仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の将来性は?買い方と購入できる取引所を解説

仮想通貨BNB_将来性

仮想通貨BNB(バイナンスコイン/BINANCE COIN)は、大手仮想通貨取引所「BINACE(バイナンス)」が運営する、Binace Smart Chainのネイティブトークンです。

BNBは、BINANCEでの取引手数料として利用すると、手数料が割安になります。

また、Binace Smart Chainを使ったDeFi・NFT関連のプロジェクトも最近多数開発されており、Binace Smart Chainへの流通量も高まり、その結果BNBの価格高騰につながっています。

仮想通貨BNB_将来性

そんなBNBは、DeFiやNFTが注目された2021年の1年で、価格がなんと16倍になった銘柄です。

期間(2021年)111月(最高値)
価格4,436ドル74,250ドル

画像引用:Coinmarketcap

BNBは、2021年に価格の急上昇を遂げた銘柄ですが、今注目されているdAppsや、DeFi、NFTなどの注目領域の拡大に合わせ、更なる価格上昇が見込まれる銘柄でもあります。

では、先に本記事のポイントをまとめます。

【本記事のポイント】

  • 大手取引所のBINANCEの拡大に伴い、期待値が非常に高い
  • Binace Smart Chain上でDeFiやNFT領域のプロジェクトが多数進行しており、価格上昇のイベントが多い
  • BINANCEやTrustWallet上で誰でもステーキングができる
  • BNBを買うなら、BINANCE(バイナンス)がおススメ

今回はBNBについて知りたい方向けに、BNBの特徴、将来性、さらにBNBの購入方法を解説します。

ちなみに、BNBを買うなら、BINANCEがおススメです。

BINANCEをおススメする理由として、

  1. 日本の取引所では上場していない銘柄が買える
  2. ステーキングやDeFiマイニングなど資産形成サービスが豊富
  3. 日本の取引所に比べて、圧倒的に取引手数料が安い

があります。

BINANCEは下のボタンから登録可能ですので、まだ口座開設をしていない人は、BNB購入のために、口座を開設しましょう!

BINANCEの登録はこちら

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)とは

BINANCE

種別概要
発行上限枚数165,116,761枚
発行済み枚数165,116,761枚(2022年1月)
ブロックチェーンプロトコルプルーフオブステーク(PoS)

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)は、大手仮想通貨取引所「BINANCE」が運営する、Binace Smart Chain(バイナンススマートチェーン)のネイティブトークンです。

BNBは2017年、Binance仮想通貨取引所がオンラインになる11日前に新規仮想通貨公開を通じてローンチされました。

BNBは発行当初、市場規模第2位のETH(イーサリアム)のネットワーク上にて、ETHの規格の1つであるERC-20のトークンとして発行されていました。しかし2019年には、BINANCEが独自のブロックチェーンであるBinace Smart Chainをリリースし、同ブロックチェーン上にてBNBが発行されるようになりました。

BNBのプロトコルは、プルーフオブステーク(PoS)を採用しています。そのため、BNBを保有するバリデータ(検証者)と呼ばれるBNBのホルダー達が、BNBのトランザクションの承認処理を行っています。

BNBのバーン(焼却)機能とは

仮想通貨BNB_バーン

BNBの発行上限は、165,116,761枚となっており、すでに全てのBNBが発行されています。

全てのトークンが発行されているBNBには、バーン(焼却)機能が搭載されています。バーン(焼却)機能とは、一手の条件で発行されているトークンを使えなくする機能です。バーン(焼却)を行うことで、流通するトークンの数が減るため、結果的に現在発行されているBNBの希少価値が高まる=価格が上がりやすくなります。

2021年12月に、BINANCEの公式ブログは、四半期ごとのBNBの自動バーン機能を公表しました。BNBの自動バーン機能は、Binace Smart Chainのオンチェーン情報と四半期中の生産ブロック数に基づいき、バーン量が自動的に調整されます。

過去数年にわたり、ブロックチェーンのエコシステムは、コミュニティのフィードバックの結果、様々な形で進化してきました。他の多くのコミュニティが支援するプロジェクトに続いて、BNBもより大きなイノベーションに向けて独自の進化の旅を続けています。バイナンスでは、BSCとBNBのコミュニティに耳を澄ませてきました。 そして、新しいBNB自動バーンの手順の迅速な実施を発表できることを誇りに思っています。

今後、BNBコミュニティに高い透明性と予測可能性を提供するために、四半期ごとのバーンは BNB自動バーンに置き換えられます。BNB自動バーンは,BNBを利用してバイナンスCEX で発生した収益とは無関係に,客観的かつ検証可能なものであり、BNBの需要と供給を反映したBNBの価格と,オンチェーン情報に基づいて計算された四半期中の生産ブロック数に基づいてバーン量が自動的に調整されます。

出典:BINANCE公式ブログ「BNB自動バーンの紹介: 四半期ごとのBNBバーンの新しいプロトコルについて」

2022年1月には、すでに発行済みのBNBのうち、約25%がバーン(焼却)されています。

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)の特徴

仮想通貨BNB_将来性

仮想通貨BNBの特徴は、以下の2つです。

  • BINANCEの手数料が割引される
  • 安い手数料で高速なトランザクション処理が実現できる

BINANCEの手数料が割引される

BNBの取引時に発生する手数料を、BNBで払うと、取引手数料が割引されます。BNBを保有して、取引手数料の支払いにBNBを使用することで、最大25%の手数料割引を受けることが可能です。

BNBは、
  • BINANCE取引所
  • BINANCE DEX
  • BINANCE Chain
  • BINANCE Smart Chain

での取引手数料のお支払いを行うことができます。

BNBの取引手数料の取引手数料は、以下の通りです。

  • 現物取引手数料:25%
  • マージン取引手数料:25%
  • 先物取引手数料:10%

仮想通貨の現物取引手数料と証拠金取引手数料では25%、先物取引の手数料では10%の手数料を節約することができます。

なお、BNB取引手数料の割引率は、2017年のバイナンスが設立年を基準計算されています。
バイナンスが設立してから経過した時間
1年目(2018)
2年目(2019)
3年目(2020)
4年目(2021)
5年目(2022)
割引率
50%
25%
25%
6.75%
割引なし

本記事執筆時点の2022年は、残念ながらBNBによる取引手数料の割引がなくなってしまう年に当たります。

しかし、2021年7月に発表されたBINANCEのプレスリリースによると、25%の手数料割引が、2022年7月まで延長されることとなりました。

バイナンスユーザーの皆様へ、
2021年7月14日のバイナンス4周年に向けて、またお客様の継続的なサポートに感謝して、バイナンスはユーザーがBNBで支払う際に取引手数料の25%割引を受けられるオプションを延長します。この25%割引は、2022年7月13日午後11時59分59秒(UTC)まで有効となります。

安い手数料で高速なトランザクション処理が実現できる

BNBが発行されているのは、BINANCEが運営するBinace Smart Chain(BSC/バイナンススマートチェーン)です。

BSCの特徴として、

  • 非常に高速なトランザクション処理スピード
  • 非常に安い取引手数料を実現
  • 多数の分散型プロジェクトとの連携

などの強みがあります。

例えば、NFT(非代替性)領域で最も利用されているブロックチェーンはETH(イーサリアム)ですが、取引数の急激な増加により、

  • トランザクション処理の遅延
  • 手数料であるGAS代の高騰

などの問題が起こっています。

一方、Binace Smart ChainはETHのデメリットを解消しており、非常に安いGAS代で、高速なトランザクション処理を実現しています。

実際にBinace Smart Chainを使って、BINANCEからBNBを他のサービスに送金したことがありますが、

  • たった15秒で送金が完了
  • 送金手数料はたった10円

といったように、非常に高速かつ低コストで送金することができました。

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
NFT×仮想通貨×ブロックチェーンに浸るサイト

仮想通貨BNBの価格上昇の理由

仮想通貨BNB_将来性

画像出典:coinmarketcap

2021年中に、BNBには大きく2回の価格上昇のイベントが起こっています。

その価格急上昇の要因は、両方ともBNBのバーン(焼却)だとされています。

実際に、BNBの価格が上昇した2021年4月と9月頃に、BNBは定期のバーンを実施したことを発表しています。

バーン(焼却)機能は、流通するBNBの流通量を減らすこととなるため、その結果、市場に流通するBNBの希少価値が高まり、BNBの価格が自然と上がりやすくなります。

そのため、次回のバーン時期には、再びBNBの価格が上昇する可能性があります。

仮想通貨BNBの将来性は高いのか

Binance Coin (BNB) price forecast, prediction, Binance Coin future price

画像引用:Wallet Investor

さて、BNBの将来性は高いのでしょうか?

結論から言えば、仮想通貨BNBの将来性は非常に高いといえます。

その理由は主に、以下の3つです。

  1. バーンによる価格価値の上昇
  2. DeFi・NFT関連プロジェクトの拡大
  3. BNBのステーキングの拡大

バーンによる価格価値の上昇

BNBの価格上昇イベントととして最も期待できるのは、バーン(焼却)機能のイベントです。

BNBの価格上昇イベントの要因は、バーンの実施であることを説明しました。

すでに25%がバーンされていますが、今後もBNBの需給バランスによって、自動的にバーンが実施されます。そのため、今後のバーンの実施から、BNBの価格が上昇する可能性があるといえます。

DeFi・NFT関連プロジェクトの拡大

BNBを発行するBinace Smart Chainは、Ethereumに代わるブロックチェーンとして注目される可能性が高いです。

Binace Smart Chainは、高速のトランザクション処理能力と、低い手数料という強みがあります。

そのため、今後開発されるDeFiやNFT関連プロジェクトは、Ethereumではなく、Binace Smart Chain上で開発されるようになる可能性があり、BSCがEthereumに代わる可能性があります。

実際に、BINANCEは、「BINANCE NFT」というNFTマーケットプレイスをBSC上で運営しています。

このように、BSC上でDeFiやNFT関連プロジェクトが今後も増えると、BNBの価格が上昇する可能性があります。

BNBのステーキング拡大

BNBは、一定額のBNBを預けることで、BNBが付与されるステーキングが可能です。

最近では仮想通貨によるステーキングが注目されており、BNBはその中でも安定した利回りが出せることで、非常に注目されています。

BNBのステーキングへの注目が集まるほど、BNBを購入するユーザーが増え、BNBの価格上昇につながる可能性があります。

なお、BNBのステーキングの方法と、予想利回りは以下の通りです。

ステーキング方法利回りバリデーターの選択権
Binanceのステーキング機能6%無し
独自ウォレットでのステーキング14%有り

BINANCEのステーキング方法を知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

404 NOT FOUND | トークンナレッジ
NFT×仮想通貨×ブロックチェーンに浸るサイト

仮想通貨BNBの将来価格はいくら

仮想通貨BNB_将来性

画像引用:Wallet Investor

では、BNBの将来価格は、どうなるのでしょうか?

結論から言えば、BNBの将来価格は、今後も上昇すると予想されています。

ここでは、海外の仮想通貨の価格予想サイトのデータを3つまとめてみました。

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
WalletInvestor789.612ドル2449.810ドル
Digitalcoin599.68ドル1,042.23 ドル
TradingBeasts 320.457~ 471.260ドル

BNBの将来価格(1)WalletInvestor

仮想通貨BNB_将来価格

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
WalletInvestor789.612ドル2449.810ドル

Wallet InvestorでのBNBの将来価格は、上昇基調を示しています。

BNBに対するWallet Investorのコメントは、以下の通りです。

  • 1年以内に価格が789.612ドルにまで上昇する可能性がある
  • 1年で価格が+111.88%上昇する可能性がある
  • 5年後の2027年には価格が2449.810ドルまで上昇する可能性がある

総じて、価格が上昇する回答が多くなっています。

BNBの将来価格(2)Digitalcoin

仮想通貨BNB_将来価格

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
Digitalcoin599.68ドル1,042.23 ドル

DigitalcoinでのBNBの将来価格も、WalletInvestorと同様に、上昇基調を示しています。

2026年を除き、基本的に価格が上昇すると予測しており、7年後の2029年には、1,566.67ドルまで価格が上昇すると予測しています。

BNBの将来価格(3)TradingBeasts

仮想通貨BNB_将来価格

価格予想サイト2023年(1年後)2027年(5年後)
TradingBeasts320.457~ 471.260ドル

TradingBeastsでは、今年の年末にかけてBNBの価格に大きな変化はないと予想しています。

2022年12月には、価格が約320.457~ 471.260ドルになると試算しています。

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は?買い方や取扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高いです。仮想通貨ICPはWeb3.0銘柄として注目されています。本記事では、仮想通貨ICPP(インターネットコンピューター)の将来性や将来価格、取扱い取引所、買い方を解説します。仮想通貨ICPを買うするならBinance(バイナンス)がおススメです。

仮想通貨BNBが購入可能な取引所

BINANCE

仮想通貨BNBが購入可能な取引所は、以下の通りです。

  • BINANCE
  • Coinbase Pro
  • FTX
  • Bilaxy
  • Huobi Global

2022年1月時点で、BNBが購入可能な日本の取引所は、残念ながらありません。

そのため、日本国内からBNBを購入するなら、

  • 日本の取引所でBTCを購入する
  • 海外取引所にBTCを送金する
  • 海外取引所でBNB/BTCのペアでBNBを購入する

という手順を踏む必要があります。

仮想通貨BNBを買うならBINANCEがおススメ

海外の取引所で安くBNBを購入するなら、BINANCEがおススメです。

BINANCEをおススメする理由として、

  1. 日本の取引所では上場していない銘柄が買える
  2. ステーキングやDeFiマイニングなど資産形成サービスが豊富
  3. 日本の取引所に比べて、圧倒的に取引手数料が安い

があります。

日本国内からでもスマホかPCがあれば、誰でも口座開設が可能です。

BINANCEの登録はこちら

https://tokenknowledge.com/BNB-cryptocurrency-staking/

日本の取引所にBNBが上場する可能性はあるか

Coincheck(コインチェック)

日本の取引所にBNBが上場する可能性は、今のところ低いでしょう。

もし仮に日本の取引所に上場するなら、コインチェック(Coincheck)の可能性が高いです。

なぜなら、コインチェック(Coincheck)は日本の取引所の中で最多の17種類が上場しているからです。

他にも他の取引所が取り扱わないJASMYやADAを取り扱うBITPOINT(ビットポイント)や、グローバル展開中のHuobi(フォビ)グループが運営するHuobi Japanなどが、上場先として考えられます。

上場先特徴
コインチェック(Coincheck)国内最多の17種類の銘柄を取り扱うなど、他の取引所に比べ上場ペースが非常に速い。
BITPOINT(ビットポイント)JASMYやADA等、他の日本の取引所では上場してない銘柄を取り扱っている。
Huobi(フォビ) Japanグローバル展開のHuobiグループの日本法人であり、フォビトークンが購入可能。

現時点では、コインチェック(Coincheck)での上場が考えられます。

今後のBNBの上場を見越して、コインチェック(Coincheck)の口座を開設しておきましょう。

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨BNBの購入方法

仮想通貨BNB_将来性

仮想通貨のBNBを購入する手順は、以下の通りです。

日本の取引所では購入できないため、海外の取引所であるBINANCEで購入しましょう。

【仮想通貨BNBの購入方法】

  1. 日本の取引所でBTCを購入する
  2. BINANCEのウォレットにBTCを送金する
  3. 送金したBTCをUSDTを購入し、BNB/USDTを購入する

日本の取引所でBTCを購入する

BINANCEでBNBを購入するには、BTCが必要です。

なぜなら、BINANCEでは通貨ペアが、USDT/BNBとなっているからです。

この場合は、送金したBTCでUSDTを購入した後で、BNBを購入します。

そのため、日本の取引所でBTCを購入します。

おススメの取引所は、日本国内の取引所ランキングで1位のコインチェック(Coincheck)です。

Coincheckの登録はこちら

送金手数料が気になるならDMM Bitcoinがおススメ

DMM Bitcoin_評判

ちなみに、コインチェック(Coincheck)からBINANCEへBTCを送金する場合は、送金手数料として0.0005BTCがかかります。

2021年11月時点のレートですと、1BTC=約6,600,000円ですので、送金手数料は3,300円もかかります。

そのため、送金手数料が気になる方には、DMM Bitcoinがおススメです。

なぜなら、DMM Bitcoinは送金手数料が全て無料だからです。

送金手数料を安く抑えたい方は、DMM Bitcoinの利用をおススメします。

DMM Bitcoinの登録はこちら

BINANCEのウォレットにBTCを送金する

日本の取引所でBTCを購入したら、BINANCEの口座に送金します。

BTCを保有するウォレットの送金先に、BINANCEのBTCのウォレットアドレスを入力して、送金申請を行います。

送金申請を行うと、数十分ほどでBINANCEのウォレットに着金します。

その他BINANCEへの送金方法は、BINANCEの公式ブログをご覧ください。

送金したBTCでUSDTを購入し、BNBを購入する

BINANCEへの送金が完了したら、まずはBTCでUSDTを購入します。

その後、USDT/BNBの取引ペアでBNBを購入します。

販売所であるコインチェック(Coincheck)とは異なり、BINANCEは取引所です。

そのため、板取引によって取引が成立します。

板取引の場合は、市場で買いと売りがマッチする価格を確認し、価格を指定(指値)して、買い/売り注文を出します。

仮想通貨BNBのまとめ

最後に、本記事のポイントをおさらいします。

【本記事のポイント】

  • 大手取引所のBINANCEの拡大に伴い、期待値が非常に高い
  • Binace Smart Chain上でDeFiやNFT領域のプロジェクトが多数進行しており、価格上昇のイベントが多い
  • BINANCEやTrustWallet上で誰でもステーキングができる
  • BNBを買うなら、BINANCE(バイナンス)がおススメ

多数のDeFiやNFT関連プロジェクトが進行するなか、今後のアップデートによって、価格が上昇する可能性は高いといえるでしょう。

またBNBでステーキングをすることで、保有するBNBの数を増やすことも期待できるでしょう。

BNBを購入するなら、BINANCEの口座を開設しましょう。

BINANCEの登録はこちら

仮想通貨SANDの将来性は高い?The Sandboxの特徴やSANDの買い方を解説
仮想通貨SANDの将来性は高いです。仮想通貨SANDは、Coincheck(コインチェック)で購入可能です。仮想通貨SANDは、Softbankビジョンファンドから資金調達を下、NFTゲームのTheSandboxのネイティブトークンです。本記事では、仮想通貨SANDの将来性や、将来価格、買い方を解説します。
仮想通貨AVAX(アバランチ)の将来性は高い?買い方と購入できる取引所を解説
仮想通貨AVAX(アバランチ)は、大手監査法人のデロイトグループが採用するなど、非常に将来性が高いです。イーサリアムキラーとも呼ばれ、2021年だけで価格が40倍になりました。AVAXを購入するならbybitがおススメです。本記事ではAVAXの将来性、将来価格、購入可能な取扱い取引所、買い方を解説します。

 

タイトルとURLをコピーしました