NFTについて学ぶ

NFTについて学ぶNFTについて学ぶ
NFTについて学ぶ

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能

OpenSeaがアプリをリリース、現時点ではNFTの閲覧のみ可能
NFTについて学ぶ

OpenSeaの8月アップデートまとめ、近日中にアプリをリリース予定

NFTについて学ぶ

GMOのNFT「Adam(アダム) byGMO」がサービス開始!メリット・デメリット、登録方法を解説!

2021年8月31日に、GMOのNFTマーケットプレイス「Adam(アダム) by GMO(β版)」がリリースされました。「Adam byGMO」では、ETHだけでなく、法定通貨の日本円でNFTが購入できる日本初のNFTマーケットプレイスです。本記事では、「Adam byGMO」のメリット・デメリットと登録方法を解説しています。
NFTについて学ぶ

【OpenSea】8月の週次取引量が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成

【OpenSea】8月の取引量/週が初の1,000億円越え!先月比で+760%の成長率を達成
NFTについて学ぶ

VISAがNFT市場に参入!VISAのクリプト事業とNFTレポートをまとめてみた

VISAがNFT「Cryptopunks」を1,700万円で購入しました。VISAはNFTを含めたクリプト事業への参入を発表しておりすでにクリプトアセットの保管を手掛けるアンカレッジデジタルとの提携や、USDCを導入した決済ネットワークの導入を発表しました。今回はVISAが公開したNFTレポートから、VISAのクリプト事業を読み解いていきます。
NFTについて学ぶ

OpenSeaのガス(GAS)代はいくら?NFT出品時の高いGAS代を節約しよう!

OpenSeaのガス(GAS)代は、出品手数料の約10%です。OpenSeaでの出品時に発生するガス(GAS)代とは、イーサリアムの利用手数料ですが、OpenSea出品時のガス(GAS)代は高いといわれます。本記事ではOpenSeaでのNFT出品時のガス(GAS)代がいくらか検証し、ガス(GAS)代の節約方法を解説します。
NFTについて学ぶ

NFTならOpensea!メリット・デメリット、評判から将来性まで徹底解説!

OpenSeaは海外NFTマーケットプレイスでTOPのサービスです。NFTマーケットプレイスなら、OpenSeaが一番おススメです。OpenSeaのメリットは、アートやゲームアイテムといったNFT種別の豊富さ MetaMusk導入で使いやすい、2.5%という安い手数料、日本人でも使いやすいUIの4点です。OpenSeaのメリットやデメリット、評判、将来性を解説します。
NFTについて学ぶ

NFTはどこで買えるの?NFTマーケットプレイスでのNFT購入方法や、購入に必要なモノ、購入時に注意点を徹底解説!

NFTは、NFTマーケットプレイスで購入することができます。NFTマーケットプレイスとは、NFT取引を専門としたマーケットサービスです。NFT購入には、MetaMaskといったブロックチェーンウォレットと、決済に利用するイーサリアムなどの仮想通貨が必要です。NFTマーケットプレイスは、扱うコンテンツや仮想通貨で選ぶのがおススメです。
NFTについて学ぶ

BINANCE(バイナンス)のNFTマーケット、BINANCE NFTとは?6月から稼働開始予定

中国の大手仮想通貨取引所のBINANCE(以下、バイナンス)は、2021年6月にNFTマーケットプレイスである「BINANCE NFT」をリリースすることを発表しました。BINANCE NFTのメリットは、①大手仮想通貨取引所BINANCEによる集客力②「Premium Event」という著名クリエイター専用マーケット③1~10%という販売手数料の低さです。
NFTについて学ぶ

書道家武田双雲氏が「Crypto早雲」で初のNFT販売、購入方法とオークション期間は?

日本の書道家として有名な武田早雲氏が、自身初のNFTを販売することが発表されました。最先端デジタル技術と、武田氏とのコラボレーションで、「書」の表現・可能性を既成概念にとらわれずに切り開いていく試みである「Crypto早雲」プロジェクトの第1弾として、世界に1つしかない武田氏の作品を2種類、NFT化し、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売するようです。
タイトルとURLをコピーしました