2021-05

NFTを販売する

BINANCE(バイナンス)のNFTマーケット、BINANCE NFTとは?6月から稼働開始予定

中国の大手仮想通貨取引所のBINANCE(以下、バイナンス)は、2021年6月にNFTマーケットプレイスである「BINANCE NFT」をリリースすることを発表しました。BINANCE NFTのメリットは、①大手仮想通貨取引所BINANCEによる集客力②「Premium Event」という著名クリエイター専用マーケット③1~10%という販売手数料の低さです。
NFTを販売する

書道家武田双雲氏が「Crypto早雲」で初のNFT販売、購入方法とオークション期間は?

日本の書道家として有名な武田早雲氏が、自身初のNFTを販売することが発表されました。最先端デジタル技術と、武田氏とのコラボレーションで、「書」の表現・可能性を既成概念にとらわれずに切り開いていく試みである「Crypto早雲」プロジェクトの第1弾として、世界に1つしかない武田氏の作品を2種類、NFT化し、大手NFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売するようです。
NFTを販売する

シンワワイズがNFT事業に参入、シンワアートNFTの特徴と仕組みとは

「Shinwa Wise Holdingsグループで販売するアート作品をNFT(代替不可能トークン)化する」ことをキーフレーズに、30年近くアート作品の取引事業を運営してきたシンワワイズが、NFTアート市場に参入することとなりました。今回はNFT市場への参入を発表したシンワワイズの参入背景と、シンワワイズのNFTアートサービスの仕組みについて、現時点で公表されている情報をまとめてみました。
NFTを販売する

NEMグループがNFT市場に参入、新ブロックチェーン「Symbol」でサッカー関連のNFTを発行

仮想通貨NEM(ネム)の運営母体であるNEMグループが、NFT市場への参入を発表しました。NEMのNFTには、新ブロックチェーン「Symbol」が採用され、欧州の有名サッカー選手のデジタルコレクションがNFTとして発行されます。本記事ではNEM(ネム)グループのNFT市場参入と、Symbolについて解説します。
NFTを販売する

Link-UがNFT本格参入、NFTサービス「HashPalette」を運営するHashpaletteと連携

2021年5月18日に、サーバープラットフォーム事業を手掛ける株式会社Link-Uは、出資先である株式会社Hashpaletteと連携し、NFT事業に本格的に参入することを発表しました。
仮想通貨に投資する

BINANCE(バイナンス)でおススメのNFT銘柄はどれ?NFT銘柄4選をご紹介!

BINANCEでおススメのNFT関連銘柄は、以下の4つの仮想通貨です。 ・ETH(イーサリアム/ETH) ・Binance Coin(バイナンスコイン/BNB) ・Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ) ・Chiliz(チリーズ/CHZ)
NFTを販売する

NFTとは?NFTの特徴から市場規模、マーケットプレイス、NFT関連の仮想通貨まで一挙解説!

NFTの正式名称は、非代替性(Non-Fungible Token)トークンです。NFTの特徴は、非代替性、誰でも作成可能、販売・取引可能の3点です。NFTの市場規模は330億円で、年35%ずつ成長しています。本記事では、NFTの特徴と市場規模、NFTで注目すべき関連銘柄などを解説していきます。
DeFiで増やす

bitFlyerが仮想通貨Braveのウォレット機能の提供を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、Braveブラウザと連消した、ウォレット機能の提供を開始しました。これにより、Braveの利用で得られる仮想通貨「BAT」を受け取ることが可能となります。本記事では、Braveの特徴とBraveとbitFlyerアカウントの連携方法を解説しています。
仮想通貨に投資する

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)とは?仕組みや将来性、取り扱い取引所を解説!

仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)の将来性は高く、価格も上昇すると期待されています。仮想通貨ICP(インターネットコンピューター)を購入するならbybitがおススメです。
NFTを販売する

【最新】NFTアートの落札ランキング、最高額は驚愕の75億円

2021年5月現在、NFTアートの最高落札額は75億円となっています。落札されたNFTアートは、作者が世界初のNFTアートと主張しており、その注目度から落札価格が急上昇しました。落札者は世界最大のNFTファンドである「Metapurse」の創設者のVignesh Sundaresan氏です。
仮想通貨に投資する

DOGEコインが40%下落、イーロンマスク氏の博打発言が原因か

DOGE(ドージ)コインが40%下落したのは、マスク氏がDOGEコインを「博打だ」を発言したのが要因とされています。日本時間5月9日(日)に米番組に出演したイーロンマスク氏は、DOGEコインを博打と呼び、一時DOGEコインの価格が40%下落しました。本記事では、イーロンマスク氏とDOGEコインの関係とDOGEコイン急落の要因について解説しています。
NFTを販売する

OpenSeaのNFT出品方法を解説!GAS(ガス)代や手数料、売れるNFTは?

OpenSeaでのNFTの出品方法を解説します。OpenSeaでの出品には、仮想通貨取引所の口座、GAS(ガス)代分のETH、MetaMaskが必要です。OpenSeaの手数料は2.5%です。OpenSeaの登録方法と売れるものも解説します。
仮想通貨に投資する

CHZ(チリーズ)はなぜ高騰してるのか?取り扱い取引所と今後の展望は?

暗号通貨CHZ(チリーズ)が高騰した理由は、①3つの暗号資産取引所に参入、②米市場の参入に向けた5,000万ドルの投資を発表、③直近の暗号通貨市場の過熱だと考えられます。CHZ(チリーズ)は、海外の大手スポーツクラブやエンターテインメント団体に対し、ファンコミュニティの運営を実施するプラットフォーム上で使用される暗号通貨(トークン)です。
仮想通貨に投資する

おススメの暗号通貨のNFT銘柄はどれ?注目すべきNFTの関連銘柄を紹介

暗号通貨の中で、NFT関連銘柄としておススメなのは、ETH(イーサリアム/ETH)、Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)、Rarible(ラリブル/RARI)、Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)、Chiliz(チリーズ/CHZ)です。NFTマーケットプレイスで利用されている暗号通貨が、NFT関連銘柄の暗号通貨としておススメです。
NFTを販売する

海外でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

海外のNFTマーケットプレイスとして、OpenSea、Rarible、SuperRare、Foundation、Crypto.com NFT Platform、NFT SHOWROOM、KnownOrigin、Enjin Marketplace、TreasureLandが挙げられます。本記事では、海外のNFTマーケットプレイスをご紹介しています。
NFTを販売する

日本でおススメのNFT取引所はどこ?NFTマーケットプレイスを比較!

日本でおススメのNFTの取引所・マーケットプレイスは、「Coincheck NFT」と「miime(ミーム)」です。日本にあるNFT取引所・マーケットプレイスは、CoinCheck NFT、nanakusa、miime、TOKENLINK、NFTstudio、DeGachaです。
NFTを販売する

NFTの購入方法は?NFTの購入手順やNFTマーケットプレイスを紹介

NFTを購入には、NFTマーケットプレイスのアカウントと購入に使う暗号通貨、さらにMetaMaskといった暗号通貨のウォレットが必要です。本記事では、NFTの購入方法を解説していきます。日本国内でNFT購入におススメの取引所は、CoinCheck NFTやnanakusaです。
仮想通貨に投資する

NFTの関連銘柄はどれ?NFTで注目されるおススメの日本株を紹介

NFTの関連銘柄で注目すべきは、メディアドゥ、メルカリ、マネックスグループ、GMOインターネット、シンワワイズ、gumi、Link-U、スクエニHD、セレス、フーバーブレイン、マイネット、Gamewithです。本記事では、NFTの関連銘柄で注目すべき日本株をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました