仮想通貨AVAX(アバランチ)の将来性は高い?買い方と購入できる取引所を解説

仮想通貨AVAX(アバランチ/Avalanche)は、高速処理に優れたブロックチェーン「Avalanche(アバランチ)」のトークンです。

そのAVAX は、2021年8月から注目を集まるようになり、2021年だけで、1月から12までになんと価格は40倍にまで上昇しました。

2021年でも最も価格の急上昇を遂げた銘柄ですが、今注目されているDAOや、DeFi、NFTなどの注目領域の拡大に合わせ、更なる価格上昇が見込まれる銘柄でもあります。

では、先に本記事のポイントをまとめてしまいます。

【本記事のポイント】

  • AVAXは、イーサリアムキラーと呼ばれる、将来性が非常に高い
  • 230億円の資金調達や、大手監査法人のデロイトが採用するなど、価格上昇の要素が多い
  • AVAXを買うなら、bybit(バイビット)がおススメ

今回はAVAXについて知りたい方向けに、AVAXの特徴、将来性、さらにAVAXの購入方法を解説します。

ちなみに、AVAXを買うなら、bybit(バイビット)がおススメです。

bybitをおススメする理由として、

  1. 日本語に対応している
  2. 日本の取引所では上場していない銘柄が買える
  3. ステーキングやDeFiマイニングなど資産形成サービスが豊富
  4. エアドロップなどのキャンペーンが多い

があります。

bybitは下のボタンから登録可能ですので、まだ口座開設をしていない人は、AVAX購入のために、口座を開設しましょう!

bybitの登録はこちら

仮想通貨AVAX(アバランチ/Avalanche)とは

種別概要
発行上限枚数720,000,000枚
発行済み枚数395,382,071枚(2021年12月時点)
ブロックチェーンプロトコルAvalancheコンセンサスプロトコル
ブロックチェーンコンセンサスAvalancheコンセンサス

仮想通貨AVAX(アバランチ/Avalanche)は、高速処理に優れたブロックチェーンプラットフォーム「Avalanche」で発行されるトークンです。

Avalancheの運営は、Avalanche foudationが実施しています。

2021年12月時点でのAVAXの発行枚数は、720,000,000枚です。

AVAXの配布は、以下の方法で実施されます。

  • シード販売:2.5%
  • プライベートセール:3.5%
  • 公開販売:10%
  • 財団に割り当て:9.26%
  • コミュニティ基金:7%
  • テストネットインセンティブプログラム:0.27%
  • 戦略的パートナー向け:5%
  • エアドロップ:2.5%
  • ステーキング報酬:50%

一定量のAVAXを保有することで、AVAXのコミュニティに参加できるともに、一定量のAVAXが付与されるステーキングが、最も多くAVAXを配布する手段と設定されています。

仮想通貨AVAXの特徴

プライマリネットワーク

仮想通貨AVAXの特徴は、以下の4つです。

  • 「イーサリアムキラー」と呼ばれる処理速度の高さ
  • 3つのチェーンによる独自プロトコルの採用
  • DAOやDeFiプロジェクトとの相互連携
  • ステーキングが可能

ETHキラーと呼ばれる高い処理速度

AVAXの特徴は、なんといってもトランザクションの処理速度の速さです。

上の表を見れば、BTCやETH、AVAXの処理速度を比較してみると、AVAXの処理速度の速さが一目瞭然です。

BTCやETHは、1秒間で数件のトランザクションしか処理できませんが、AVAXはなんと1秒間で1,400件ものトランザクションを処理できます。

ブロックチェーン処理速度/秒
BTC7件
ETH14件
Polkadot1,500件
AVAX4,500件

AVAXは、DappsやDeFi、NFTの中心にあるETH(イーサリアム)のトランザクションの処理の遅さを解決するために開発されました。

現在、DAOやDeFi、NFTの高まりによってETHでのトランザクション数が激増しており、処理が遅延しています。また、処理遅延によってGAS(ガス)代の価格高騰が問題となっています。

それらを解決するために、高い処理速度を持つブロックチェーンの必要性を背景に、Avalancheブロックチェーンが開発されることとなりました。

そのため、AVAXは「ETH(イーサリアム)キラー」とも呼ばれています。

3つのチェーンによる独自プロトコルの採用

Primary network

AVAXは、3つのチェーンからなる独自のプロトコルを採用しています。

3つのチェーンは、それぞれ以下の役割を担っています。

  • Xチェーン:AVAXトークンおよびその他のアセットを作成および交換するために使用
  • Cチェーン:スマートコントラクトと分散型アプリケーションをホスト
  • Pチェーン:ネットワークバリデーターを調整し、アクティブなサブネットを追跡し、新しいサブネットの作成を可能

3つのブロックチェーンはすべて、プライマリネットワークによって検証および保護されています。

これらの3つのチェーンによるコンピューティングタスクの分割により、ブロックチェーンによる分散化を損なうことなく、より高いトランザクションの処理が可能となっています。

DAOやDeFiプロジェクトとの相互連携

仮想通貨AVAX_将来性

Avalancheブロックチェーンは、以下のDAO(分散型自律組織)やDeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)のプロジェクトと連携しています。

有名どころだと、DEXのSuichiSwapや、レンディングサービスのBENQIとも連携しています(以下、抜粋)。

ジャンル連携サービス
DEX(分散型取引所)
  • Trader Joe
  • Pangolin
  • ParaSwap
  • SuichiSwap
イールドオプティマイザー
  • yieldyak
  • Snowball
  • Yield
ポートフォリオ管理
  • Markr
  • DeBank
  • Board
レンディングサービス
  • Nexo
  • BENQI
  • Aave
  • Curve
NFTサービス
  • Topps NFTs
  • Curate
  • Flashback
  • NFT Stars
  • Niftyx Protocol
  • Polyient Games
  • The Club Deportivo Guadalajara (“Chivas”)
  • Unifty.io

このように知名度が高いプロジェクトとの連携強化や新規提携も今後見込まれています。

ステーキングが可能

AVAX_ステーキング

仮想通貨AVAXは、ステーキングが可能です。

ステーキングとは、一定数のAVAXを保有することで、AVAXのコミュニティ運営に参加できるとともに、保有量に応じて定期的にAVAXが付与されます。

AVAXの50%がこのステーキングによって配布されることとなっています。

AVAXのステーキングに参加するには、2つの方法があり、それぞれ保有量が異なります。

  • バリデーター:2,000AVAX~
  • 委任者:25AVAX~

それぞれ最低保有期間が2週間~1年間と定めれています。

おススメの仮想通貨ステーキング13銘柄!利率と仕組みも解説
仮想通貨ステーキングでおススメの銘柄は、ETH、AVAX、Polygon(MATIC)、DOT、XTZ、ADA(cardano)、BNB、Cosmos(ATOM)、Solana、Terra、CAKE、SUSHIの13銘柄です。本記事ではおススメの仮想通貨のステーキング銘柄と、ステーキングの仕組み、ステーキングの利率をご紹介します。

仮想通貨AVAXの価格上昇の理由

仮想通貨AVAX_チャート

画像出典:coinmarketcap

新規上場したAVAXは、これまでに価格が何度か急上昇しています。

その急上昇要因は、主に以下の3つです。

  1. Avalanche Rushの発表
  2. 250億円の資金調達を発表
  3. デロイトによる導入発表

Avalanche Rushの発表

Avalanche Rush

Avalanche Rushとは、DeFi経由で通貨を預けて流動性を提供することで利息がもらえる、いわゆるステーキングの1つです。

つまり、AVAXを預けておくだけでAVAXが付与されます。

Avalanche Rushの発表は、かなりの好材料であるため、AVAXの価格が急上昇しました。

250億円の資金調達を発表

2021年9月には、AVAXを運営するAvalanche Foundationが、約230億円の資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達には、PolychainやThree Arrows Capital、R/Crypto Fund、 Dragonfly、CMS Holdings、Collab+Currency、Lvna Capital、さらに複数のエンジェル投資家が参加しました。

この資金調達の発表を受けて、AVAXの価格は、50ドルから70ドルと、20ドル(約2,000円)ほど価格が上昇しました。

デロイトによる導入発表

2021年11月には、大手監査法人デロイトグループが、州および地方政府が災害時の資金支援の適格性を簡単に実証できるようにする新しいプラットフォーム開発に、Avalancheのブロックチェーンを利用することを発表しました。

プラットフォームの名前は「CloseAs You Go™(CAYG)」となっており、災害発生時に州および地方政府の職員が、連邦緊急事態管理庁への災害補償申請をシンプルかつ迅速にさせることを実現することを目指しているようです。

CAYGは、Avalancheブロックチェーンを利用したクラウドベースのプラットフォームであり、不正、浪費、乱用のリスクを最小限に抑えながら、適切な権限者による承認と、分散型による高い透明性、低コストを実現しました。

世界的に知名度が高いデロイトグループがAvalancheを採用することが発表されると、AVAXの価格は、90ドルから110ドルと、20ドル(約2,000円)ほど価格が上昇しました。

仮想通貨SANDの将来性は高い?買い方と購入可能な取引所を解説!
仮想通貨SANDの将来性は高いです。仮想通貨SANDの運営会社がSoftbank系の投資会社から資金調達をしています。本記事では、仮想通貨SANDの将来性や将来価格、取扱い取引所、買い方を解説します。仮想通貨SANDを買うするならbybitがおススメです。

仮想通貨AVAXの将来性は高い

結論から言えば、仮想通貨AVAXの将来性は非常に高いといえます。

その理由は主に、以下の2つです。

  1. 「イーサリアムキラー」への期待の高まり
  2. DAOやDeFiプロジェクトとの新規連携

「イーサリアムキラー」への期待の高まり

イーサリアム_NFT関連銘柄

特徴でも説明したように、AVAXはETH(イーサリアム)の処理の遅延問題を解決することを期待され、その処理速度の高さから「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

一方、現在注目領域であるDAOや、DeFi、NFTはほとんどがETHブロックチェーン上で構築されているため、ETHの処理速度問題はより深刻化する可能性があります。

この場合、今後はETH上ではなくAvalancheを利用する企業や団体が増える可能性があり、その結果AVAXの価格上昇につながるシナリオが想定されます。

そのため、DAOや、DeFi、NFTなどの領域が今後も注目されることが、AVAXの価格上昇の要因の一つとなるでしょう。

DAOやDeFiプロジェクトとの新規連携

Avalancheブロックチェーンは、DAOやDeFiなど、様々なプロジェクトとの連携を進めています。

その中でも、SushiSwapなどの知名度が高いサービスとの相互連携は、AVAXの価格上昇の好材料として認識されています。

現在は、上記のようにLedger、FRONTIER、DCENTとの連携を進めています。

これらが完了すると、Avalancheエコシステムの拡大との好印象を与えるため、AVAXの価格が上昇することが期待されます。

仮想通貨AVAX_チャート

ちなみに、2021年12月31位日時点のAVAXの価格は、105.06USDT(約10,506円)です。

デロイトグループによるAvalancheブロックチェーンの採用が発表された2021年11月には、最高値の1AVAX=134.22USDT(約13,422円)を更新しました。

その後、BTCなどの主要通貨が下落したのと同時に、12月上旬は80USDTまで下落しますが、年末にはまた120USDTまで持ち直しました。

仮想通貨AVAXの将来価格はいくら

仮想通貨AVAX_将来価格

画像引用:Wallet Investor

では、AVAXの将来価格は、どうなるのでしょうか?

結論から言えば、AVAXの将来価格は、今後も上昇すると予想されています。

ここでは、海外の仮想通貨の価格予想サイトのデータを3つまとめてみました。

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
WalletInvestor271.454ドル893.107ドル
Digitalcoin161.35ドル276.72ドル
TradingBeasts101.355~149.052ドル

AVAXの将来価格(1)WalletInvestor

SAND_将来価格

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
WalletInvestor271.454ドル893.107ドル

Wallet InvestorでのAVAXの将来価格は、上昇基調を示しています。

AVAXに対するコメントでも「AVAXとその潜在的な市場環境は、過去12か月間(存在する場合)強気のサイクルにあります(訳)」と記載しており、2021年12月時点で強気トレンドにあるとされています。

AVAXの将来価格(2)Digitalcoin

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
Digitalcoin161.35ドル276.72ドル

DigitalcoinでのAVAXの将来価格も、WalletInvestorと同様に、上昇基調を示しています。

1年後の2022年には、1AVAX= 161.35ドルと、2021年時点の価格の1.5倍近くまで上昇すると予測しています。

AVAXの将来価格(3)TradingBeasts

仮想通貨AVAX_将来価格

価格予想サイト2022年(1年後)2026年(5年後)
TradingBeasts101.355~149.052ドル

TradingBeastsでは、直近は価格の大幅上昇はないとしています。

一方、価格が徐々に上昇トレンドとなり、2022年9月付近より上昇率がプラスに転じると予測しています。

執筆時点の2021年12月から1年後の2022年12月には、価格が約+11%になると試算しています。

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)とは?仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説!
仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高く、価格も上昇すると期待されています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)を購入するならbybitがおススメです。

仮想通貨AVAXを購入するならbybit

bybit

仮想通貨AVAXが購入可能な取引所は、以下の通りです。

  • BINANCE
  • Mandala Exchange
  • OKEx
  • CoinTiger
  • HuobiGlobal
  • bybit

2021年11月時点で、AVAXが上場した日本の取引所はありません。

そのため、AVAXを買うには海外の取引所の口座開設が必要です。

仮想通貨AVAXを買うならbybitがおススメ

AVAXを実際に購入するなら、bybitがおススメです。

bybitをおススメする理由として、

  1. 日本語に対応している
  2. 日本の取引所では上場していない銘柄が買える
  3. ステーキングやDeFiマイニングなど資産形成サービスが豊富
  4. エアドロップなどのキャンペーンが多い

があります。

日本国内からでもスマホかPCがあれば、誰でも口座開設が可能です。

bybitの登録はこちら

仮想通貨AVAXに投資してみた

仮想通貨AVAX_投資

2021年11月に、bybitでAVAXを購入してみました。

購入時レートと、現時点での評価は以下の通りです。

保有数3.93705900
購入時レートでの換算約50,000円
保有時点でのレート(2021年12月31日)での換算約47,000円

執筆時点では含み損が約3,000円ほどあります。

12月上旬の仮想通貨市場全体の価格が上昇した際は、含み益が10,000円を超えることもありました。

AVAXに関しては、今後も価格上昇が期待できるため、このままホールドする予定です。

日本の取引所にAVAXが上場する可能性はあるか

Coincheck(コインチェック)

日本の取引所にAVAXが上場する可能性は、今のところ低いでしょう。

もし仮に日本の取引所に上場するなら、コインチェック(Coincheck)の可能性が高いです。

なぜなら、コインチェック(Coincheck)は日本の取引所の中で最多の17種類が上場しているからです。

他にも他の取引所が取り扱わないJASMYやADAを取り扱うBITPOINT(ビットポイント)や、グローバル展開中のHuobi(フォビ)グループが運営するHuobi Japanなどが、上場先として考えられます。

上場先特徴
コインチェック(Coincheck)国内最多の17種類の銘柄を取り扱うなど、他の取引所に比べ上場ペースが非常に速い。
BITPOINT(ビットポイント)JASMYやADA等、他の日本の取引所では上場してない銘柄を取り扱っている。
Huobi(フォビ) Japanグローバル展開のHuobiグループの日本法人であり、フォビトークンが購入可能。

現時点では、コインチェック(Coincheck)での上場が考えられます。

今後のAVAXの上場を見越して、コインチェック(Coincheck)の口座を開設しておきましょう。

Coincheckの登録はこちら

仮想通貨AVAXの購入方法

bybit

仮想通貨のAVAXを購入する手順は、以下の通りです。

日本の取引所では購入できないため、海外の取引所であるbybitで購入しましょう。

【仮想通貨AVAXの購入方法】

  1. 日本の取引所でBTCを購入する
  2. bybitのウォレットにBTCを送金する
  3. 送金したBTCでAVAXを購入する

日本の取引所でBTCを購入する

Coincheck(コインチェック)

bybitでAVAXを購入するには、BTCが必要です。

なぜなら、bybitでは通貨ペアがAVAX/BTCとなっているからです。

そのため、日本の取引所でBTCを購入します。

おススメの取引所は、日本国内の取引所ランキングで1位のコインチェック(Coincheck)です。

Coincheckの登録はこちら

送金手数料が気になるならDMM Bitcoinがおススメ

DMM Bitcoin

ちなみに、コインチェック(Coincheck)からbybitへBTCを送金する場合は、送金手数料として0.0005BTCがかかります。

2021年11月時点のレートですと、1BTC=約6,600,000円ですので、送金手数料は3,300円もかかります。

そのため、送金手数料が気になる方には、DMM Bitcoinがおススメです。

なぜなら、DMM Bitcoinは送金手数料が全て無料だからです。

送金手数料を安く抑えたい方は、DMM Bitcoinの利用をおススメします。

DMM Bitcoinの登録はこちら

bybitのウォレットにBTCを送金する

1-3-EN.png

日本の取引所でBTCを購入したら、bybitの口座に送金します。

BTCを保有するウォレットの送金先に、bybitのBTCのウォレットアドレスを入力して、送金申請を行います。

送金申請を行うと、数十分ほどでbybitのウォレットに着金します。

その他bybitへの送金方法は、bybitの公式ブログをご覧ください。

bybitの登録はこちら

送金したBTCでAVAXを購入する

bybitへの送金が完了したら、BTCの取引ペアでAVAXを購入します。

販売所であるコインチェック(Coincheck)とは異なり、bybitは取引所です。

そのため、板取引によって取引が成立します。

板取引の場合は、市場で買いと売りがマッチする価格を確認し、価格を指定(指値)して、買い/売り注文を出します。

仮想通貨AVAXのまとめ

最後に、本記事のポイントをおさらいします。

【本記事のポイント】

  • AVAXは、イーサリアムキラーと呼ばれる、将来性が非常に高い銘柄
  • 230億円の資金調達や、大手監査法人のデロイトが採用するなど、価格上昇の要素が多い
  • AVAXを買うなら、bybit(バイビット)がおススメ

イーサリアムキラーと呼ばれるAVAXは、今後もエコシステムが拡大する可能性が高いです。

特にDAOやDeFiにも対応しているため、これらの要素が注目されるほど、AVAXの価格が上昇する可能性は高いです。

AVAXを購入するなら、bybitの口座を開設しましょう。

bybitの登録はこちら

仮想通貨Polygon/MATIC(ポリゴン)の将来性は?買い方と購入できる取引所を解説
仮想通貨Polygon/MATICの将来性は非常に高いです。仮想通貨PolygonはETHのセカンドレイヤーチェーンであり、dAppsやNFTによるETHの拡大や複数のアップデート予定によって、今後も価格が上昇する可能性が高いです。本記事では仮想通貨Polygonの将来性と将来価格、買い方と取扱取引所をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました