき関連銘柄などを解説していきます。
NFTを販売する

【最新】NFTアートの落札ランキング、最高額は驚愕の75億円

2021年5月現在、NFTアートの最高落札額は75億円となっています。落札されたNFTアートは、作者が世界初のNFTアートと主張しており、その注目度から落札価格が急上昇しました。落札者は世界最大のNFTファンドである「Metapurse」の創設者のVignesh Sundaresan氏です。
NFTを販売する

OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでの出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。OpenSeaの登録方法と売れるものも解説します。
NFTを販売する

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
NFTを販売する

日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。
タイトルとURLをコピーしました