【23年9月】仮想通貨のエアドロ情報の一覧|やり方・参加方法を解説

【23年9月】仮想通貨のエアドロ情報の一覧|やり方・参加方法を解説 エアドロップで稼ぐ

【23年9月】仮想通貨のエアドロップの最新情報まとめ

仮想通貨_エアドロ_最新

トークン実施可能性実施日ステータスタスク
layerzero2023Q1メインネット

LayerZeroのエアドロタスク

Zksync不明メインネット

zksyncのエアドロタスク

Vela不明メインネット

velaのエアドロタスク

Mantle不明テストネット

mantleのエアドロタスク

QuaiNetwork不明テストネット

Quainetworkのエアドロタスク

EigenLayer不明メインネット

Eigenlayerのエアドロタスク

Debank不明メインネット

Debankのエアドロタスク

Base不明メインネット

Baseのエアドロタスク

Helio不明テストネット

Helioのエアドロタスク

Venom不明テストネット

Venomのエアドロタスク

Polyhedra不明メインネット

Polyhedraのエアドロタスク

Linea不明メインネット

Lineaのエアドロタスク

DmailNetwork不明メインネット

Dmailnetworkのエアドロタスク

zkPass不明テストネット

Zkpassのエアドロタスク

ZORA不明メインネット

Zoraのエアドロタスク

EtherMail不明

Ethermailのエアドロタスク

こちらのページで注目のエアドロップが期待される仮想通貨プロジェクトをまとめています。

※本サイトのエアドロ情報は一部古い可能性があります。

※本サイトのエアドロ情報は確実にエアドロがもらえることを保証する内容ではありません。

【最新】海外送金が発生するならDMMBitcoinがおススメ

DMMBitcoin

海外サービスを使う際は、国内取引所で購入した仮想通貨を、海外取引所へ送金することになります。

この時、国内取引所のコインチェックやビットフライヤーを使うと、

  • 法定通貨の出金手数料:440円~
  • 仮想通貨の送金手数料:約500円~

と、手数料だけで1,000円近くもかかってしまいます!

そこで、送金手数料が無料(※)のDMM Bitcoinがおススメです!

DMMBitcoin_

今なら新規口座開設だけで、2,000円分の現金がキャッシュバックされます!!!

  1. 期間:2023年2月1日(水)午前7時00分~2023年8月1日(火)午前6時59分
  2. 口座開設完了後、マイページに表示されている「2,000円をもらう」ボタンを押すだけ

DMMBitcoin_.新規入会キャンペーン

※BitMatch手数料を除く

※DMMBitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

【最新】2023年の仮想通貨エアドロップまとめ|タスク・やり方を一覧で解説
2023年の最新の仮想通貨エアドロ情報まとめです。2023年に狙うべき最新の仮想通貨のエアドロ銘柄は、EigenLayer、layerzero、zksyncです。

EtherMail

ethmail_adidrop

EtherMailは、匿名かつ暗号化されたウォレット間通信の標準を設定する最初の電子メールソリューションです。

EtherMailは、完全に匿名かつ暗号化されたP2P通信を可能にし、受信箱にある関連コンテンツを読むことでユーザーに報酬を与えます。

ウェブ2.0とウェブ3.0のEメールコミュニケーションの架け橋となり、ユーザーに受信トレイの完全な所有権、管理権、主権を取り戻します。エンドユーザーにとって、これは完全匿名のP2Pコミュニケーションと、受信トレイで関連コンテンツを読むことで報酬を得られることを意味する。

従来のメール プロバイダーと EtherMail の違いは何ですか?

EtherMail ソリューションは、次の基本原則に基づくインセンティブの調整を通じて、ユーザーと企業を結びつけます:

匿名通信が可能でなければなりません。
広告主にとっての価値に応じて、ユーザーに報酬が支払われる必要があります。
ユーザー同士が自由に通信できる必要があります。 .
EtherMail ソリューションを使用すると、広告主とユーザーは高品質の電子メール マーケティングとコミュニケーション エクスペリエンスを共同で提供でき、両者は自分が何を得ているかを把握できます。

出典:Ethermail

EtherMailは、エアドロップに登録したユーザーに250EMCをエアドロップしています。ウォレットをEtherMailに接続してアカウントを作成し、250 EMCを受け取るためにセカンダリEメールを残してください。

また、紹介者1人につき250EMCを受け取ります。すべての報酬は当初EMCで割り当てられ、トークンのローンチ後に$EMTに変換されます。

※Ethermailのエアドロタスクはこちら

ZORA(ゾラ)

仮想通貨ZORA_エアドロ

Zora Networkは、メディアのオンチェーン化を支援するために構築された、高速でコスト効率に優れ、スケーラブルなレイヤー2である。多くのL2が現在DeFi中心であるのに対し、Zora NetworkはNFTを第一に考えるエコシステムです。

  • 取引は数秒で確定
  • NFTのMintコストは0.50ドル以下

イーサリアムで保護され、OPスタックを採用しています。また、Zora は Zora Network ソフトウェアをデプロイしていますが、Zora Network 自体は運営していません。

ZORAは決してダウンすることがなく、コンポーザブルで、不変で、普遍的にアクセス可能で、検閲に強いです。ZORA V3には、このプロトコルをベースに構築されたプラットフォームにインセンティブを与える斬新なメカニズムや、新バージョンを継続的に展開できるパーミッションレス・システムを可能にする画期的なモジュラー・アーキテクチャ・デザインが含まれています。

ZORAは、ParadigmやCoinbase Venturesのような著名な投資家から総額6,000万ドルの資金を調達しています。独自のトークンは持っていないが、将来的にローンチする可能性はあります。NFTを購入、上場、売却し、テストネットも試した初期ユーザーは、独自トークンを立ち上げればエアドロップを得られる可能性もあります。

※ZORAのエアドロタスクはこちら

zkPass(ジーケーパス)

zkpass_airdrop_task

zkPassは、プライベートデータ検証のためのプライバシー保護プロトコルです。

zkPass は TransGate を提供し、ユーザが任意の HTTPS ウェブサイト上のデータを web3 の世界で選択的かつプライベートに検証することを可能にします。法的身分証明書、財務記録、医療情報、社会的交流、職歴、学歴、技能証明など、さまざまな種類のデータをカバーすることができます。このような種類の検証はすべて、機密性の高い個人データを第三者に開示したりアップロードしたりする必要なく、安全かつ個人的に行うことができます。

zkPassは、コンポーザブルな分散型IDパス、オフチェーンクレジットに依存するDeFiレンディングプロトコル、プライバシーが保証されたヘルスケアデータマーケットプレイス、検証可能なzkSBTを特徴とする出会い系アプリなど、複数のアプリケーションシナリオに容易に組み込むことができます。信頼とプライバシーのニーズがあれば、zkPassはどこでもソリューションを提供することができます。

Binance Labsが定期的に開催しているシーズン・インキュベーション・プログラムは、1対1のコーチング、評価、資金提供によって、有望な今後のプロジェクトを支援するもので、シーズン5のインキュベーション・プログラムでは、zkPassが5つのプロジェクトのうちの1つとして選出されています。

zkPassはイーサリアム上でプレアルファ・テストネットを準備しており、今後は独自のトークンを発行し、エアドロップを行う可能性が非常に高いです。

※zkPassのエアドロタスクはこちら

DmailNetwork

dmail_airdrop3

Dmail Networkは、次世代のWeb3ベースのコラボレーションプラットフォームで、メッセージ通信、資産管理、データストレージ、ワークスペースなどの機能を一元化しています。時間の経過と共に、DmailはユーザーがWeb3時代に移行するための基盤となるインフラストラクチャツールおよびDID(分散型識別子)としての役割を果たすでしょう。また、Web2ユーザーがブロックチェーンサービスを容易に利用できるような橋渡しともなるでしょう。

最近、Dmail NetworkはKuCoinやBixinなどの投資家からのプレAラウンドの資金調達を完了しました。

彼らはまだトークンを所有していませんが、将来的にはトークンを発行する可能性があります。初期のメールドメインを作成し、メールを生成したユーザーは、独自のトークンを起こすことでエアドロップの対象になる可能性があります。

※DmailNetworkのエアドロタスクはこちら

Linea(リニア)

仮想通貨Linea_airdrop2

仮想通貨Linea(リニア)は、タイプ2のゼロ知識照明のEthereum Virtual Machine (zkEVM)です。zkEVMは、Ethereum環境をロールアップとして複製し、開発者がEthereumメインネット上と同様にそれ上で構築することを可能にします。

Lineaを使用することで、ユーザーは任意のスマートコントラクトを展開し、任意のツールを使用し、まるでEthereum上で構築しているかのように開発できます。ユーザーにとって、これによりEthereumのエクスペリエンスとセキュリティ保証を享受しながら、トランザクションコストを低減できます。

LineaはConsenSysが提供するzkロールアップであり、すでにテストネットを一般公開しました。彼らはすでに初期のテストネット参加者に報酬を与えることを確認しており、今後は独自のトークンを発行し、エアドロップを行う可能性が非常に高いです。

※Lineaのエアドロタスクはこちら

Polyhedra(ポリヒドラ)

polyhydra_airdrop1

Polyhedra Network(ポリヒドラネットワーク)は、高度なゼロ知識証明(ZKP)技術により、Web3 の相互運用性、拡張性、プライバシーを実現する次世代のインフラストラクチャを構築しています。

Polyhedra Networkは、様々なWeb2.0およびWeb3システム間のアセット転送、メッセージパッシング、データ共有のために、信頼性を最小化し、非常に効率的な相互運用ソリューションを提供します。

Polyhedra Networkは独自のトークンを持っていませんが、最近Binance LabsやPolychainのような投資家から$10Mを調達しているので、将来的にトークンをローンチする可能性は非常に高いです。

※Polyhedraのエアドロタスクはこちら

Venom(ヴェノム)

venom_airdrop_参加方法

Venomはマルチブロックチェーンネットワークであり、DeFiおよびグローバルペイメント市場におけるスケーラブルなWeb3アプリケーションの基盤です。

Venomブロックチェーンは、シャーディング・プロトコルによってトランザクションにスケーラブルなソリューションを提供し、コミュニティが構築したサブチェーンの実行を可能にすることで、将来の経済的スケーラビリティを可能にします。このオープンで透明性の高いエコシステムは、すべてのメンバーの参加を歓迎します。

Venomは、Venomブロックチェーン上でスマートコントラクトコードを実行する仮想マシンを提供します。これはEVMのようなチューリング完全仮想マシンですが、かなり異なります。Venomのスマート・コントラクトは、アプリケーション・ロジックの実行に新しい、より柔軟で制御されたフローを与えます。当社のツールチェーンと開発ガイドを使用して、Solidityでスマート・コントラクトの構築を開始できます。

VenomはVenomネットワークのネイティブ通貨であり、ETHはイーサリアム・ブロックチェーンのネイティブ通貨です。

※Venomのエアドロタスクはこちら

Helio

helio_airdrop

Helio MoneyはBinanceに支援された大手StaaS(ステーキング・アズ・ア・サービス)とLSDFiプロバイダーです。

Binanceが支援するプロジェクトHelio Moneyは、すでに1,000万ドルを調達し、トークンの1%をアーリーアダプターに割り当てるとしています。彼らは最近$10Mを調達し、早期採用者のためのエアドロップを行うことを示唆しました。

またHelioは新たなステーブルコインの形態である分散型のステーブルコイン「Destablecoin(デ・ステーブルコイン)」の開発も進めており、非常に注目度が高いプロジェクトです。

※Helioのエアドロタスクはこちら

Base

base_airdrop1

アメリカの主要な暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoinbaseは、8月9日にレイヤー2ブロックチェーン「Base」のメインネットを全てのユーザーに公開すると発表しました。

「Base」は、今年2月にテストネットが公開され、7月には開発者向けにメインネットがスタートしました。すでに100以上のプロジェクトがこのネットワーク上で公開されています。

L2BEATによるとBaseは、過去1日平均の1秒あたりのトランザクション数でArbitrumを抜いているようです。2023年7月13日に、Baseはメインネットを開発者向けに公開しましたが、直近過去7日間でトランザクション数が890%も上昇しています。

このように注目を集めるBaseですが、エアドロの実施がうわさされており、8月9日のメインネット公開発表に伴い、ユーザーはBaseを利用してブリッジすることでBaseのトークン獲得ができるのではとされています。

(ただし公式発表ではBaseのネイティブトークンはなくETHをトークンとして利用すると発表されています。)

※Baseのエアドロタスクはこちら

Debank

debank_aitdrop

Debank(デバンク)は、本物のWeb3ネイティブメッセンジャーであり、すべてのEVMチェーンにまたがるすべてのトークン、DeFiプロトコル、NFTをカバーする最高のWeb3ポートフォリオトラッカーです。

DeBank.comは、最も信頼できるETHチェーンのDEXデータダッシュボードを備えており、DeFiポートフォリオを総合的に追跡可能なダッシュボードサービスです。

そんなDebankではDebankChainという独自チェーンが発表され、テストネットトークンが配布されており、エアドロの期待値が非常に高いプロジェクトです。

※Debankのエアドロタスクはこちら

エアドロ:EigenLayer

Eigenlayer_airdrop

EigenLayerはEthereum上に構築されたプロトコルチェーンのネイティブトークンであり、新しい特徴として、「restaking」を導入しています。このRestakingは、コンセンサスレイヤーにおいてステーキングしているETHの別のステーキングに再利用することができる機能です。またイーサリアムや、リキッドステーキングトークン(LST)を使ってステーキングしているユーザーは、EigenLayerスマートコントラクトにオプトインして、ETHまたはLSTを再ステーキングすることで、ネットワーク上の追加アプリケーションに拡張して、追加の報酬を得ることができます。

EigenLayerはまだ独自のトークンを持っていませんが、将来的にローンチする可能性があるとされています。直近ではステージ1のメインネットを立ち上げており、テストネットとメインネットのアクションを行った初期ユーザーは、独自トークンをローンチした場合、エアドロップを得ることができるとされています。

※Eigenlayerのエアドロタスクはこちら

エアドロ:LayerZero

layerzero_airdrop

LayerZeroとは、ulnを実行するユーザーアプリケーション(ua)設定可能なオンチェーンエンドポイントです。LayerZeroは、オムニチェーン相互運用性プロトコルで、異なるチェーンのアプリケーションをシームレスに接続することを目指しています。

仮想通貨LayerZeroのエアドロップとは、LayerZeroのネイティブトークンであるZROを無料で配布するイベントのことです。

LayerZeroのエアドロップは、まだ正式に発表されていませんが、コミュニティはLayerZeroのエコシステムに貢献したユーザーに対して行われる可能性が高いと期待しています。

※LayerZeroのエアドロタスクはこちら

エアドロ:zkSync

zksync_airdrop

zkSyncは、イーサリアムと互換性を持つ仮想マシン(EVM)にカテゴライズされるL2ソリューションです。

ゼロ知識証明を導入しているロールアップ技術である「ZK Rollup」を使用している。

エアドロの確率が非常に高いことから、今かなり注目を集めている仮想通貨です。

※zkSyncのエアドロタスクはこちら

エアドロ:VELA

vela_airdrop

仮想通貨VELAのエアドロとは、VELAのネイティブトークンであるVELAを無料で配布するイベントのことです。

VELAは、分散型金融(DeFi)と非代替性トークン(NFT)を統合したプラットフォームで、ユーザーが自分の資産を管理し、収益を得ることができます。

※Velaのエアドロタスクはこちら

エアドロ:mantle

mantle_airdrop

仮想通貨Mantleのエアドロとは、MantleのネイティブトークンであるMNTLを無料で配布するイベントのことです。

Mantleは、Ethereum上に構築されたモジュラーなレイヤー2で、高性能、安全、低料金のアプリ開発を実現することを目指しており、テストネットが公開されています。

※mantleのエアドロタスクはこちら

仮想通貨のエアドロップとは

仮想通貨のエアドロップとは、ある仮想通貨プロジェクトが、無料でトークン(仮想通貨の一種)を配布することです。

エアドロップは、プロジェクトが普及促進のために行うことが多く、参加者にトークンを手に入れてもらうことで、プロジェクトに関心を持ってもらったり、コミュニティの形成を促進したりすることが目的とされます。

エアドロップの方法は、プロジェクトによって異なりますが、一般的には、参加者が特定の条件を満たすことでトークンを受け取ることができます。例えば、プロジェクトのSNSアカウントをフォローする、特定の投稿をリツイートする、ウェブサイトに登録するなどが条件に含まれることがあります。

ただし、エアドロップはプロジェクトによって実施されるため、トークンの価値や実施期間などは異なります。また、参加するためには個人情報の提供やプロジェクトに関する調査などが必要な場合があるため、注意が必要です。

仮想通貨のエアドロップの参加方法

仮想通貨のエアドロップに参加する方法は、以下の手順に従って行います。

エアドロップ情報を入手する

まずは、エアドロップを実施しているプロジェクトの情報を入手します。プロジェクトの公式ウェブサイトやSNSアカウント、仮想通貨関連のニュースサイトなどから入手することができます。

参加条件を確認する

プロジェクトによって参加条件は異なりますが、一般的には、プロジェクトのSNSアカウントをフォローする、特定の投稿をリツイートする、ウェブサイトに登録するなどが条件に含まれます。参加条件を確認し、必要な作業を行いましょう。

エアドロップ申し込みを行う

参加条件をクリアしたら、エアドロップの申し込みを行います。申し込み方法は、プロジェクトによって異なりますが、一般的には、申し込みフォームに必要事項を入力するなどが必要です。

トークンを受け取る

プロジェクトが参加者の情報を確認し、条件を満たしていれば、トークンが配布されます。トークンの受け取り方はプロジェクトによって異なりますが、一般的には、参加者のウォレットアドレスを登録するなどが必要です。

以上が、仮想通貨のエアドロップに参加するための一般的な手順です。ただし、プロジェクトによっては、参加方法や手順が異なる場合があるため、参加前に情報を確認することが重要です。

仮想通貨エアドロップで稼ぐ方法

仮想通貨のエアドロップでは、参加者に無料でトークンが配布されるため、エアドロップを利用して稼ぐことができます。以下に、仮想通貨エアドロップで稼ぐための方法をいくつか紹介します。

エアドロップの情報を収集する

エアドロップを実施しているプロジェクトの情報を収集し、最新のエアドロップ情報を入手することが大切です。エアドロップ情報を収集するには、プロジェクトの公式ウェブサイトやSNSアカウント、仮想通貨関連のニュースサイトなどをチェックしましょう。

多くのエアドロップに参加する

参加するエアドロップが多ければ、当然受け取るトークンの量も多くなります。エアドロップに参加するには、条件をクリアする必要がありますが、条件が簡単なものもあるため、できるだけ多くのエアドロップに参加することをおすすめします。

エアドロップ情報を共有する

自分だけでなく、他の人にもエアドロップ情報を共有することで、リファラル報酬を得ることができます。リファラル報酬は、あなたが紹介した人がエアドロップに参加した場合に、あなたが得られるトークンのことです。エアドロップ情報を共有することで、自分だけでなく他の人も得をすることができます。

トークンを売却する

エアドロップで受け取ったトークンを売却することで、利益を得ることができます。ただし、トークンの価格は市場によって変動するため、売却タイミングを見極めることが大切です。

以上が、仮想通貨エアドロップで稼ぐ方法の一例です。ただし、エアドロップには詐欺やスパムが多いため、参加する前に十分な情報収集と注意が必要です。また、トークンの価格が暴落する可能性もあるため、リスク管理にも注意することが大切です。

仮想通貨エアドロップで過去稼げたプロジェクト

過去に仮想通貨エアドロップで稼げた代表的なプロジェクトには、以下のようなものがあります。

Stellar Lumens (XLM)

2019年には、CoinbaseがStellar Lumens (XLM)のエアドロップを実施しました。このエアドロップに参加すると、最大で40ドル相当のXLMがもらえました。

Uniswap (UNI)

2020年には、DeFiプロジェクトのUniswapが、同社の利用者に対してUNIトークンをエアドロップしました。当時の価格が約3ドルだったため、参加者にとってはかなりお得なエアドロップでした。

Airdrop Alert (ALERT)

2021年には、オランダのAirdrop Alertが、自社のトークンであるALERTをエアドロップしました。参加者には、最大で100ドル相当のALERTが配布されました。

これらはあくまで例であり、エアドロップで得られるトークンの価格は市場によって大きく変動するため、リスクを考慮して参加する必要があります。また、エアドロップ情報の収集や詐欺に注意することも重要です。

仮想通貨エアドロップで過去稼げたプロジェクト

過去に仮想通貨エアドロップで稼げた代表的なプロジェクトには、以下のようなものがあります。

Stellar Lumens (XLM)

2019年には、CoinbaseがStellar Lumens (XLM)のエアドロップを実施しました。このエアドロップに参加すると、最大で40ドル相当のXLMがもらえました。

Uniswap (UNI)

2020年には、DeFiプロジェクトのUniswapが、同社の利用者に対してUNIトークンをエアドロップしました。当時の価格が約3ドルだったため、参加者にとってはかなりお得なエアドロップでした。

Airdrop Alert (ALERT)

2021年には、オランダのAirdrop Alertが、自社のトークンであるALERTをエアドロップしました。参加者には、最大で100ドル相当のALERTが配布されました。

これらはあくまで例であり、エアドロップで得られるトークンの価格は市場によって大きく変動するため、リスクを考慮して参加する必要があります。また、エアドロップ情報の収集や詐欺に注意することも重要です。

 

スポンサーリンク
エアドロップで稼ぐ

仮想通貨Blast(ブラスト)のエアドロ(Airdrop)参加方法・タスク

仮想通貨Blast(ブラスト)のAirdrop参加方法・タスクを解説します。Blastは、ParadigmやStandard Cryptoなどの投資家から2,000万ドルを調達し、初期ユーザーに対するエアドロップを行うことで、将来的にローンチする可能性はあります。招待コードを使ってサインアップし、ETHをブリッジし、友達を招待したユーザーはエアドロップポイントを獲得します。
エアドロップで稼ぐ

仮想通貨Debank(デバンク)のエアドロタスク・もらい方を解説

Debank(デバンク)のエアドロタスク・もらい方を解説しています。Debank(デバンク)はRabbyWalletでもらえるテストネットトークンを使ってトランザクションを刻むことでエアドロを獲得することができる可能性があります。
エアドロップで稼ぐ

【最新】2023年の仮想通貨エアドロップまとめ|タスク・やり方を一覧で解説

2023年の最新の仮想通貨エアドロ情報まとめです。2023年に狙うべき最新の仮想通貨のエアドロ銘柄は、EigenLayer、layerzero、zksyncです。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】仮想通貨Linea(リニア)のAirdrop参加方法・タスク

仮想通貨Linea(リニア)のAirdrop参加方法・タスクを解説します。仮想通貨LineaはConsenSysが提供するzkロールアップであり、すでにテストネットを一般公開しました。彼らはすでに初期のテストネット参加者に報酬を与えることを確認しており、今後は独自のトークンを発行し、エアドロップを行う可能性が非常に高いです。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】LayerZeroのAirdrop参加方法・タスク

LayerZeroのAirdrop参加方法・タスクを解説しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】zkSyncのAirdrop参加方法・タスク

zkSyncのAirdrop参加方法・タスクを解説します。zkSyncにはまだ独自トークンはありませんが、将来的にローンチする可能性はあります。本記事ではzkSyncのエアドロ獲得につながるタスクを紹介しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】Base(ベース)のAirdrop参加方法・タスク

Base(ベース)のAirdrop参加方法・タスクです。BaseはCoinBase(コインベース)が運営する独自チェーンです。BaseにETHをブリッジすることができます。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】Helio(ヘリオ)のAirdrop参加方法・タスク

Helio(ヘリオ)のAirdrop参加方法・タスクです。HelioはBinanceに支援された大手StaaS(ステーキング・アズ・ア・サービス)とLSDFiプロバイダーです。直近で$10Mを調達しており、アーリーアダプターへのエアドロップ実施を示唆しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】Venom(ヴェノム)のAirdrop参加方法・タスク

仮想通貨Venom(ヴェノム)のAirdrop参加方法・タスクです。Venomはマルチブロックチェーンネットワークであり、DeFiおよびグローバルペイメント市場におけるスケーラブルなWeb3アプリケーションの基盤で、Venomトークンのエアドロップが示唆されています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】仮想通貨Polyhedra(ポリヒドラ)のAirdrop参加方法・タスク

仮想通貨Polyhedra(ポリヒドラのAirdrop参加方法・タスクを解説します。Polyhedra Networkは独自のトークンを持っていませんが、最近Binance LabsやPolychainのような投資家から$10Mを調達しているので、将来的にトークンをローンチする可能性は非常に高いです。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】zkPass(ジーケーパス)のAirdrop参加方法・タスク

zkPass(ジーケーパス)のAirdrop参加方法・タスクを解説します。zkPassは、マルチパーティコンピューティング(MPC)とゼロ知識証明(ZKP)技術に基づく、Web3向けのコンポーザブルでプライバシーを保持する分散型本人確認ソリューションです。今後は独自のトークンを発行し、エアドロップを行う可能性が非常に高いです。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】仮想通貨ZORA(ゾラ)のAirdrop参加方法・タスク

仮想通貨ZORA(ゾラ)のAirdrop参加方法・タスクを解説します。ZORAは、ParadigmやCoinbase Venturesのような著名な投資家から総額6,000万ドルの資金を調達しています。独自のトークンは持っていないが、将来的にローンチする可能性はあります。NFTを購入、上場、売却し、テストネットも試した初期ユーザーは、独自トークンを立ち上げればエアドロップを得られる可能性もあります。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】ArbitrumのAirdrop参加方法・タスクまとめ

ArbitrumのAirdrop参加方法・タスクまとめています。Arbitrumはエアドロップ実施の可能性が高いと言われています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】EtherMailのAirdrop参加方法・タスク

EtherMailのAirdrop参加方法・タスクを解説します。EtherMailにはまだ独自トークンはありませんが、将来的にローンチする可能性はあります。本記事ではEtherMailのエアドロ獲得につながるタスクを紹介しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】SuiのAirdrop参加方法・タスク

SuiのAirdrop参加方法・タスクを解説しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】VELAのAirdrop参加方法・タスク

VelaのAirdrop参加方法・タスクを解説しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】Mantle(マントル)のAirdrop参加方法・タスク

仮想通貨MantleのAirdrop参加方法・タスクを解説しています。
エアドロップで稼ぐ

【エアドロ】EigenLayer(エイジンレイヤー)のAirdrop参加方法・タスク

本記事ではEigenLayer(エイジンレイヤー)のAirdrop参加方法・タスクを解説しています。
エアドロップで稼ぐ

【画像付き】Binance(バイナンス)のステーキング方法を解説!メリット・デメリットも紹介

Binanceでは定期ステーキング、DeFiステーキング、ETH2.0ステーキング、フレキシブル/定期セービングの4種類のステーキング方法を提供しています。本記事ではBinanceアプリでのステーキング方法とメリット、デメリット、注意点を解説します。
エアドロップで稼ぐ

【画像付き】PancakeSwapでCAKEをファーミングする方法!利率(APY)はどれくらい?

Pancakeswapでファーミングする方法を解説しています。Pancakeswapでファーミングするなら、CAKE/BNBがおススメです。CAKE/BNBのファーミングの利回り(APY)は約30%ほどです。
スポンサーリンク
【最新】仮想通貨をタダでもらう方法
詳細はこちら
【最新】仮想通貨をタダでもらう方法
詳細はこちら